猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『魔法使いの弟子』"Sorcerer's Apprentice"予告編

tag 動画付き ファンタジー

 年末新作スペシャル第3弾は、ディズニーの『魔法使いの弟子』"Sorcerer's Apprentice"というダーク・ファンタジーですよ。主演は破産気味なニコラス刑事です。あ、間違えた、ニコラス・ケイジです。主演ていうか、魔法使いの方ね。タイトル・ロールの魔法使いの弟子はジェイ・バルチェル(『ヒックとドラゴン』でヒックの声を担当)。他、イタリアの宝石モニカ・ベルッチアルフレッド・モリーナなど出演。わお!観たいこれ!

『魔法使いの弟子』"Sorcerer's Apprentice"予告編


 ちょっと『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』に雰囲気似てますな。あと、小さなメタリック・ドラゴンが可愛い過ぎる!指に尻尾巻き付けるとことか!ニコラス刑事は久々にカッコイイ感じで、楽しみ!最後んとこも良いね。「あんた、イカレてんの?」と言われて指で"Little bit"(少し)ってサインするとこ面白い。

ファンタジア [DVD] さて、ディズニー映画なわけですが。元ネタはミッキーマウス主演のクラシック音楽アニメ映画『ファンタジア』(1940年)。その8つのエピソードのうち3つ目のエピソードが、デュカスの『魔法使いの弟子』の音楽にあわせたものです。あの青い三角帽子をかぶったミッキーが箒に魔法をかける9分ぐらいのショートアニメね。

 ただし、新作での魔法使いの名前はバルサザール・ブレイク。オリジナルではDisneyを逆から読んでYen Sid(イエン・シッド)だったんだけども、全く違うねぇ。設定だけ借りてきての、全く新しい映画と思った方が良さそう。

ファンタジア/2000 [DVD] 先頃胃がんの為79歳で亡くなった素敵なロイ・E・ディズニー(ウォルトの甥)が制作総指揮を務めた『ファンタジア2000』では、オリジナルから唯一『魔法使いの弟子』だけがデジタルリマスターで蘇ったのでした。

 2000の方も8つのエピソードで構成され、他の7篇は新しく制作したもの。ウォルトは『ファンタジア』を曲を差し替えて何度も上演する演奏会形式の映画として作った、ということで。でもその後新しい『ファンタジア』が作られることなく時が過ぎたわけです。ロイ爺さんはウォルトのやりたかったことを自分なりに遂げたのかなぁと思います。

 アメリカでは2010年7/16公開。日本公開は未定ですが、まあやるんじゃないかなぁ~と楽観してます2010年8月。新しい情報を掴んだらまたこのエントリに追記でもしときます。(ちょくちょく過去エントリに追記しとります)

 ついでに映像があったので貼っておくにゃ。

『ファンタジア』魔法使いの弟子エピソード



2010/4/23追記:日本版特報映像

『魔法使いの弟子』日本版予告編


2010/7/6追記:日本版予告編第2弾
『魔法使いの弟子』予告編(映画.comより)

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サイズ君 | URL | 2009年12月31日(Thu)15:49 [EDIT]

今年ももう終わりですね。
仲良くしてくれて、ありがとうございました。
来年も変わらずおつき合いいただけると嬉しいです♪

「魔使いの弟子」って本なら読んだんだけど、それとまた違うのかしら?
でも面白そう!
来年のファンタジーに期待します。

では、また来年お邪魔します(^^)/

>サイズ君さま。

P | URL | 2009年12月31日(Thu)16:45 [EDIT]

こちらこそ、いろいろありがとうございました!
新しい年もよろしくお付き合いくださいませ。
忙しそうだけど、無理せず体調第一に頑張ってね。

本はロード・ダンセイニのかなぁ?
全然違う話と思います。あれはケルトの民話調のやつでしたよね、確か。
ダンセイニの本て幻想的過ぎて、読んでいると眠くなる…。

来年はファンタジー映画目白押しですよ!楽しみです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。