猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ディカプリオ主演"Inception"『インセプション』予告編

tag サスペンス ミステリ 動画付き SF アクション


 クリストファー・ノーラン監督(『ダークナイト』など)の新作"Inception"のティーザー予告編が出ましたよ!この映画、実はまだパリで撮影中だったりするらしい。とても短い映像ながら、大いにワクワクさせられますので必見!主演はレオナルド・ディカプリオ君だお。

"Inception" ティーザー予告編


 内容はあまり明らかにされていませんが、強請(ゆすり)スキャンダルに巻き込まれたCEOの心の中で起こるスリラー、とのこと。?(´・ω・`)?何のこっちゃよ。SFアクション・スリラーってことなので、まあよくわからんまま観るのが正しいのじゃろ。

 予告編はWBのロゴがカッコ良いよね。こういうの好き。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のときもロゴがボタンで出来てたりした。作品ごとにカスタマイズされる配給会社や製作会社のロゴって嬉しい。

 音楽がドゥーン!ドゥーン!て何かこう焦るような圧されるような感じで良いすね。そしてレオ様の怪訝そうな表情と、無重力感漂う映像。これは面白そう!ドゥーン!"Your mind is the scene of the crime."って書いてあります。あなたの精神が、その犯罪現場。超謎。

 2010年7月16日全米公開予定。日本公開は早くて8月かね?遅くとも10月には、と思うんですけどどうでしょうか。って、来年の夏ってまだまだっすな(´・ω・`)待ち遠しい。→日本公開2010年7月に決定



※2009/8/27追記:この謎に満ちた映画の内容が一部明らかになりました。
以下ネタバレなしの概要を訳した!

 これは夢についての映画である。ディカプリオ演じるコブは、人の夢に入り込む方法を設計する会社のCEOっぽい地位の人物。彼はまた犯罪者でもある。夢に入り込んで情報を入手したり植え付けたりする。

 コブのチームには、パリで学ぶ学生を演じるエレン・ペイジ(『JUNO/ジュノ』)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(『恋のからさわぎ』、『(500)日のサマー』)、トム・ハーディ『ロックンローラ』)がいる。ペイジの役割は夢の建築家みたいなもので、このチームが夢を造りだす。夢へは注射を打つことで入れる。この技術はスーツケース一つでで持ち運び可能。ゆえに、どこでも夢に入り込める。

 とある会社の社長に就任予定のビジネスマンにキリアン・マーフィー(『28日後…』、『バットッマン ビギンズ』)。コブは彼に“その会社を二つの小さな会社に分けるアイデア”を吹き込もうとする。

 もう1人のキーパーソン、コブを脅迫する人物に渡辺謙。コブの妻にマリオン・コティヤール(『TAXi』シリーズ、『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』)。



※2009/10/22追記:ちょこっとだけマイケル・ケインも出演。



※2009/12/29追記:新しい予告編出たので追加!この前にフランス語ヴァージョンの予告編もあったんだけど、それは割愛してアメリカ版第2弾です。っていうか初めてのまともな予告編。

『インセプション』予告編

※HDはコチラから⇒Apple movie trailers "Inception"

 どぅーん…どぅーん…てやっぱカッコイイな!夢の中に入る話ってのは、なんとなく伝わってくる予告編ですね。まだまだよくわからん映像ですけども。レオ、渋いねー良いねー。0:50あたりのは渡辺謙かな。



※2010/1/13追記:日本語版予告編が出た!
『インセプション』予告編 (メディアプレイヤーなどで開いてね)
 内容は12/29追記分の予告編と同じです。
※2010/5/28追記:日本版予告編第2弾出た!
『インセプション』予告編第2弾
ん?「厳密には違法とはいえない」じゃないのかな…?


※2010/5/8追記:アメリカ版劇場フル予告編が出た!
インセプション予告編


 新しい映像てんこ盛り!キリアン・マーフィーとかマリオン・コティヤールもしっかり映ってます。いいないいな!どぅーん!どぅーん!


※2010/5/25追記:キャラクター・ポスター7枚出た!

 これは良い!青い背景の街並み。それぞれに冠された肩書き。the architect 建築家(エレン・ペイジ)、the forger 偽造者(トム・ハーディ)、the point man 先兵(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、the shade 陰、幽霊(マリオン・コティヤール)、the tourist 観光客(渡辺謙)、the mark 標的(キリアン・マーフィー)、the extractor 引出す人(レオナルド・ディカプリオ)。


※2010/6/23追記:特別映像だ!ちょっ、最後、キスしとる!

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

| | 2009年08月25日(Tue)13:34 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。