猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニュージーランド・コメディ"Boy"予告編

tag 動画付き ヒューマン コメディ

 年末新作スペシャル第4弾は、ニュージーランド映画です。タイカ・ワイチチ監督(タイカ・コーエン)は名前からしてどうやらマオリの人。調べてみると、先祖はマオリとヨーロッパ系ユダヤ人だとか。ふむ。写真を見ると確かに純粋なマオリっぽくはないですな。キャリアの最初は俳優だったけど、今では俳優・コメディアン・監督・脚本・製作・画家・写真家と才能豊かに活動している。イケメンですしね。完璧超人ですか?

 この映画"Boy"は1月のサンダンスで上映される予定とか。舞台は1984年、ニュージーランドの北島にあるワイハウ・ベイ(ベイ・オブ・プレンティ)。主人公は11歳の男の子ボーイと、弟のロッキー。長いこと別れ別れになっていた父親との再会を描くもの。ボーイ達は理想のお父さん像を作り上げていたけど、現実のダメな父親と向き合うことに…。この父親を演じてるのは監督その人であります。

"Boy"予告編


 アオテアロア!白雲のたなびく地ニュージーランド!英語の発音がkiwiイングリッシュというより、マオリ・イングリッシュで懐かしいです(私1年住んでた)。kiwiというのは“ニュージーランドの”って形容詞としても使います。ニュージーランド人のことはkiwi、ニュージーランド$のことはkiwiだらー。マオリ英語の方が日本人には聞き取りやすく、マオリ語の発音はほとんどローマ字読みと一緒です。onoはオノ(数字の5)、Kerikeriはケリケリ(北の方の地名)、kumaraはクマラ(サツマイモ)といった具合。挨拶はKia ora!(キオラ)で、この言葉は白人も割と使っていましたよ。予告編でボーイが最初に言う言葉も「キオラ!」

 与太話は置いといて。マイケル・ジャクソンがすごい頻度で出てきますね!マイケルの真似をして踊るボーイが全然なってなくて可笑しい。クラスメートの着てる赤いジャケットもマイケルっぽいし。理想の男、マイケルをお父さんに重ね合わせちゃうとこが切ないね。

 ゆるいコメディ・ドラマ、良いなぁ。これ超観たいです。ニュージーランドの映画と言えば『ピアノ・レッスン』とか『バッド・テイスト』ですかね。昔渋谷で観たビリヤードの映画『スティックメン』もゆるコメで面白かったよ。ピーター・ジャクソンが有名になってからニュージーランド映画界は発展してるから、今後も楽しみにしておこう。今のとこハリウッド映画がロケ地に使ったり、WETAスタジオ(NZのILM)に仕事頼んだりが多いけど、そのうちNZ産の素敵映画がたくさん出てきて日本でも公開されれば良いなぁと思うんでした。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】
           ムーンウォーカー 【PVの すごく長いの これはそう】
           "Hot tub time machine"の予告編
           世界最速のインディアン

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
Boy 最高でした!

j_adore | URL | 2011年01月08日(Sat)15:57 [EDIT]

こんにちは。突然すみません。"boy"で検索していたら、たどり着きました。

昨年、NZへ遊びに行った時に、映画館でこの映画を見ました。以来、この映画の大ファンです。

日本でも上映しないのでしょうか。。そろそろDVDにならないかな~、と首をなが~くして、待っています。

>j_adoreさま。

P | URL | 2011年01月12日(Wed)23:25 [EDIT]

映画、観れて羨ましいです。
メジャー監督以外のニュージー映画が日本公開されることはまずないと思われます。
2002年に『STICKMEN スティックメン』というニュージー映画が確か渋谷で単館公開されて観に行きましたが、それ以降は何もないですね~、残念ながら。
せめてDVDが出てくれれば嬉しいのですが!本当に!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。