猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ホワイトアウト 【欲望は 視界をすべて 奪うもの】

tag アクション サスペンス 犯罪 ミステリ 動画付き

『ホワイトアウト』 WHITEOUT
2009年・アメリカ=カナダ=フランス
グレッグ・ルッカのアメコミを原作とする南極観測基地が舞台の映画。

 ヽ(´ー`)ノダークキャッスル製作だよ~。最近のダークキャッスルはホラー専門ではなくなってしまい、迷走しています。そろそろ原点に立ち返って頂きたいのだが、どうだろう。本作も予告編の思わせぶりっぷりからホラー来た!と興奮したのに、結局南極勘違い。

 アクション分薄めの平凡なサスペンス映画。予告編を観て、エイリアンとか謎のクリーチャーものだとすっかり勘違いしたまま映画を観てました。『遊星からの物体X』系ですよね!クリーチャーいつくるの?って途中まで真面目にワクワクしてたけどNo クリーチャー。返せ!ワクワク感を返せ!同情するなら金返せ!

 原題はっていうかタイトルは、霧やガスや地吹雪や吹雪などで視界が真っ白になること。こうなると方向感覚も平衡感覚もなくなるよ!こないだ赤岳行ったとき、霧氷に包まれて超寒かったけども視界は数メートル確保されてたので大丈夫でした。あの程度でも恐いのに、マイナス50℃で猛嵐って恐すぎる!
ホワイトアウト [DVD]ホワイトアウト [DVD]
ケイト・ベッキンセイル
ガブリエル・マクト

コトノハ


"English?"
(英語で話して。)

 ステッコ捜査官が科学者に説明を求め、説明されるも専門用語だらけでチンプンカンプン。そんな時はこれ!よく使われる表現で、私達だって理解を超えたこと言われると「日本語喋ってよ」って言うのと同じ。

 人に何か説明する時って、平易な言葉でわかりやすく説明する方が格段に難しいよね。でもそれができてこそ、本当に頭の良い人と言えるんじゃないかな。難しい言葉を使って難解な説明しかできない人は、頭が良いとは言えないと思ってる。私は馬鹿だから、誰にでもわかるような文章を書こうと心がけてはいるけど出来ているかどうかは甚だ疑問。

どんな映画?
 南極観測隊のアメリカ基地唯一の捜査官キャリー・ステッコ(ケイト・ベッキンセール)は、南極で越冬することなく仕事を辞める気でいた。冬になると太陽の昇らない極夜が続き気温も更に低下するため、観測隊員のほとんどはアメリカに帰国する。その帰国の最終便は3日後に迫ったというのに、死体が見つかった。しかも南極初の他殺死体だった。

 とにかく予告編から受ける印象と本編のソレとで差があり過ぎて、ギャップ萌えを通り越して不信感すら湧いてくる。だから皆これ見て!見てから本編を見て!映画館で上映はもうしてないかもしれないけど。意外に早く上映終了したわね、と思ったらやっぱりそれなりの理由があったわけだ。つまりガッカリ感。

『ホワイトアウト』予告編


 まあ、全体的に粗いんですよ。犯人の正体は半分予想してた通りだったし。サスペンス感は盛り上がらないし、アクションもいまいち。ストーリーのあちこちが薄っぺらくて、背景事情が適当にしか描かれないので説得力もなし。なんだかバラバラな印象の映画なんでした。

 ステッコ捜査官の過去がフラッシュバックで明かされるのも、どこかヤッツケな雰囲気。ベッキンセールがタンクトップの上にベストを重ね着という変な服装なのは置いといても、一体どんな捜査してたんだ?と馬鹿馬鹿しくなる。容疑者逮捕してすぐ隣のベッドで居眠りとかアリエナイでしょ。一人は見張れよ!見張ってない方の捜査官は眠かったら別室で寝ろよ!

 それでも、演技はともかくベッキンセールの顔や体は美しく、シャワーシーンは嬉しいもの。シャワーのとこはボディ・ダブルって噂ですけども。あと嵐の中をカラビナで体を固定しつつのチェイス・シーンは面白かった。それと序盤の、スッパダカ・マラソンも面白かったよ。ジェリー・ビーンズ青リンゴ味も笑った。それなりに見所はあったってことですね。

 いやしかし、あの寒さと冷たい風の中で顔をむき出しはナイよね。鼻、凍る!目玉、凍る!映画だからその辺は仕方ないけどさ。それから凶器は専らピッケル。ピッケルは山の武器ってナオタが言ってた(漫画『岳』より)。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
Whiteout 1 (Whiteout (Oni Press))原作アメコミ。英語128㌻。
Whiteout 1 (Whiteout (Oni Press))
Greg Rucka
Whiteout 2: Melt: The Definitive Edition (Whiteout (Oni Press))原作アメコミ、続編。英語120㌻。
Whiteout 2: Melt: The Definitive Edition (Whiteout (Oni Press))
Greg Rucka
トップガン [DVD]「トップガンかよー!」って台詞があったよ。
トップガン [DVD]
トム・クルーズ; ヴァル・キルマー
ホワイトアウト [DVD]ホワイトアウト [DVD]
織田裕二; 松嶋菜々子

毛玉内関連記事:30デイズ・ナイト 【明けない夜 素敵過ぎるぜ 保安官】
           ザ・スピリット 【覆面の ひっぱりだこの 色男】
           ミッドナイトイーグル
           消されたヘッドライン 【真実を 伝える使命 それが記者】
           ブラッド・ダイヤモンド
           ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 【罪もなき 虐げられる 女たち】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

eclisfuetus | URL | 2009年11月23日(Mon)13:44 [EDIT]

>人に何か説明する時って、平易な言葉でわかりやすく説明する方が格段に難しいよね。でもそれができてこそ、本当に頭の良い人と言えるんじゃないかな。難しい言葉を使って難解な説明しかできない人は、頭が良いとは言えないと思ってる。
激しく同感!自分でも理解していない?言葉を使用する映画評論家は大馬鹿です(映画以外のジャンルでも)。
いつも最新の映画情報を提供してくれて本当に感謝しています。
ブログって書くのに非常に時間がかかるけど、読むのは数分なんですよね~(それでいつも後ろめたく思っています)。
P.S.「ユリイカ」って月刊誌の今月の特集が”タランティーノ”なんですが、蓮實氏がなんか蘊蓄たれるようです。彼、大嫌いです!(映画に関しては特に)。
今後も大変でしょうがブログ応援しています(^o^)。
では~♪

>eclisfuetusさま。

P | URL | 2009年11月24日(Tue)18:56 [EDIT]

そうですよね~難しい言葉使っても良いけど、自分が理解してないと。更に咀嚼できてないとなぁ、と自戒の意味を込めて思うのでした。

なんか最近ツイッターで元気ない感じですね。あまりあれこれ気にせずに気軽に呟いて欲しいです。

ブログは本当に書くのに時間かかります。メモの状態からエントリを完成させるまで3時間ほど。早いときは半時間~小一時間ですが、それは予告編紹介とかそういうものでして。でも自分で勉強になるし、文章を書く練習にもなるし、何より好きなので続いてます。読んでくれる人が少しでもいてくれてとても嬉しいです!

タランティーノはたくさんネタがありそうですね。私はあんまり監督の意図とか気にしないというか、どうでも良いっていうか。受け手がどう受け取るかがほぼ全てだと思っているので。
インタビューとか解説は読まずに映画をまず観たいのです。観て感じたことを整理した上で、初めてそういうの読みたいな、と。そうすると、なるほどなぁと思うこともあるけれど、そんなの伝わってないよ、と思うときもあります。
タランティーノの場合はコネタやオマージュが多いので、そういう解説は読めば楽しいけども。正直どうでも良いかなーと冷めた目でみてしまう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。