猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブラック・ダリア

tag サスペンス 犯罪 ミステリ

『ブラック・ダリア』 the Black Dahilia
2006年・アメリカ

1947年、ロサンジェルスで起こった実際の殺人事件をモチーフとしたジェイムズ・エルロイの小説を原作とする映画。 

総体的に、良くも悪くもデ・パルマ全開の映画でした。
ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組ブラック・ダリア
コレクターズ・エディション 2枚組

(2007/05/18)
ジョシュ・ハートネット
スカーレット・ヨハンソン

どんな映画?


監督はブライアン・デ・パルマ
1974年の『ファントム・オブ・パラダイス』PHANTOM OF THE PARADISEは映像の美しさだけでなく、全編に広がる切なさやホラー映画へのオマージュが山盛りの素敵な映画だった。
でもそれ以外は概ね、映像技術はスゴイけれどストーリーはまるで駄目というのがデ・パルマ映画だと私は思っている。
『スネーク・アイズ』も皮肉がきいているのは面白いが、観ている間は面白いとは思えなかった。
そういう意味で、この映画はいかにもデ・パルマなんであった。
映像はすごくきれい。
ライティングや構図など『第三の男』ぽいな、と感じたし雰囲気も似ていた。
観た人にはわかってもらえるかもしれないけど、私の気のせいかもしれない。

内容としては、センセーショナルな殺人事件が起こり美しい死体が残り、迷宮入りに終わった事実を背景に人々の悲喜劇が繰り広げられるもの。
間違っても推理サスペンスではない。
迷宮入りというのは事の真相が公にされていないだけで、必ずしも当局(または組織のうちの誰か)が犯人を突き止めなかった、という意味ではない。
そして、センセーショナルな死体を残した事件の裏には、何か異常なことや更なる大事件や何らかの意味が隠されているわけでもなく、ただただ瑣末な愚かな人々の起こす小さな出来事が積み重なった残酷な結果、と言える。この映画の中では。
また、狂気と愛が絡み合ったやりきれなさはヒシヒシと感じた。

しかしながら、終盤で突然主人公が何もかもを悟るのは不自然であり、いかにもご都合主義。
これは推理などと呼べたものではない。映画的つじつま合わせ、なんだろうな。

俳優は誰?
主人公の刑事に『シン・シティ』、『パール・ハーバー』のジョシュ・ハートネット。
相棒にアーロン・エッカート。
アーロンはハードボイルド似合ってます。良かった!
ヒロインは『真珠の耳飾りの少女』のスカーレット・ヨハンソン。相変わらずセクシー路線で美しい。
この人、声が素敵なのよね。ちょっと掠れた感じの。

で、ブラック・ダリア(殺された女性のあだ名)と似た美女として登場したのがヒラリー・スワンク。
(『ボーイズ・ドント・クライ』、『ミリオンダラー・ベイビー』)
これは違和感を否めなかった。
そもそも彼女って決して美人ではないのに、ミステリアスな美女の役って…。
更に、「ダリアに似ている」って設定なのにちっとも似ていない。容姿も雰囲気も。奔放さもベクトルが違うように感じた。
この「似ていなさ」がひっかかって、映画に説得力がなかった気がしましたよ。

俳優の見た目とか持ってる雰囲気って大事だし、映画の説得力はそこに左右されることも多いわよね、と改めて思った作品でした。
にほんブログ村 映画ブログへ
今日の毛玉
デ・パルマ好きに捧ぐ。
映像、カット、アングル、編集、そういったものを楽しみたい人向け。
あとはフィルム・ノワールの雰囲気を味わいたい人に。

関連作品のようなもの
ブラック・ダリア (文春文庫)原作本。
ブラック・ダリア (文春文庫)
ジェイムズ エルロイ
ブラック・ダリアの真実〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)元ハリウッド署の刑事が書く事件の真相とは?
ブラック・ダリアの真実〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)
ブラック・ダリアの真実〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)
スティーヴ ホデル>
ゾディアック 特別版この映画も事件にとりつかれた人たち。コッチのほうが秀作。
ゾディアック 特別版
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.
ファントム・オブ・パラダイスデ・パルマの傑作映画。
ファントム・オブ・パラダイス
ポール・ウィリアムズ;ウィリアム・フィンレイ
スネーク・アイズこれもデ・パルマの映画。映像だけは面白い。
スネーク・アイズ
第三の男ハードボイルドな雰囲気が何となく似てる映画。
第三の男
ジョゼフ・コットン;バーナード・リー
DAHLIADAHLIA
X JAPAN

毛玉内関連記事:キャリー
           フェイクシティ ある男のルール 【これが我が 善悪の彼岸 血の色の】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2014年06月24日(Tue) 14:56

【ブラック・ダリア】未解決猟奇殺人事件の真相は・・・?

ブラック・ダリア~The Black Dahlia~ 監督: ブライアン・デ・パルマ    出演: ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン、 ヒラ...

映画@見取り八段 2009年09月20日(Sun) 01:33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。