猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハリー・ポッターと謎のプリンス(IMAX3D版・字幕)【愛と笑い 暗い時代に 希望灯す】

tag ファンタジー 青春 ミステリ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE
2008年・イギリス=アメリカ
J.K.ローリング原作のハリー・ポッターシリーズ第6弾。公開5日で世界興収2億ドル!

 はい!109川崎まで3Dを観に行ったよ!2,200円!でもねでもね、3D映像は最初の12分オンリー。でもって、どうやらレンズの2つ付いたIMAX3D専用カメラで撮影されたものではない様子。2D映像をIMAXの3Dコンバータで変換したもの、みたいよ。ジェームズ・キャメロンもこの技術を使って『タイタニック』全編3Dにしたい!って言ってましたね。
参考⇒IMAX 3D-30カメラ(画像)(gizmodo.comより)
参考⇒IMAX社長が語る「IMAXデジタルシアター」の魅力(マイコミジャーナルより)

 ちなみにIMAXデジタル映写機は2台を同時稼働するのがデフォルト。2Dのときは大画面に解像度の高い映像を映写するため。3Dのときは右目用映像と左目用映像をそれぞれスクリーンに映写し、明るい立体感を実現するため。他の3Dシステム(ドルビーなど)では、1台の映写機で右目用コマと左目用コマを交互にバンバン映写していくもの。

 映画自体は、原作からかなり枝葉を切り落としてシンプルにした感じ。だからお気に入りのシーンがなかったりもするんだけど、まあ2時間半によく収めました!と言いたい。ヴォルデモートの過去、校長先生の戦い、スネイプ先生の行動あたりがキモで、暗くて怖くてユーモアもあって面白かったよ。

 それじゃ、今回のエントリはまずIMAX3Dについて、次にハリー・ポッターの映画感想って感じで進みます。長くなるお。

ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版(2枚組) [DVD]ハリー・ポッターと謎のプリンス[DVD]
特別版(2枚組)
ダニエル・ラドクリフ
エマ・ワトソン

IMAXデジタル3D体験記



imax3d1 今回の座席はエグ・シートのすぐ前で中央ブロックのI列22番でした。良い席とれたのはネット予約のお陰様。

 ネット予約したときの発券機が5台ある。発券に並ぶこともあるので早めに到着したい。右の赤いテープは発券機に並ぶ人が列を作るためのもの。

imax3d2 スクリーン入口で青い服のスタッフがメガネを配ってくれる。このメガネをもらうのに行列ができていた。

imaxglass IMAX3Dメガネ(偏光メガネ)をかけたところ。でかい。子供用もあるのだそうですよ。子供用は柄の部分が黄色い。

imax3d3 入口に注意書きが。クリックすると読めるぐらいに大きくなります。

 冒頭に約12分の3D映像。「メガネをおかけください」の文字が出たらかけてね。この赤いマークが出たら外してね。上映が終わったら入口のスタッフに返してね。といったことが書かれています。

 最初のデモ・トレイラーやWBのロゴが浮かびあがって客席にぐーんと近づいてくる感じは凄い!おお!となった。けど、近づきすぎて目が寄り目状態というのか、焦点が合わなくなって気持ち悪い。あんまり迫って来すぎないほうが良いなぁと思った。もそっと手前で止まれや。こっち来んな。

 本編が始まると、ハリーや校長先生が手前に浮かびあがって、背景には奥行きが感じられる。まさに目の前いっぱいに映画の世界が広がった。首の角度変えてみてもしっかりした立体感。大きな偏光メガネのお陰か、凄まじい映像の明るさのせいか、映像以外のものが目に入らなくなる。

 字幕も3D仕様だと聞いていたので、どんなだろう?と思ってたんですよ。したら、字幕が少し手前に浮かびあがってた。人物より少しだけ手前。確かに字幕だけ2Dだと目が疲れるんですよね。従来よりも見やすくはなった。でもやっぱり3Dなら吹替のほうが良い。字幕を目で追う作業は、3D映像を楽しむには障害でしかないと思ったですよ。

 始めから約12分、ハリーと校長先生がスラグホーン訪問を終えるまでの場面が3Dでした。校長の姿現しの魔法でハリーがロンの家に着くとこからは通常に戻りました。黒い煙がロンドンを駆け抜けるシーンは迫力あったし、スラグホーンの部屋が修復されるシーンもカッコイイ。けれど、私が期待していたのはクイディッチやホグワーツ特急の3D映像。なんだか今回のようなドラマシーンの3Dって、あんまり面白味がないように思うわぁ。

 基本料金1800円+IMAX環境200円+12分間の3D体験200円。うーん、基本料金が高いよね、やっぱ。基本料金が1300円なら納得できる。つまり1700円で観れたら良かったのに。日本の映画料金は元々高いから、付加価値分の料金には納得できるけど、合計するとえらい高額になるのよね。通常料金を1300円に下げ、IMAXは+200円で1500円、IMAX3Dは更に+200円で1700円。そんな世の中になったら良いなぁ。

どんな映画?
 原作ファンなので、あまり多くを期待せずにどんな映像になるのかって部分が楽しみなんです、私は。未読の人にとってはストーリーも重要ですけど、私はもう最後まで知ってるわけで。原作未読で、シリーズの映画をあんまり観てない人にとってはきっとツマンナイと思う。前作までは単体で観ても面白かったと思うんだけどね。最終章への布石と、ダークロードの成り立ちを整理する意味の今作は、ちょっと地味かもな。

 原作では校長と魔法省との確執とか、(冒頭の橋のシーンで触れられてはいるけど)人間界に及ぶ危機とか、ウィーズリー家の長男ビルとフランス魔女フルール(フラ―)の婚約の件(好きなエピソード!)とか、最後にホグワーツでの全面戦争とかいろいろあるんだけどね。バッサリカットされてます。そんなに盛り込めないよね。映画はこれで良いけど、原作もぜひ読んで欲しいところ。暗い世界の中で、笑いと愛が希望になる雰囲気がもっと伝わってくるはずです。

 それにしても、今までもビルって出てないよね?ハンサムなビジュアル系魔法使い、次回作で出るのだろうか?今回の映画は魔法省が全然出てこなかったり、プリンスがらみの件がいまいち前面に出てなかったり、というのが残念なとこかなぁ。あと原作ラストのジニーとハリーの会話なんかも良かったのになぁ。ハリーの決意とジニーの受容が切なくてさぁ。映画ではそこらへんが軽くなってしまった感。あと葬式シーンを映像で観たかった!今や自分の頭の中にだけ映像がある。

 原題にあるハーフ・ブラッド・プリンス。これはあの古い薬学テキストの元の持ち主がそう名乗ってるわけですが。映画で説明されなかったけど、プリンスはその人の母方の苗字なんですよ。プリンス家は魔法使い家族。で、この人の父親はマグル出身で、普段は父方の姓を名乗ってるわけ。でも嫌なんでしょうねマグル。魔法使いの血筋であるプリンスと名乗りたいから、自分の世界だけでそう名乗っているわけだ。

 それにしてもルナちゃん最高!可愛いなあ。ルナのパパ、ラヴグッドさんが全然出てこないけども次回作には出るはず。あとネヴィル君は今回影が薄かったね。クイディッチの応援シーンでちらっと写ったり、ボーイをやらされてたり。次回作では活躍するはず!楽しみです。

 そして机に残ったレモンドロップスと飲みさしの紅茶が非常に哀しく素晴らしい演出でした。次回作は最終章ですが2分割。パート1が2010年、パート2が2011年公開予定。いよいよ終わるなぁ!
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 ハーマイオニー役のエマ・ワトソンちゃんは素晴らしい!乙女心を丁寧に表現していて、倒れたロンの側で看病するシーンの最後の照れ笑いがね、本当にね、ぐっときたわ。アメリカの大学に進学決定しましたが、シリーズが終わっても女優をやめないで欲しいですな。

 ベラトリクス役のヘレナ・ボナム=カーターはすごい存在感。邪悪だし。ダーク・ファンタジーがこれほど似合う女優さんていないんじゃないかね。映画をピリっと締めてくれる、なくてはならない存在だと思った。

 ジニーはなんか地味だよね。私の中でのジニーのイメージはくるくる巻き毛で赤毛で小悪魔のような、目立つタイプの子なんだけど。ボニー・ライトちゃん、全然違うんだもん。整ってるけどさ。

 ラベンダーは良かったね。鬱陶しいキャラ、女らしく愛らしい顔立ち、ピッタリ!笑いました。可愛かった。ジェシー・ケイヴちゃん、今後も出てほしいですね。

 11歳のトム・リドルを演じるのはヒーロー・ファインズ・ティフィン君。シリーズでヴォルデモートを演じるレイフ・ファインズの実の甥っ子。顔立ちの綺麗さとか、冷めた感じの演技とか凄いなおい!出番は少ないけど、印象的でした。

関連作品のようなもの
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)原作は長いよ。私は邦訳版を読んだことないです。
ハリー・ポッターと謎のプリンス シリーズ第六巻 上下巻2冊セット
J. K. ローリング
Harry Potter and the Half-Blood Prince原書で読むのオススメ!英文は平易だし、話し言葉が盛り沢山。
Harry Potter and the Half-Blood Prince
J.K. Rowling
Harry Putter And The Chamber Of CheesecakesHarry Putter And The Chamber Of Cheesecakes
Timothy O'Donnell

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ロッカリア | URL | 2009年08月05日(Wed)00:11 [EDIT]

原作を全く読んでいないロッカリアです。
最初の12分だけで¥2200も取るなんてボッタクリ・バーみたいな…。
それにしてもIMAXのメガネでか過ぎですね。そこまで大きくする必要があるんでしょうか。これを2時間半も掛けるとなると、かなりキツイかもしれませんね。
この映画、当初はかなり魔法ごっこ的なお遊びもあって楽しかったんですが、最近作は魔法も命がけ。
もう少し違う振り方も出来たんじゃないんでしょうか。
このシリーズを見ると、いつもホウキにまたがって飛行するシーンが気になります。オマタが痛そうで…。

>ロッカリアさま。

P | URL | 2009年08月05日(Wed)19:58 [EDIT]

シリーズが終わる2011年に原作を読んだら良いですよ!もしくは終わった分だけ読むとか。
元々原作がどんどん暗くなるお話ですから、映画もそうなるのは致し方ないでしょうね。私はダークなとこが好きなので、映画の方もやっとキタぞー!って感じですw

12分ぽっちりかー残念だなーと思いましたよ。それでも目の前に広がる映像にはやっぱり感動。もっとスペクタクルなシーンなら良かったんだけど・・・。ロッカリアさんと同じ日に観たので、1200円余計に払ったことに!それだけの価値があるかっていうと、それはない。

メガネが大きいのは、視界の全てをカバーするためです。付け心地は悪くないですよ。2時間付けていても大丈夫と思う。っていうか、12分が終わってすっかり用済みになったメガネが邪魔でした。右足のももにかけておきました。

>ホウキにまたがって飛行するシーン
自転車と同じじゃないかなぁ~?男じゃないからワカンナイや。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリーポッターシリーズは全部観ています。(^^)v 本は一足早く読み終わりました。 でも間が空いちゃうので忘れちゃうんです。(爆) 新鮮な気持ちで観られるのはいいんですけどね。 DVDで鑑賞。 イギリスでは不可解な事故や事件が起きていた。 ヴォルデモートの力と...

映画、言いたい放題! 2010年03月13日(Sat) 20:00

ハリーポッターと謎のプリンス(感想130作目)

ハリーボッターと謎のプリンスは劇場で早い段階で鑑賞して 結論は各自の内面を重視でバトル少なく完結への序章だ 内容はヴォルデモートが魔法&モグル界を支配してる中で ダンブルドア校長の命令でハリーがホラスを探る展開だ 今策はハリー&ロン&ハーマイオニ...

別館ヒガシ日記 2009年09月10日(Thu) 14:48

☆「ハリー・ポッターと謎のプリンス」メモ

前作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」からもう2年が経つのですね.初期の頃ほど“ハリー・ポッター”シリーズに魅力を感じていないものの,何となく観続けているシリーズです.

気ままに映画メモ 2009年08月24日(Mon) 00:12

『ハリーポッターと謎のプリンス』 このダークな展開が、死の秘宝への期待を膨らませる

『ハリーポッターと謎のプリンス』 ハリーポッターシリーズの6作目。 ずっと観てる人もいれば、途中で観なくなっちゃった人も… でも、みんなで楽しめる作品です。 (C) 2009 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter...

ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー 2009年08月11日(Tue) 21:49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。