猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

IMAX-3Dで『アバター』(吹替版)を観てきたのでアレコレ

tag SF アクション ファンタジー

 今回はIMAX-3Dはやはり凄い、というお話になります。前回の『アバター』は有楽町のtoho日劇で観てきました。3D字幕版、XpanD方式(赤縁めがね)で。
・XpanD方式で観た感想、各種3D方式説明はコチラ
 ⇒アバター(3D・字幕版) 【失われた アメリカの過去 別の未来】

 で、IMAX-3Dでの上映を前提として作られた『アバター』。これは川崎109シネマズまで行くしかない。上映開始の2時間前に家を出なければいけない距離ですがね。料金は2200円で一切割引なしですがね。

 吹替版は主人公の声がなんと『プリズン・ブレイク』のマイケルでした。もう、いつプリズンをブレイクするかしらと思っちゃったわよ!台詞は自然な日本語になってなくて、なんて言うの海外ドラマ調っていうの?直訳っぽい言い回しが目立ちました。でも字幕版(戸田さん)より良かったと思う。

■チケットと観やすい座席
 3日前から【良・席・予・約】でインターネット座席予約が可能なのでオススメです。手数料はかかりません。クレジットカード払い、払い戻し不可能なので確実な予定をたててから予約すべし!あと前売券も利用できません。当日チケット売り場に並んで買うと、一番前や端っこの席しかないという事態が平日でも起こりえますので、こうしてネット予約しとけば安心です。せっかく2200円払うなら良い席で観たいよね。

 ちなみにIMAX-3Dの次回作はティム・バートンの『アリス・イン・ワンダーランド』。IMAXのある劇場の売店でIMAX専用前売券(大人2000円/小人1400円)を売っています。アリスの通常料金は2200円(小人1500円)なので200円お徳!でも落とし穴が。この前売券を使用する場合「ネットでの座席予約は一切できません」と言われました。あくまで窓口で引換!真ん中ブロックは大抵ネット予約で埋まってしまうので、これでは前過ぎる席か端っこの席でしか観れなさそうです。わし、諦めたよ。200円払うから良い席で観る。うまい話はそうそうナイ。

 さて、109シネマズ川崎にはIMAXを観るために過去2回来ています。つまり今回で3回目です。毎回ネット予約で良席確保!

 今回もネット予約でL-19/20の2席を確保。エグゼクティブ・シートのすぐ後ろ、真ん中の位置です。でもL19の席だと、チビっこい(156cm)私にはエグ・シートのごつい背もたれが邪魔でスクリーン最下部が見えない!ので、連れにL20と交換してもらった。したらちょうど目の前にはテーブルしかない状態でスッキリ!エグ・シートは通常シート2席分のスペースで1人分。リクライニングソファー&右側にテーブルが配されたリッチさ。羨ましい。
※参考⇒座席表

 そういうアレコレを考えると、IMAX-3D観るときはエグゼクティブ・シートの直前がベストかもしれんね。好みの問題もありますが、川崎ならI、H列の真ん中ブロックが良いのではないでしょうか。予約ページでいったらHかEのブロック。もちろん追加料金払ってエグ・シートで観る余裕があれば、それに越したことはないですけどね。ブルジョワめ。

■IMAX-3Dあれこれ ―復習を含めて
 IMAX-3Dと通常の3Dで何が違うのか?と訊かれることがあります。答えましょう。劇場の設計全てが違うのだと!IMAXシアターはスクリーンサイズ、アスペクト比、音響設備、映写機の全てがIMAX仕様です。スクリーンにサウンドホール(音の抜け穴)があったり、デジタル映写機を2台同時使用したり、特別のサラウンド調整をしたりします。

IMAXカメラで撮影された映像(『ダークナイト』と『トランスフォーマー2』の一部など)の場合は、70mmフィルム水平使用(アスペクト比1.43:1)の美しい高解像度映像となります。(IMAXデジタルシアターで上映する場合はこの映像をデジタル・コンバートして使います)

 IMAX-3Dの最大の特徴は、(他方式では1台で交互に右目用・左目用を映写するところを)2台の映写機を使ってそれぞれ左目用・右目用の映像を重ねて流すこと。結果、光量が多いので映像が明るく見えます。もうひとつ大きなアドバンテージは、その視野の広さと飛び出し具合の迫力。
IMAX-3Dの視野の説明図解
imax10

 写真の灰色の視野が一般的な3D映像の見え方。水色ぽいのがIMAX-3Dの見え方。映像が上下左右いっぱいに広がる様子が想像できますか?そして四角いオブジェクトが、IMAX-3Dでは目の前近くに浮かび、一般的な3Dでは遠くスクリーン側に位置しているのがわかりますか?奥行き感はXpanDとそれほど変わらない気がしましたが、飛び出し感はズバ抜けてIMAX-3Dの方が凄い。驚くべき飛び出し具合!

 3D方式は直線偏光。なのでいたって軽量です。液晶シャッター方式のXpanD(赤縁)はくそ重いものねぇ。ちなみにRealD方式(軽量サングラス・タイプ)は円偏光なのでよく似ています。円偏光(RealD)だと右回りと左回りの螺旋状偏光で分離するので、首を傾げても立体映像が崩壊しない強みがあります。一方IMAX-3Dは直線偏光なので、左右90℃違う角度の偏光で分離します。首を傾けるとたちまち映像がブレブレに!IMAX-3Dの欠点はそこだけ!首を動かしちゃダメ!目を水平に保たないとダメ!

 日本には現在IMAXデジタルシアターが4館あり、実質的にIMAXで商業映画を観られるのはこの4館のみとなります。なお、デジタルだとスクリーンサイズが劇的に小さまります。アメリカ滞在中の友人が本物のIMAX(デジタルじゃない方)を体験したそうで非常に羨ましいのです(体験記はコチラ⇒窓@New York)。

彼女によると、大画面の本物IMAX-3Dの鑑賞料金は$12、IMAXデジタル3Dは$10($11?)、通常の映画は$6ぐらいだそうです。ただし日本と違って映画館ごとに料金設定が違うので参考程度に。プラス、時間帯や曜日でも料金が違ってきます。上記料金は安い時間帯のもの。

※コメント欄でNYリンカーンスクエアの料金設定を詳しく書いてくれた方がいますのでそちらもご参考になさってください。
※参考>過去エントリ⇒日本とアメリカの3D映画鑑賞料金(2008年米国のチケット代平均は$7.18)
ざっくり言うと、通常の2Dが$5~12.5、IMAXが$5~6追加、IMAX以外の3Dが$2~4追加って感じかな。

 ちなみに本物IMAX(フィルム)とIMAXデジタルのスクリーンサイズの違いは【IMAX Tries 'Avatar,' Jedi Mind Trick to Cover Up Size Issues】の図解をご参照ください。デジタルは小さすぎてLIEMAX(ライ(嘘)マックス)と呼ばれてます。リンカーンスクエアの本物IMAXは23m×30m、エンパイア25のIMAXデジタルは8.5m×18mとのこと。ふむ。川崎のは大体このエンパイア25のスクリーンサイズっぽいけど、どうでしょう?日本のIMAXはスクリーンサイズを公表していません。こんな日本に誰がした。

■アバターをIMAX-3Dで観るべき5つの理由
簡単に言うと…

①明るい!
②色が鮮やか!
③飛び出す!
④音響が大迫力!
⑤キャメロンがIMAX-3Dで観ろと言っている!


ということになります。
 
 圧倒的な明るさ!色が綺麗!XpanDのときは暗くてわからなかった、ナヴィ族の肌の縞模様がクッキリと見える!馬様の乗騎クリーチャーもあんなに背中に縞模様があるとは!飛竜の青や緑の色の違いがあんなに個性豊かだったとは!透明感ある水の描写や飛竜たちの微妙でヴィヴィッドな色合いに心奪われます。

 飛び出し感に関しては、XpanD鑑賞時とまるで違ったので驚きました。クライマックスの戦闘シーンで、ジェイクが両手の爆弾をポイっとこちらに投げてくる場面があります。これ私、思わず避けたね。他にも何カ所か飛び出し感を意識して作られたシーンがありました。

 とはいえ、IMAXは遠いよーという方も多いでしょう。その場合はスクリーンの大きい映画館を選ぶこと。必ず3D(できれば吹替)を選ぶこと。どの3D方式での上映か気になるなら、事前に映画館のサイトなどで確認するか、劇場に直接電話で問い合わせること(参考:ワーナー・マイカル、イクスピアリは完全にRealD方式、109とtohoはほとんどXpanD方式、T-JOYはドルビー3D)。

 IMAX-3D以外の方式はどれも一長一短なので、お好みと物理的距離とお値段で決めれば良いと思います。値段も割引や前売券使用の追加料金など映画館によって違うので、その辺りも事前にネットで調べるなり映画館に電話するなりしましょう。

 絶対にダメなのは、この映画を2D(通常の上映)で観てしまうこと!3D上映で観ないと損をします。なぜかというと、『アバター』の場合はアスペクト比(縦横比)が違うからです。(勿論2D上映だと立体感がなく、3D上映だと立体感のある映像が楽しめるのは大前提)

 キャメロン監督の意向で、3D上映のアスペクト比は1.78:1、2D上映は2.35:1となっています。簡単に言うと、2D上映の『アバター』は横長画面になります。その為に映像の上下をトリミングしてあります。だから、『アバター』を2Dで観ると切り落とされた上下の映像分を観れないので損!
※ピンと来ない方は参照リンク先の画像を確認してください。
にほんブログ村 映画ブログへ

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

kino | URL | 2010年01月22日(Fri)02:21 [EDIT]

エグゼクティブ・シートといっても、はしっこの席あるんですね。
お金払って、はしっこに座りたくないや。
3Dと2Dの違いは、飛び出す飛び出さないでなく、比率の違いなんですね!
たいへん、よくわかりました。
IMAXは、製作された、ちゃんとした色で見れるというのはいいなぁ。

>kinoさま。

P | URL | 2010年01月22日(Fri)03:51 [EDIT]

>3Dと2Dの違いは、飛び出す飛び出さないでなく、比率の違いなんですね!

ちょっと誤解されるような説明だったのかしら…?
本分は補足的に修正しました。すいません。

3Dは勿論立体映像だから飛び出すし、2Dは通常の映画なので飛び出しも奥行きもありません。
その上で、今回の『アバター』はキャメロンの意向で3Dと2Dの上映時のアスペクト比が違うという意味です。
3Dで観ないと、上下がカットされてる映像ということになります。

IMAXは明るさが全然違いました!近所なら通うんですけどね~。どんどん増えると良いですね。

れん | URL | 2010年01月22日(Fri)11:54 [EDIT]

はじめまして。
ニューヨークの映画館ですが、もうちょっとお高いです。
もちろん日本よりは、お安めですけど。
お友達の行かれた映画館の場合(ウェブサイトで料金を確認できます。)、
時間帯が2つに分かれていまして、

お昼12時までに始まる回は、一律6ドル。

その後は、大人12.50ドル、子供、お年寄りは、9ドル。
IMAX料金は、入場料プラス6ドル。
一般の3D料金は、入場料プラス4ドルです。

こうして見ると、アメリカもなかなかのお値段ですねぇ。

>れんさま。

P | URL | 2010年01月22日(Fri)13:01 [EDIT]

詳しい情報ありがとうございます!

日本と違って統一料金ではないので、映画館ごとに料金が違うんですよね。
しかも時間帯や曜日で設定価格違ったりするので一概には言えないのですよねー。
リンカーンシアターはアメリカでも高い映画館てことですね。

該当箇所、修正しておきました。

またまた観たくなりました。。。

hiromi | URL | 2010年01月31日(Sun)00:42 [EDIT]

こんばんわ。
う~やっぱり109川崎体験したくなりました。
お値段でちょっと躊躇してしまって
いるのですが・・・(^^;)
でも一度行ってみないと!ですね(^^)
座席の詳細なレポートとっても参考になります(^^)

>hiromiさま。

P | URL | 2010年01月31日(Sun)02:46 [EDIT]

ですよね~。高いですよね~。
もし近くなら、3Dは一度観てみても損はないと思います。IMAXで。
3D以外は、普通のスクリーンの大きい映画館で観てもさほど変わらないですけども。
私が次に川崎遠征するのはアリス!4月まで、さよなら川崎!

IMAXって

kds | URL | 2010年03月07日(Sun)15:55 [EDIT]

IMAXってスクリーンにサウンドホール(音の抜け穴)があったなどと書いてありますが、フツーの3Dでも2Dでもサウンドホールは使用されています。
私はアリス イン ワンダーランドを見ましたが
私的な感想では、IMAXは速い動きにはとても弱い気がしました。XpanDは暗いですが速い動きにはとても強い気がしませんか?

>kdsさま。

P | URL | 2010年03月08日(Mon)02:17 [EDIT]

> IMAXってスクリーンにサウンドホール(音の抜け穴)があったなどと書いてありますが、フツーの3Dでも2Dでもサウンドホールは使用されています。

そうですかぁ。ありがとうございます。
あの圧倒的光量だからこそサウンドホールの暗くなる特性をカバーできてるんだと思っちゃいました。関係なかったんですね。

アリス、もう観に行ったんですか。ということはアメリカ在住でしょうか?もしくは業界関係者の方ですかね?
日本は4/17日公開です。たぶん5月ぐらいに観に行きます。IMAXに。

アバターしか見比べてないのでわかりませんが、私は動きの速さについては何も感じませんでした。確かに、IMAXで観たFFのCMは動きが速すぎてビヨンビヨンして見づらかったです。あれはFF側のコマ数の問題かなぁと思ってますがどうなんでしょうね?
アバター本編では動きの速い箇所もきちんと見えました。ジェイクの走る足のアップとか、動物に追いかけられて川に流されるとことかも全く問題なかったです。XpanDの方が優れているとは感じませんでした。私が気づかないだけだと思いますが、見え方の個人差もあるでしょうか?

アリスは3Dカメラで撮影したものではなく3Dコンバートしたものなので、アバターとはまた違うんじゃないかなぁとも思います。今まで観たコンバートものはRealDでしか観てないしどれもアニメなので、アリスは初めて実写で観る3Dコンバート@IMAXです。そういう意味ですごく楽しみです。コンバートでもどれだけ違和感ないのかしら?

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アバター』 大興奮!ジェームズ・キャメロン渾身の傑作は、映画館で観ないと後悔します!

『アバター / AVATAR』 にほんブログ村 (C) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved. これは、すごい! …って、ジェームズ・キャメロンの、タイタニック以来12年ぶりとなる劇場公開長編映画のことです。 こんなとてつもないものを作?...

ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー 2010年02月14日(Sun) 11:26

映画:アバター 3Dが実現する、驚異の「もうひとつ」の地球の自然世界。。。

数年前、年末に「いちおう押さえなくちゃ.....」レベルで見に行き、これは「そうとうヤバイ」とあせった「タイタニック」 それはもう12年前のこと..... その監督が、満を持して送り出す3Dアドベンチャーと言えば、「映画」あるいは「劇場」の未来を占う意味でも、早々?...

日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ 2010年01月31日(Sun) 16:58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。