猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウェイクアップ・デッドマン ~奇跡の朝~ 【乗り越えた あの哀しみを 今一度】

tag ヒューマン ファンタジー パニック ゾンビ

『ウェイクアップ・デッドマン ~奇跡の朝~』 LES REVENANTS
2004年・フランス
あるとき、世界中で死者が戻って来る奇妙な事件が発生した。

 劇場公開時のタイトルは『奇跡の朝』で、その名前でレンタル屋さんを探したら全然なかった。あれーおかしいなーと思ってネットで検索しよったら、ビデオ発売時に改題されてた!なんかコメディみたいなタイトルなっちょった。

 一応ゾンビ映画なのかなぁ?的なアレです。死者が帰ってくるのだけど、別に凶暴だったり人を喰ったりはしない。いたっておとなしいゾンビーたちなのだ。ただちょっと動きが緩慢で、新しいことを記憶できないっぽい。彼らを援助するための国連ガイドラインとかあって、自治体ごとに対応している。死者たちのまわりの人は戸惑いながらもなんとか受け容れていく。

 第一印象は2002年の邦画『黄泉がえり』じゃん!と。制作者はあの原作でも読んだのかなぁ。それともアリガチな発想なのか?共通の元ネタでもあるのか?Q資料はどれだ?
ウェイクアップ・デッドマン~奇跡の朝~ [DVD]ウェイクアップ・デッドマン~奇跡の朝~ [DVD]
ジェラルディン・ペラス
ジョナサン・ザッカイ

どんな映画?


 ある日、世界中で7千万人もの人がヨミガエリ!そんな中のフランスのある町での話。この町だけでも1万3千人がヨミガエリ。墓地から普段着姿の死者たちがぞろぞろ歩いて出てくる。不気味な行進。生前のままのきれいな姿、普段着を着用した死者たちの、この世への流入は2時間ほど続き突然ぱたりと止んだ。

 彼らは死後10年以内の者たちで、その65%は60歳以上だという。40歳以上60歳未満が25%。併せて90%なので、じゃあ残りの1割が39歳以下ですね。死者たちの今後の生活をどうするか、社会としてどう援助すべきか、家族や縁者に引き取られるまでの宿舎も用意せねば。そういった会議の模様も描かれる。国連ガイドラインもあるぜ。

 まずリアルなのは、一度乗り越えたはずの愛する者の死を蒸し返されたくない気持ち。そりゃあ複雑だろう。小さな子供だったら戻ってきてくれて単純に嬉しいかもしれない。それが恋人や老いた父母だったら?この蘇った死者たちのなかに自分の愛した人がいるのかどうか、知りたくもない、そんな複雑な気持ち。

 この映画はそういう心理描写が素晴らしかった。子供をもう一度失うことに耐えられない父親、違和感をぬぐえずどう接して良いかわからない母親。妻が以前の妻とはどこか違うので失いたくなくて家に閉じ込める夫。気まずい別れのまま亡くなった恋人が戻ってきて揺れる心に壊れそうな女性。

 でも結局なんでこんな現象が起こったのかは全然不明。まあそれはいいや。理由がワカランチンてのは別にたいした問題じゃない。問題なのは、死者たちが何のために戻ってきたのかってことすら明らかにされなかったこと。(´・д・`)何しに来たんお?あの最後の方は何をしてたんお?

 死者たちの行動がこれまた不可解で静かな怖さがあった。夜中に集会してるって君たち猫か、と思った。最後は何故に地下を目指したのか?地下に行った死者たちと、墓の上で消えてしまった死者たちは、違うところに行ったのか?まったくスジの通った解が仄めかされもしない。フランス映画らしいっちゃーらしいよな。

 死者たちがどうのこうの、ってのは多分どうでも良いんだろう。遺された人達の心の再生、救済が軸なのかなぁと。人それぞれの対応の仕方、思い、感情。もうなんか曖昧に切ない映画なのでした。

にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
黄泉がえり スタンダード・エディション [DVD]うっすら観たような記憶の映画。
黄泉がえり スタンダード・エディション [DVD]
草ナギ剛; 竹内結子
黄泉がえり (新潮文庫)↑の原作本。熊本の局地的現象として描く。
黄泉がえり (新潮文庫)
梶尾 真治
レナードの朝 [DVD]こちらは嗜眠性脳炎から目覚めた患者さんの映画。・゚・(ノД`;)・゚・
レナードの朝 [DVD]
ロバート・デ・ニーロ; ロビン・ウィリアムズ
ウェイクアップ!ネッド [DVD]ウェイクアップ!ネッド [DVD]
イアン・バネン; デヴィッド・ケリー

毛玉内関連記事:第1回:毛玉シネマチャット―真夏のゾンビ・チャット
           "World War Z"映画化企画に新しい脚本家
           アンデッド
           SF/ボディ・スナッチャー 【漂いて 流れ着いたる 約束の地】
           THEM ゼム 【謂れなき 姿の見えぬ この恐怖】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。