猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロンギヌスの槍を追え! 【宿命の 槍の持ち主 巡る謎】

tag アクション ファンタジー 歴史 サスペンス ミステリ

『ロンギヌスの槍を追え!』 La lance de la destinée
2007年・フランス=ドイツ=ベルギー
TV映画シリーズ。フランスの考古学アドベンチャー。

 タイトルも説明書きもパッケージも『インディ・ジョーンズ』系の考古学アドベンチャーを彷彿とさせて、非常に面白そうに見えます。死海文書だのロンギヌスだのってキリスト教用語もかなりソソル!これは期待しちゃった私を誰も責められないはずだ。だから、至急皆に知らせなければ!この映画の酷さを!

 オリジナルはフランス語のはずなんだけど、レンタルしたDVDはなんと!オリジナル音声=英語だった!これは酷い。日本語吹替か、英語吹替の二択だよ。どうせ字幕ならフランス語が聴きたかったのに!どんな大人の都合でしょうか。それだけでも割と憤ってます。

 『Ep.1 死海文書の預言』/『Ep.2 選ばれし者』の2つで一作品。てことになってるけど、フランスでは1エピソードあたり52分を6エピソード、合わせて312分放映。このDVDはエピソード1が86分、2も86分で合わせて172分。残りの140分はどこへいったよ?チーズはどこへ消えた?

 さあ、ここで警告しておく!そんなわけで元のTV版からかなりカットされていると!そしてそのせいでシーンが急に飛んだり、意味がわからない部分があると!はっきりいって観なきゃ良かった、と!『インディ・ジョーンズ』『ダ・ヴィンチ・コード』を足して256倍希釈したような映画。くっそぅ、うまく擬態したな!まんまと騙されたわ!
ロンギヌスの槍を追え!【完全版】 [DVD]ロンギヌスの槍を追え!【完全版】 [DVD]
ヘレナ・スーザレット; ジャック・ペラン

どんな映画?


 TVムービーっぽい安い感じはある。小物とか衣装とかセットとかが押し並べて薄っぺらいんだ。実際TVムービーなんだからソレは仕方ないよね。

 突如パリの工事現場で発見された地下廟で、塵に埋もれて横たわる軍服の男がいた。200年前の将軍で、どうやら昏睡状態ながらも生きていた。この男の正体はナポレオン配下のドロマール将軍で、歴史の記述と照らし合わせ、科学的にも本人であることが証明された。1815年のワーテルローの戦いで死なずに、1821年まで生きていた、と日誌からわかった。その後、この奇妙な昏睡状態になったのだ。彼が抱えていた日誌には、伝説のロンギヌスの槍に関わる記述が…。それは死海文書の一文かもしれなかった。

 わぁ!面白そう!最初の方は面白かったんですよ。で、先に言っておくと、このドロマール将軍は軍の病院に運ばれた後、組織に攫われます。でも結局将軍の体がその後どうなったかはわからないまま話が終わってしまう。死海文書についてもサラッと触れられるだけで、特に深い意味はなかった。この預言の文が何度か繰り返し口ずさまれるのみ。

 さて、事態は将軍の体の発見者であり考古学者のソフィア(本作のヒロイン)の知らないところで、ロンギヌスの槍をめぐって世界軸派とエッセネ派との争いになっている。実は元々ソフィアの周りにはその二つの組織の人間が身近に存在していた。更にCIAまで関わってきてえらく興ざめ。アメリカは引っ込んでろ!

 世界軸派ってなんだよ?(悪の組織です)ってか、世界軸派の殺し屋がわざわざ脇腹を刺して殺すのが不思議。いや、ロンギヌスちっくではあるけど、即死はしないでしょ。それなのに即死してる被害者もいるから不思議なのよ。グサッ!バタン!(目を見開いて崩れ落ち、死体となる)

 でまあ、DVD1枚目はいいとこで終わっちゃう。全然何にも片が付かずにエピソード1終了、2枚目スタート。まずエピソード1のダイジェストが入るよ。そしてteil2(第2部)ってスーパーが入って続きが始まる。第1部は謎解きと各派閥の紹介と、ソフィアの身辺で奇妙な出来事が起こり始めるというものだった。第2部では例の日記を解析して、ロンギヌスの槍の所在を突き止めて、そうさ今こそアドベンチャー。

 出てくるキャラクターが多くて、ちゃんと注意して覚えてないと判りづらいよ。日記というか預言の解析もねー、よくわからんかった。いや意味は判るんだけどな、英語…?英語なの?それ書いた奴さんの使用言語は英語だったの?ごめん、もうかなり注意力散漫気味に観てたから私、投げやりになってんの。ロンギヌスの投げ槍。

 んーで、よくワカランうちにソフィアとエリックの二人の宿命の戦いに。ここらへんもピンとこなかった。この人達はなに?なんなの?どんな家系なの?血筋なの?エッセネ派だからって、なんでこの二人が宿命なの?でもって預言が成就するのは「ときがきたら」とかだと思ったけど、なに?結局何の時が来たのさ?この二人のうちどちらが悪でどちらが正しいのかも、なし崩し的に決めつけられていたし。ソフィア、自分が正しいって速攻確信持ちすぎだよ!

 そんなこんなで、えー終わりー?って感じ。最後の方はかなりすっ飛ばした感。カットし過ぎたのじゃないだろか。やっぱり消えた140分が大き過ぎる。エリックが撃たれた後、次のシーンでケロっとしてしれっと出てきたり、いきなりどこかの扉が開いたらしく場面転換してたり、そして最後は何ですか?なぜソフィアの娘がケロっと助かってるのか、ソフィア一行はあの扉から出た後どうしたのか。エッセネ派の長はあの後…?第一あの槍をどこに隠したの?あれどこさ?

 すべてが有耶無耶なままお話終了してしまって、オイテケボリ感だけが残ったのでした。せっかく面白そうな設定だったのに、残念過ぎた!きちんと辻褄あわせて、納得のいく巧妙な脚本にしてちゃんと映画化してくれないかなぁ。モッタイナイ!
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ワーテルロー戦役コトの発端はナポレオンの最後の命令。
ワーテルロー戦役
アルバート・A.ノフィ
ヒトラーとロンギヌスの槍 (ボーダーランド文庫)映画でも話題に上る、ヒトラーがロンギヌスの槍を持っていたという噂。
ヒトラーとロンギヌスの槍 (ボーダーランド文庫)
ハワード・A. ビュークナー; ヴィルヘルム ベルンハルト
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]この話にも出てきますね、ロンギヌスの槍。えっらい巨大だけど。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]
三石琴乃; 林原めぐみ
LONGINUS 通常版 [DVD]LONGINUS 通常版 [DVD]
櫻井敦司; 魚谷佳苗

毛玉内関連記事:インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国
           ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
           フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石
           ゲド/戦いのはじまり 【ゲド戦記 映像化するの やっぱ無理】
           ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 【愛求め 愛する心 育ててく】
           天使と悪魔 【科学の知 神の御業を 裏付ける】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。