猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エミー・ロッサム主演のドラマ・コメディ映画"Dare"予告編

tag コメディ 青春 動画付き

 ハリウッド実写版ドラゴンボールでブルマを演じてしまったエミー・ロッサムちゃん。若い身空で極秘結婚したけれど離婚してバレちゃったりとかいろいろ大変な最近。『オペラ座の怪人』のときの初々しい美貌と歌唱力、瑞々しい存在感を活かせるような作品にどうも恵まれません。一時は歌手に専念してましたね。

 そんな中、2009年サンダンス映画祭で上映された本作。エミーが主演する"Dare"というドラマ・コメディ映画。タイトルになっているdareというのは“挑戦、大胆、肝試し”といった意味。動詞活用では“あえて(思い切って)~する”の意味。"How dare you!"なんて怒ると“どうして敢えてそんなことをするの!この私に向かって!”的なニュアンスになるお。

じゃあ、とりあえず予告編を観ておくんなまし~。地味ながら良さげです。舞台は高校生活!

"Dare"予告編


 良い子チャンのアレクサ(エミー)、その男友達で親友のベン、ちょいワルボーイのジョニー。この3人の奇妙な三角関係って感じでしょうな。そしてアレクサに演技指導している(?)人の役をアラン・カミングがやってますね。名のある俳優さんはエミーとカミングぐらいかー。日本公開はなさそうだけど、DVD出るかどうかも微妙ですか?観たいです観たいです! 

 2005年に16分のショート・フィルム"Dare"を作ったアダム・サルキー監督と脚本のデヴィッド・ブラインド。本作はそのリメイク且つ長編化になるわけだ。ってことで長編映画デビューおめでとうございますお二人さま。

その元のショート・フィルムはコレです。
youtube⇒Dare -1
youtube⇒Dare -2

削除(´・ω・`)
参考⇒Dare by Adam Salky

 え?あ。そういうアレ?ゲイ映画でしたか。アレクサは最初ちょこっと出てくるだけだし、あとはほとんど若者2人の独壇場。なんつーか、もどかしさが、ジリジリする感じが切ない。ベンを演じるのはアダム・フレミング、ジョニーをマイケル・キャシディ。フレミングの方は長編リメイク版にもちょっと出演してるのらしいよ。

 元ショート・フィルムを観ると、今回の長編版のストーリーが単純な三角関係ではなさそう!とわかります。アレクサとジョニー、ベンとジョニーの二つの複雑な関係、そしてアレクサとベンの友情が見れそうです。ああ、これ観たいな。アメリカでの公開は11月13日、単館系です。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:エミー・ロッサムの歌声
           オペラの怪人
           DRAGONBALL EVOLUTION 【やっつけで 大作映画 仕上げたり】
           "DRAGONBALL EVOLUTION"アメリカでの成績と続編の噂
           クライヴ・オーウェン主演作"The Boys Are Back"予告編
           ジム・キャリー&ユアン・マクレガーの『フィリップ、きみを愛してる!』予告編
           フィリップ、きみを愛してる! 【一途な愛 それでもビョーキは 治らない】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。