猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

男と女の不都合な真実 【ありきたり 下品さ全開 ラブコメディ】

tag コメディ 恋愛映画 ラブコメ 動画付き

『男と女の不都合な真実』 THE UGLY TRUTH
2009年・アメリカ
男は股間で、女は頭で恋愛をする。

 よくある男と女のすれ違いコメディで、そこには斬新さも新たな“真実”もない。ついこないだ上映してた『そんな彼なら捨てちゃえば?』の中のジジ&アレックスのエピソードと相似形。あちらの方がアンサンブル・コメディな分、人生模様を描けていたけれど。コチラは自信過剰なヒロインが頑張ってビッチぶる姿が痛い、白けるラブコメな残念感。

 原題は“醜い真実”で、映画中でも何度か台詞に出てきました。真実はいつだって醜いものさ、とうそぶくけれど、そんな大したこと言ってないのよね。登場人物がまだ20代前半とかなら良いけど、どう見ても30代でしょ。30代にしては物事を知らなすぎるだろ、と。
男と女の不都合な真実 コレクターズ・エディション [DVD]男と女の不都合な真実
コレクターズ・エディション [DVD]

ジェラルド・バトラー
キャサリン・ハイグル

コトノハ


"You'll never know."
(さあね。)

 回りくどい日本語にすると「あなたが知ることはないでしょう」になるかね。知らない方が良いこともあるし、全ての真実を知り合うことだけが愛じゃない。真実は醜いものかもしれないから。でも、美しい真実だってあるよね。どっちも存在する。

どんな映画?
 とにかく下ネタ。いい大人が下ネタ話して喜んでるような雰囲気の。そのあたりが大丈夫な人ならきっと楽しめるコメディ。つまり私は無理。下ネタが嫌いなんじゃなくて、品のない下ネタが嫌いなのよね。

 特にアビー(キャサリン・ハイグル)がレストランで悶えるシーンは、笑えるというよりも気持ち悪かった。(´Д`) 大体、精神状態が性的快感に大きく作用する女って生きものが、あんな風になるとは思えないのだが。似たようなシーンのある『恋人達の予感』はもっと可愛らしかったし面白かったのになぁ。

 アビーが才色兼備なTVプロデューサーてのも、なんか鼻につく。好みの問題だけども演じるハイグル嬢をキレイだと思ったことがないしな。たいした容姿じゃないのにすごい自信たっぷりなキャラで、嫌悪感が募ってしまったにゃー。うん、私、大したことないくせに自信過剰な人が大の苦手なの。あ、でも顔はアレだけどスタイルは抜群でしたよ。手足がスラーっとして頭ちっちゃくてバランス良い素敵なお体。

 さて、お話は。番組の視聴率が落ちて超ピンチのTVプロデューサー・アビーは、上の命令で下品な恋愛カウンセラーのマイク(ジェラルド・バトラー)を出演させることに。挑戦的にアケスケな彼に反発するアビーだけど、近所のイイ男をモノにする手伝いを申し出るマイクを次第に信頼していく。

 ウマの合わない2人が当て馬と絡みつつ心を通わせるという黄金パターンのラブコメだよ!そこに全編品のない下ネタを盛り込んだ大人のコメディ。ティーン向けとかせいぜい20代前半ぐらいならソレだけでも構わないけどね。人間ドラマ部分がないっていうか、心の機微が描かれてないっていうか。マイクの過去とか、マイクが本当は何がしたいのかとか、そういうのをもっと丁寧に描いてくれれば良かったかなぁ。

 唯一良かった点は、猫!アビーの飼い猫ダルタニアンが可愛かった!ダルタにゃーん!やあ~猫って本当に良いものですね~。あとは、ラストあたりの気球から中継の流れは良かったですお。ラストで何とか少しだけ挽回した感じです。後味が良かったのでまあ許す。←上から目線
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 下品恋愛カウンセラーのマイクにジェラルド・バトラー(ジェリー)。いつものセクシーなスコティッシュ訛りではなく、アメリカンな話ぶり。ちょっと残念だけど役柄上仕方ないね。顔がなんかむくんでるように思ったのだけど、単にお肉増量のせい?

 ジェリーはロマコメじゃなくて男臭い映画(『300 <スリーハンドレッド>』『タイムライン』など)の方が似合うと思いますので、次回作、"Law Abiding Citizen"が超楽しみです!アメリカ版『さまよう刃』系の話で復讐に燃える男をジェリーが演じますのにゃ!ついでだから予告編貼っとくじょ。

"Law Abiding Citizen"予告編


"Law Abiding Citizen"インタビュー映像入り予告編


 本題に戻って。不都合な映画のほう。最初の方にちょこっと出てくるケビン・コナリー『そんな彼なら捨てちゃえば?』に続いて、またブラインド・デートの相手役かぁと思ってワラタ。

関連作品のようなもの
恋人たちの予感 (特別編) [DVD]男と女のすれ違いは、やっぱこの映画だな。
恋人たちの予感 (特別編) [DVD]
ビリー・クリスタル; メグ・ライアン
恋する遺伝子 [DVD]このぐらいの下品さがちょうど良いなぁ、私は。
恋する遺伝子 [DVD]
アシュレー・ジャド; ヒュー・ジャックマン
愛についてのキンゼイ・レポート [DVD]こちらは衝撃的だったけど性を学問として扱っている分興味深い。
愛についてのキンゼイ・レポート [DVD]
リーアム・ニーソン; ローラ・リニー
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ドキュメンタリー映画 アル・ゴア

毛玉内関連記事:そんな彼なら捨てちゃえば? 【都合良く 解釈するのが オンナさが】
           デンジャラス・ビューティー 【新世界 偏見捨てれば 見えてくる】
           近距離恋愛
           P.S. アイラヴユー 【先立たれ ヒキコモリニート 立ち直れ】
           恋とスフレと娘とわたし

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

男と女の不都合な真実 (The Ugly Truth)

監督 ロバート・ルケティック 主演 キャサリン・ハイグル 2009年 アメリカ映画 95分 ラブロマンス 採点★★★ 「何で男って話を聞かないの?」とお怒りの女性、多いですねぇ。まぁ、実際聞いてないんですが。男からすれば、「何で今その話?」とタイミングの悪さを…

Subterranean サブタレイニアン 2010年08月14日(Sat) 12:03

「男と女の不都合な真実」(THE UGLY TRUTH)

「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグルと「300」のジェラルド・バトラー共演のラブ・コメディ「男と女の不都合な真実」(原題=見苦しい真実、2009年、米、95分、R15指定、コロンビア映画配給)。この映画は、男女の恋愛観のズレや恋の本音...

シネマ・ワンダーランド 2010年06月13日(Sun) 22:17

男と女の不都合な真実

ラスベガスをぶっつぶせのロバート・ルケティック監督が手掛ける、不器用な大人の男女の恋愛指南ラブストーリー。頭でっかちなキャリアウー...

DVD YouTube CINEMA 2009年10月11日(Sun) 13:55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。