猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダレン・シャン映画化"The Vampire's Assistant"予告編

tag ホラー ファンタジー ヴァンパイア 動画付き


 ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫) 少年ヴァンパアイもの小説『ダレン・シャン』シリーズが映画化されまして。なにやら日本では少年漫画にもなっておるけど私はソレ読んでないにゃ。例によって原書しか読んでないので、邦訳版を知らない。ので、表記の違いがあったらゴメンナサイ。

 その原作は、ハリ・ポタよりも凄惨でダークで奇妙。全12巻で完結のヴァンパイア・ファンタジーでね。戦いあり、友情あり、師弟の愛と憎しみあり、成長あり、ちょこっとロマンスありでラストにはいろいろ繋がる感じの面白さ。

 このたび、やっとこその映画化作品の予告編が出ましたよ。いやぁ、長かった!もうポシャったのかと思ってた。元々は"Cirque du Freak"ってタイトルで原作1巻と同じタイトルだったんですが、先頃"The Vampire's Assistant"(原作2巻のタイトル)に変更されました。えーと、元の方が良いですね。でも無事こうやって予告編を観られると嬉しいです。では早速。
追記:タイトルが先頃再度変更され"Cirque du Freak: The Vampire's Assistant"に。

"The Vampire's Assistant"予告編


 なんかCGやメイクがお粗末ですね。予算がなかったのかね?映画は原作の1巻~3巻までのお話らしいです。この作品がうまくいけば4部作としてやっていく算段。さて、どうか。そりゃどうせなら話の最後まで映画化してもらいたいわ。

 キャストは結構渋い。主役のダレン・シャンはTVドラマ出身のクリス・マソグリア、ダレンの親友スティーヴにジョシュ・ハッチャーソン。ヴァンパイアのMr.クレプスリーにジョン・C・ライリーってのがちょっとイメージ違いすぎでガッカリ。もっと痩身でダンディな雰囲気かと…。続いて、サーカスのメンバー。Mr.トールに渡辺謙、髭女マダム・トルスカにサルマ・ハエック。クレプスリーの戦友ガヴナー・パールにウィレム・デフォー。って、デフォー、また吸血鬼。っていうか、デフォーがクレプスリーだったら良かったのに!

 でもってダレンと友達になるサムと、エコフレンドリーなR.V.の名前がないです。映画用にエピソードをまるっとカットかしら?あれってとても大事なとこだと思うんですけど。ダレンが自分を受け容れる瞬間ですからにゃー。R.V.はあとで出てくるトリッキーな人物だし。まあ、仕方ないか。(´・ω・`)デビーの名前もないですぅ。

 アメリカ・英国・ロシアその他の国で2009年10月22公開予定。日本でもきっと劇場公開してくれると思うよ。だってケンが出てるし。どうだろう。この映画ね、コケそうで心配なんですよ、正直言って。原作は大好きなんだけども。

追記:日本公開は2010年3/19に決定!邦題は『ダレン・シャン』
こちら公式サイト⇒『ダレン・シャン』(日本語の予告編も観れます。音楽ダサ過ぎ!)
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:吸血鬼映画"Daybreakers"予告編
           トワイライト~初恋~ 【冷えた肌 霧と雨とに 包まれて】
           アンダーワールド ビギンズ 【許されぬ 恋路の果ての 始まりの】
           吸血鬼モノ新作映画
           顔に似合わず良い歌声
           『魔法使いの弟子』"Sorcerer's Apprentice"予告編
           『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』予告編第2弾
           『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』予告編第3弾
           パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 【現代の ギリシャの神々 何しとう】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サイズ君 | URL | 2009年08月06日(Thu)08:51 [EDIT]

映画化って言ってだいぶん時間がたっているので、ポシャったかと思ってました。
やっと完成したんですね。
クレプスリー、もっと華奢で長身をイメージしていたから、イメージ崩れちゃった(T_T)
Mr.トールが渡辺謙て・・・
オイラは日本語訳の方を全巻読んだよ。グロ系だけど面白かったよね。今のデモナータも毎回楽しみに読んでいます。

にゃも | URL | 2009年08月06日(Thu)19:47 [EDIT]

なぢぇ渡辺謙さんがw 从*´Д`*A
名前を見た時 やたら違和感がありました
コケそぅな。。 ヒヤヒヤですw

>サイズ君さま。

P | URL | 2009年08月06日(Thu)20:55 [EDIT]

ですよね~。私も諦めてたとこでした。無事完成して良かったです。
が、そうなんですよね。クレプスリーのイメージが…。痩身で長身で目つきの鋭いワイルドな紳士のイメージでしたのに~。ライリーは良い役者だけど、鼻が丸い時点で失格!

ケン・ワータナーベ…。うーん、東洋人のミステリアスさ?なの?ケンもこういう役じゃなくてさ、韓国俳優に負けないように頑張ってくださいよ、と。

原作はもう6,7年前に読み始めて、新刊待ちとかしてたのが懐かしいです。ほとんど忘れてるもんでパラパラめくって思い出しながら書いてました。邦訳ではどんな訳になってるのかなぁと気にはなるんですが、もっかい読むのもアレです。
デモナータ、グロ面白いですか!読み始めたらはまりそうです。

>にゃもさま。

P | URL | 2009年08月06日(Thu)21:00 [EDIT]

ケンケンはなぜこういう映画に出るんでしょうか。
出てしまったものは仕方ないので、見届けたい気持ち。
本当にコケそう過ぎて参っちゃいますよ。4部作は夢な気がする。

茶栗鼠 | URL | 2009年08月06日(Thu)23:31 [EDIT]

わー!好きなんです!これ。
全巻持ってます。中学に入ったときには冷めてましたが、映画は絶対に観ちゃいます。
っていうか、ジョン・C・ライリーには驚い気ました。かっこいい人が演じてくれるのだと・・・・。
デビー役とか、蛇男役とか。
どう考えても、アメリカ制作に見えない感じとか。
でも、原作が好きなのでコケるでしょうが、観ちゃいます^^

lifeonmars | URL | 2009年08月07日(Fri)00:58 [EDIT]

記事もコメントもみなさんコケ予想なんですね~。アハハ。
まぁ最近この手の小説の映画化で当たったのはトワイライトくらいですし、仕方ないですが…。
シリーズ物だから、出来たら全部映画化して欲しいですよね。

>茶栗鼠さま。

P | URL | 2009年08月07日(Fri)14:08 [EDIT]

原作読んでけっこうな日が経ってしまってますよねー。
この原書、英語の勉強にはもってこいだと思いますよ。簡単だけど単語覚えられるし。
面白いですよね!

クレプスリーには皆ガッカリしてますね。デフォーに演じてほしいっす。
デビーもR.V.もキャストにないのでどうなってるのか心配。かわりにレベッカって役名があるけど、そんなキャラいたっけか??

ダレンは英国の人のはずなので、私の中では舞台は英国。14歳ぐらいの設定。でも映画版はアメリカっぽくて16歳。うーん、もっと子供子供してたほうがイメージなのになぁ。

>lifeonmarsさま。

P | URL | 2009年08月07日(Fri)14:24 [EDIT]

できれば奇跡的にヒットしてほぢいです。そして4部作しっかり作って欲しい!

トワイライトは、確かにティーンの好きそうなときめきトゥナイトっぽい話でしたね。
あれはあれで面白いですが。
こちらは友情とか戦闘とかクリプスリーへの憎しみと友情の葛藤とか、そういう男臭さがタマラン。そこらへんをどう表現してくれるかに期待!

読書人 | URL | 2009年10月06日(Tue)20:29 [EDIT]

ダレン・シャンマンガもでてましたよねー
僕はこの本を読んで初めて本ってこんなに楽しいものなんだ
ーと思いエラゴンやパーシー・ジャクソンを読みました
これがきっかけでマンガ以外の本に熱中できました!

>読書人さま。

P | URL | 2009年10月06日(Tue)22:16 [EDIT]

おお、そうですか!
楽しい本、のめりこめる小説との出会いって素敵ですね。
エラゴン、面白そうですけど読んでないです。
読みたい本はたくさん溜まっていくばかり。時間と気力は限られていますし。
ファンタジーがお好きなら、神話や伝説の解説本なんかもぜひー。

管理人のみ閲覧できます

| | 2009年10月22日(Thu)18:17 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>シャンビルさま。

P | URL | 2009年10月22日(Thu)21:03 [EDIT]

映画化の話は結構何年も燻っていたんで、実現して作品として出来てきたのが「やっと!」って感じです。
小説も漫画も読んだら、次は原書にチャレンジしてみたらいかがでしょう?楽しく勉強できますよ~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。