猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ディセント2 【狭苦しい 地下世界でも 人間模様】

tag ホラー パニック スプラッター

『ディセント2』 THE DESCENT: PART 2
2009年・イギリス
女だらけの洞窟アドベンチャー・ホラー『ディセント』ポロリはないよ、の続編。

 んあー!前作のラストは最高だったのに!あのラストで続編はあり得ないっしょー!とか言ってると楽しくないから“アレはアレ”と割り切って、続編観に行ったわさ。

 アメリカでは前作のラストを削ってサラが地上に…って感じだったらしいわよ。だから、これはその続きって風な始まり方。血塗れで走るサラが、通りかかったジープの窓にバン!っと手を突くですよ。このドライバーが後でも出てくるので要注意ね。

 ラスト1歩手前まではとっても面白かったの。おお!前作に比肩する!と思ってたの。でも残念。あのラストは無理!無理ったら無理!前作は途中も面白かったけど、ラストのラストで昇華されるものがあったじゃない?続編の方は、ラストのラストで「それはない」感に満たされた。
ディセント2 [DVD]ディセント2 [DVD]
シャウナ・マクドナルド
ナタリー・メンドーサ

コトノハ


"Don't worry, It's just your mind is playing tricks on you."
(心配ないわ。恐怖で動転してるだけよ)

 保安官助手のリオスは、洞窟からのたった一人の生還者であるサラにこう言う。記憶を失ったサラを連れて、レスキュー・チームが洞窟に入る。そのうち記憶を取り戻したサラは、地底人を出し抜いて生きるために闘う!リオスが恐怖で取り乱したとき、サラは同じ台詞を冷たい目で言い放つ。

どんな映画?
 生還したけど、ここ2~3日の記憶を失ったサラ。保安官はサラを疑い、洞窟で何か殺人事件でもあったのでは?と警戒する。保安官は他のメンバーを捜索するため、まだグッタリしているサラを無理矢理一緒に連れて、レスキューチームと洞窟入り。さあ、お帰りなさい!ようこそ肉食地底人の棲む穴へ!

 今回も狭苦しく岩岩したアパラチア山脈の地下洞窟。崩落した岩に閉じ込められたり、地底人(クローラー)に追いかけられたり、地底人御用達のぼっとん便所に浸かったり、息詰まる展開が続くよ。前作の、スポーツ的な側面は薄くなり、より悪趣味なサバイバル・ホラーとなっています。

 見所は勿論、チームの人間模様。ここは前作と共通してます。見捨てるの、助けるのといった葛藤も健在。次々に餌食になっていくレスキュー隊がエグい。私は保安官の爺さんのどうしようもない感じが一番面白かったよ。本当、KY!あと、岩に閉じ込められた女子は自力で出れるじゃんか、と白けた。

 でもって、ジュノ様のご活躍も鬼神の如く。ピッケル右手に「し!止まれ!」と無言で相図する姿がカッコ良すぎて笑った。サラとジュノが鉢合わせたら、どうなるんだろ?と思いつつハラハラ。すわ!女の闘い再燃か?その辺も大いなる見所。

 問題のラストのラストシーンは、本当に理解に苦しむのね。アノ人がこんな事をするなら、なぜ先ほどはあんな事をしたのだろう?アノ人に何かありそうだ、とは地底に赴くシーンで感づいていたものの。いろいろと辻褄が合わないではないか!プンプンですぅ!

 恐らく更なる続編がありそうな終わり方。もういいよ~。と言いつつ、あったら見るんだべ。同じ洞窟アドベンチャー・ホラーでも、レナ・ヘディの出ていた『地獄の変異』は広々とした洞窟で、きれいな地底湖もあって、妙に明るくて、雰囲気が全然違った。暗いよぅ狭いよぅ恐いよぅ的なアレは『ディセント』勝利。でも『地獄の変異』も面白かったから、見てみたら良いと思う。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ディセント [DVD]前作。低予算でもこんなに面白いホラーができる!
ディセント [DVD]
シャウナ・マクドナルド
地獄の変異 [DVD]洞窟クリーチャーものだと、これも面白かった。広々とした地底&地底湖。サラ・コナーことレナ・ヘディが科学者!
地獄の変異 [DVD]
レナ・ヘディ; パイパー・ペラーボ
ザ・ケイヴ [DVD]この洞窟ホラーはちょっと画面が暗すぎて、中だるみし過ぎて眠い。
ザ・ケイヴ [DVD]
シビル・テムェン; オギー・ダーハム
ディセントX [DVD]ディセントX [DVD]
ロリ・ペティ; ニコラス・アイアンズ

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

茶栗鼠 | URL | 2009年12月06日(Sun)23:06 [EDIT]

こんばんわです。
そうですかぁ。オチがだめでしたか。まぁ、適当に観る分にはよさそうですから、観てみようと思います。

わー!ラストが気になる(>_<)

>茶栗鼠さま。

P | URL | 2009年12月07日(Mon)13:08 [EDIT]

もうね・・・考えれば考えるほど納得いかんオチですね。。
前作のオチが素晴らしかっただけに、いかんともしがたい落胆ですよ!
でもオチ前までは面白かったし、あんまり考えなきゃ充分面白い映画です。

3作目いきますネ~

tamo | URL | 2009年12月07日(Mon)18:48 [EDIT]

Pさんこんばんわ。体調の方はもう大丈夫ですか!
「ディセント2」まあまあ楽しめたみたいですね。私、初日劇場出たら雑誌「ぴあ」のアンケートつかまって評価4~5で回答しました。
この映画の監督スタッフは「悪魔のいけにえ」や「Wrong Turn」系をライバル視してるんでしょうか?あのラストは「3作目作ります」って言ってるよう、、、サラも生きてるかもしれないし!
でわまた、、、、、、。

>tamoさま。

P | URL | 2009年12月08日(Tue)02:49 [EDIT]

風邪は治りました!ありがとございます。サボり癖ついた(´・ω・`)

ぴあのアンケートって何段階評価なんでしょ?10段階?
私、オチの手前までは面白かった!でもあのオチでガクーンもやもや。
てか、あの爺さんの祖父がなにか関係あるって匂わしてるけど、どんな関係だよ!
あそこまで進化するのに100万年ぐらいかかるだろうが!
なんで最初はサラを助けたのよ?もうなんか、おかし過ぎたよ…。

tamo | URL | 2009年12月08日(Tue)18:22 [EDIT]

「ぴあ」のアンケートは5段階でした。5が最高。俳優の演技はどうとか、映像、音楽、などなどと!「顔写真と感想文で掲載しても良いか?」と聞かれましたが、それはお断りしました。私はこういうの初めてでした。ジャンジャン!

>tamoさま。

P | URL | 2009年12月08日(Tue)18:53 [EDIT]

へぇえ!それは珍しい体験しましたね。こうやって調査されてるのかぁって思うと面白い!
掲載してもらえば良かったのにぃ。
5段階評価って難しいですね。オチ前までは5!オチの1分間は3!とかダメですかね。

3も作って欲しいですね

kino | URL | 2010年03月23日(Tue)20:05 [EDIT]

今回は、重々しさがなく、娯楽アクションホラーとして楽しめました。
最後のは、不要でしたよね。
なんで、付けちゃったんだろ。
感動的なサラのシーンで、かっこ良く終われば良かったのに。

>kinoさま。

P | URL | 2010年03月24日(Wed)19:21 [EDIT]

保安官のウザッタイ感じとか、面白要素もあって良かったですよね。
あのオチで3作目に繋げるんでしょうか?それにしたって、ちょっと変です。
あれさえなければ満点映画!

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ディセント2」

「ディセント」が、なかなか面白かったので、続編をば。

或る日の出来事 2010年09月30日(Thu) 06:47

ディセント2

2010年7月8日(木) 18:20~ 三軒茶屋中央劇場 料金:1300円 パンフレット:非売 ディセント2 [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)メディア: DVD 『ディセント2』公式サイト 六人だったかの女同士で洞窟探検に行ったら、地下に巣くう人間もどきに襲われ、どん...

ダイターンクラッシュ!! 2010年07月09日(Fri) 13:28

ディセント2 (The Descent: Part 2)

監督 ジョン・ハリス 主演 ショーナ・マクドナルド 2009年 イギリス映画 95分 ホラー 採点★★★ そろそろ、本格的に夏が始まりますねぇ。カブトムシの季節ですねぇ。 それはさておき、女性の強さに圧倒される日々を送っている私。まぁ、“女性が強くなってきた”んじゃ?...

Subterranean サブタレイニアン 2010年06月29日(Tue) 03:17

ディセント2

再び、サラが、アパラチア山脈の洞窟へ連れていかれてしまう、という続編。 あんなとこへ、また。(*○*;) 低予算ながらも異例のヒットを...

映画通信みるみる 2010年03月23日(Tue) 20:06

ディセント2

THE DESCENT: PART 2(2009/イギリス)【DVD】 監督:ジョン・ハリス 出演:シャウナ・マクドナルド/ナタリー・メンドーサ/クリステン・カミングス/ギャヴァン・オハーリヒー 恐怖のどん底へ転落す。 スティーブン・キングが絶賛し、この10年で最高のホラーと謳われた?...

小部屋日記 2010年03月22日(Mon) 22:52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。