猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダイアリー・オブ・ザ・デッド 【問われるは メディアの欺瞞と リテラシー】

tag ホラー パニック スプラッター 青春 ゾンビ

『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』 Diary of the Dead
2007年・アメリカ
元祖ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ・サバイバル・ホラー。

ゾンビ増強計画ヽ(´ー`)ノ

 全編、手持ちのビデオカメラで撮影された今流行のP.O.V!『REC/レック』では臨場感を煽るために使われ、確かにものすごい驚き怖い映像になっていた。『クローバーフィールド/HAKAISHA』では臨場感とわけのわからなさの演出のためと、テープの下に残った平和な映像とのリンクなんて小憎い見せ方までして巧かったっすね。

じゃあこの映画はどうかというと、カメラを通して観ることで撮影者と鑑賞者が剥離した傍観者になることや、虚報を流すメディアに対向するため真実を残す意志の表明、そして観る側のリテラシーを問題にするのに効果的に使われている。
ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]ダイアリー・オブ・ザ・デッド [DVD]
ミシェル・モーガン
ジョシュ・クローズ

コトノハ


"Are we worth saving? You tell me."
(私達には救われる価値があるの?教えて。)

 このyouは観客に向けられている。映画を観ているあなたが決めて、と。ぶっちゃけ、映画の最後の台詞なんだけど、最後まで観る側のリテラシーを問うてくる。

 人間の救いがたい愚かさ・醜さをまざまざと見せつける映像は、死者よりも生者の怖さを引き立てる。死者は本能で行動し生者を喰らう。生者はただ楽しむために死者を殺す。人間に価値があるのか?勿論ひとつひとつの命には等しく価値がある。でも人類が特別高等で価値があるなんて、私には思えない。

どんな映画?
 『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』と同様にある夏の夜から始まり翌日の朝で終わる映画。ロメロのゾンビ・ワールドのルールはそのまま引き継いでいるので、舞台を現代に置き換えた『ナイト~』って感じ。

 ロメロ・ルールとは。ある夜突然死者が生き返る現象が発生。その原因は不明ながら、墜落した衛星からの放射能が関係あるのではと憶測される。生き返った死者(以下、便宜上ゾンビ)は、脳を破壊すれば完全に死ぬ。ゾンビに噛まれると緩やかに死に向かいゾンビとして蘇る。噛まれなくても、人が死んだらゾンビになる(最近のゾンビ映画と違うところ!)。ゾンビという言葉は出てこないし、この世界の人はゾンビを知らない。

 で、今回は動画共有サイト(youtubeみたいの)に今起こっていることをありのままにアップすることが使命だと考える、映画学科の生徒が中心。なぜならば、メディアが嘘を報道しているからだ。真実を知っていれば助かる命も、これでは助からない!そして動画サイトには世界中からゾンビに関する映像が集まっていく。日本人もでてきたよ。ただし、その動画サイトにだって嘘の投稿はある、ときちんと言っているところに好感が持てる。要は観る側が情報を吟味して考えること。リテラシーの問題だ、というわけ。

 ロメロはやっぱり凄いなぁと思うわ。『REC/レック』のようなただ怖がらせるだけのお化け屋敷映画じゃない。主張のあるゾンビ映画だ。言いたいことがハッキリしている映画は観ていて気持ち良いね。

 映画学科の生徒達&教授のグループが行動を共にするんだけど、この教授がカッコイイの!オッサンだけどな。イギリス訛りなのも素敵さね。彼の過去はなにやら暗いものらしく、自分には家族もなければ故郷もないと言って酒ばかり呑んでる。通常、こういう人って弱いんじゃないかと思うんだけど、強いのよ。ウホッ!つぇぇぇ!って嬉しくなる活躍ぶり。生徒を守りたいってのと、心に淀んだ怒りの爆発って感じか。

 最初の映画撮影シーンで女の子が言う「なんでホラー映画の女の子はつまずいて靴が脱げるの?馬鹿げてるわ!」に笑いました。それって『ナイト~』の冒頭シーンですね。バーバラがまさに、ゾンビに追われて転んで靴が脱げてた。

 ところでニュースを読む声だけの出演が錚々たる面々。スティーブン・キング、俳優サイモン・ペグ、クエンティン・タランティーノ監督、ギルレモ・デル・トロ監督、ウェス・クレイヴン監督。正直よくわかんなかったけども。注意して聞いてればサイモン・ペグはわかりそうだにゃ。

 ロメロさんの次回作は『サバイバル・オブ・ザ・デッド(原題)』。孤島で繰り広げられるゾンビとの戦いらしいよ。噂によれば水中ゾンビが出てくるとか。まあ呼吸の必要ないしなぁ。

2010/3/9追記:ロメロ新作"Survival of the dead"正式邦題が『サバイバル・オブ・ザ・デッド』に決定。
       6/12~日本公開!
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
スマイルBEST ナイト・オブ・ザ・リビングデッド スペシャルエディション [DVD]ロメロ・ゾンビ誕生の映画。衝撃的なラスト!
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド スペシャルエディション [DVD]
スマイルBEST ゾンビ ディレクターズカット版 [DVD]ロメロのゾンビ3部作、第2弾。リメイク版は『ドーン・オブ・ザ・デッド』。
ゾンビ ディレクターズカット版 [DVD]
スマイルBEST 死霊のえじき 完全版 [DVD]3部作の終わり。リメイク版は『デイ・オブ・ザ・デッド』。
死霊のえじき 完全版 [DVD]
ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
サイモン・ペグ; ケイト・アシュフィールド

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

| | 2009年08月05日(Wed)21:15 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>tamoさま。

P | URL | 2009年08月06日(Thu)05:19 [EDIT]

tamoさんはいつも鍵コメですにゃ。普通にコメントしてくれて構わないのですが、お好きにしてちょ。

確かにスプラッターだけで中身のないゾンビ映画もあると思います。まあ、それはそれでゾンビを愛でるのが楽しいから良いですけど。ロメロはちゃんと人間を描き、社会を風刺するところがありますよね。やっぱ他のゾンビ映画とは違うわ、と思っちゃいます。

実はあまり良い評価を聞いていなかったこのダイアリー。観てみたら、え?全然素晴らしいじゃないですか!って思いました。やっぱり人の言うことはアテにならんです。

今度のサバイバル、楽しみですね。今度は何だろう?って期待させてくれます。

管理人のみ閲覧できます

| | 2009年08月06日(Thu)20:23 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>tamoさま。

P | URL | 2009年08月06日(Thu)21:11 [EDIT]

鍵コメでも構いませんけども、せっかくなので皆で意見交換したほうが楽しいかなーと思って。

ランド・オブはまだ観てない予感!今度レンタル屋さんいったら借りたいです。
ロメロさんは、あの後味の悪さとか、崩れていく人間関係とか好きです。
AEDはビックリしましたね~。そんな手があったか、と。
30デイズナイトは歌舞伎町でしか上映しないので、たぶん観に行きません。観たいけど。サム・ライミ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。