猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『ラブリーボーン』"The Lovely Bones"予告編

tag ヒューマン ファンタジー 犯罪 青春 ミステリ 動画付き


 ピーター・ジャクソン監督の新作『ラブリーボーン』の予告編が出ました。って、さっきLife on Marsさんのとこで知った。ので、今日一日ダルダル星人だった私もようやくやる気を起こしてサイト巡りして情報ゲットしてきたお。暑い、眠い、体が動かない。リビング・デッドかってくらいダメになってます。

 公式サイトに行けば大きくて軽めの予告編が勝手に始まって観られるのでオススメ。
公式サイト⇒"The Lovely Bones"

『ラブリーボーン』"The Lovely Bones"予告編


ラブリー・ボーン この映画の原作はアリス・シーボルドの『ラブリー・ボーン』

 14歳の少女スージーが殺されるところから話が始まります。スージーは天国から、残された家族や友人を見守ります。

 予告編からは、かなり原作の描写に忠実な姿勢が窺えます。出てくる小物、キーアイテム、登場人物の容姿などソノマンマ。これはかなり嬉しいです。そして天国の映像すごいね!彩度高くて非現実感バリバリ!これは原作を読んで想像する世界を遙かに超えた、映画ならではの表現。

 出演は、スージーの父親にマーク・ウォールバーグ。母親にレイチェル・ワイズ(予告編だと前髪が短くて美人度下がってる)。祖母にスーザン・サランドン(めっちゃピッタリ!)。近所のキモおやじにスタンリー・トゥッチ。実力派の方々が揃ってますね!個人的にはサランドンとレイチェルに超期待してマッスル。

 監督のピーター・ジャクソンといえば、今や指輪物語三部作で有名です。が、この人は元々ゲチョグロ・ホラー・コメディ作ってたニュージーランド人。世紀の傑作スプラッター・コメディ『ブレインデッド』(今、DVDが58,000円・゚・(ノД`;)・゚・)のあとに作った『乙女の祈り』は実際の事件に基づいて作られた、少女達の愛と殺人を描いたもの。これも傑作でした。少女時代のケイト・ウィンスレットがまた素晴らしくて。で、今回の『ラブリー・ボーン』も『乙女の祈り』系統なんだろうな、とジャクソンが監督することに納得なのです。
 
 『ラブリー・ボーン』は2010年1月29日、日本公開予定!ってココに書いてあるよ。とっても楽しみです!
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:猫の毛玉:『ラブリー・ボーン』読んだ。
           『Dr.パルナサスの鏡』“The Imaginarium of Doctor Parnassus"米版の予告編
           私の中のあなた 【病人を 支える家族の 思い思い】
           エターナル・サンシャイン
           "District 9"ティーザー予告公開
           Re:DIAL /リダイアル 【あんた誰? なんで私に かけてくる?】
           NOEL ノエル 【この日なら 解放される 鎖から】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

lifeonmars | URL | 2009年08月06日(Thu)00:29 [EDIT]

スーザン・サランドンめちゃめちゃぴったりですよね~!
予告の出来も良いし、公開がすご~く楽しみです。

>lifeonmarsさま。

P | URL | 2009年08月06日(Thu)05:21 [EDIT]

最初にサランドンがお婆ちゃんって聞いたとき、ピッタリ過ぎて笑っちゃいました。スチルでもくっきりアイメイクとかしてオシャレな感じになってて、原作通り!って。
本当楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。