猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジュード・ロウ主演SFスリラー"Repo Men" 『レポゼッション・メン』予告編

tag 動画付き SF スプラッター

 もうすっかり最近新作映画について書いてませんね。なんでかって言うとtwitterのせいだよね。予告編とか新しい企画の情報とか大体そういうのはtwitter書いてリンク張って終わりにしている。けども、ちゃんと書いておこうかなって映画もいくつかあるわけだ。そんなのを怒濤のように年末更新だよ。twitter済みのものばかりで新鮮さはないけどな。
私のtwitterアカウント⇒猫の毛玉(P_Kedama) (9割方映画関連の呟きです)
twitterアカウント登録画面⇒twitterアカウント登録 (メールアドレスがあれば誰でも簡単に作れます)

 さて、そんなわけで。年末新作映画スペシャル第一弾です。第4弾まである予定ですよ。っていうか通常の映画感想エントリはどうするんだろう。すっかり4本分溜まってるわよ。それもぼちぼち書いていくわよ。


 英国美男俳優ジュード・ロウ主演の"Repo Men"は血しぶき飛び交う人工臓器SFスリラー。何はともあれ予告編をご覧アレアレ!

"Repo Men" 予告編 

※削除されていたらコチラで⇒オフィシャルHD (youtube)


2010/3/10追記:R指定だから18歳以上の人だけ観てね。エロはないよ。
"Repo Men" ディレクターズ・カットR指定予告編


 随分と禿げ上がったよね、ジュード!いいんだよ、いいんだよ。とにかく俳優陣が渋いから超観たい!リーヴ・シュレイバーフォレスト・ウィテカーが共演ですのよ!

レポメン (新潮文庫) この映画は2009年に出版されたエリック・ガルシアの『レポメン』"The Repossession Mambo"が原作。 エリック・ガルシアと言えばニコラス・ケイジ主演のコン・ムービー『マッチスティック・メン』の原作者ですね。ということは期待が持てます!

 それとですね。タイトルからして『REPO! レポ』"Repo! The genetic opera"と似ています。『REPO!』からゴスとロック・ミュージカルとオペラの要素を差し引いたものですかね。『REPO!』は渋谷の映画館で観たんだけど、どうもDVD化の予定はないみたいです。映画館で観るべき映画だからってことで。うーん、もっかい観たいなぁ。

 あとは『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』の臓器移植エピソードも思い出しますね。あれは歌が最高でした。すごい壮大な銀河を見せておいて「ね?人間ってちっぽけですよね?だから臓器提供してちょうだい」となるあたりのブラック・ユーモアが良かったです。

 と、ジュード・ロウの新作"Repo Men" に戻りまして。近未来、人工臓器の支払いが滞った者は強制的に回収される世界。回収人(レポマン)のレミー(ジュード・ロウ)は無情な仕事を遂行していた。が、自分も追われる側になり…。というお話。

アメリカでは2010年4/23/19公開です。日本公開は未定。観れるっかな~?


※2010/1/24追記:メカニックな臓器を描いたポスター!
Check These Out: Great Series of X-Ray Posters for Repo Men


※2010/4/2追記:日本公開決定!邦題『レポゼッション・メン』、7/2~公開!
おすすめ新作 レポゼッション・メン (EIGAFAN.comより)
日本公式サイト(予定地らしくまだ白紙)

※2010/4/23追記:
『レポゼッション・メン』日本版予告編



※2010/6/16追記:オリジナル短編アニメが公開されました。



主人公はジュード・ロウが声あててます。マンボを踊るとか言ってますね。原作への目配せか。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
レポゼッション・メン

直噴型水平2気筒 | URL | 2010年07月06日(Tue)06:08 [EDIT]


ほんと、ジュードローさん。
頭のてっぺんに小島が一つ状態になってるわ。
予感はあったけど早過ぎない?
リーブ24やね、 こりゃ。


フォレスト・ウィテカーさん
ず~っと心の底の方で思ってたんですが、
笑福亭鶴瓶さんにチョイ似じゃない?




>直噴型水平2気筒さま。

P | URL | 2010年07月06日(Tue)20:36 [EDIT]

ウィテカーが鶴瓶なのは割と知られた事実です。
そういえば町山さんが『未公開映画を観るTV』で『ラスト・キング・オブ・スコットランド』でアミンを演じたウィテカーを説明するときにも「鶴瓶さんみたいな人」って言ってました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。