猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東のエデン 劇場版 I The King of Eden 【義務遂行 正しくノブレス・オブリージュ】

tag 青春 アニメ

『東のエデン 劇場版 I The King of Eden』
2009年・日本
ノイタミナ枠アニメの劇場版、2部作の1作目。今後も救世主たらんことを。

 やあ。のんびりしてるうちに既に上映終了なわけですが。いや、これから上映始まる劇場もありますが。何にせよ3/24にDVD&BD発売予定。これは映画館で観なくて良いよ!2部作の1つ目ってことでツナギとしての存在価値しかなかったや。

 TV版を観ていないと、もちろん何のこっちゃらワカランと思います。もうこういう流れで映画作るのはやめてほしいですにゃあ。映画単体で面白いものを作れよ、と。それにひきかえ、エウレカセブンの劇場版はよく出来てたなぁと今になるとしみじみ思う。

東のエデン 劇場版I The King of Eden DVDスタンダード・エディション東のエデン 劇場版I
The King of Eden

DVDスタンダード・エディション
木村良平
早見沙織

どんな映画?


 邦画はもう、TVの延長線上のものしか作れないのか。キッズ向けアニメは名探偵コナン、クレしん、ドラえもん、プリキュア、ポケモン、ワンピース。大きなお友達向けアニメのエウレカ、グレンラガン、ヱヴァンゲリヲンそして本作『東のエデン』。実写でも踊る大捜査線(3作目が製作されますね(棒読み))、のだめカンタービレ、相棒…などなど人気TVドラマからの映画化作品の多いこと、多いこと。戦隊モノもだよね。

 そんな中でジブリだけはオリジナルなアニメを製作し続けて凄いですね。断トツのブランド力があるから、お客さん入るんですよ。あの『ホーホケキョ となりの山田くん』でさえ、客席いっぱいになってたの思い出すわ。

 そりゃ勿論、映画界にカネがないから(興行成績的に)安心感のある作品にしかOK出せないっていう事情があるんでしょう(そこはハリウッドも同じですけどね)。実写では福井晴敏や東野圭吾などの人気小説の映画化多いしね。

 映画界側の事情は置いといて。TV番組の製作について疑問なんですけど。TVドラマやアニメの制作って、昔はちゃんと採算取れてたんでしょうか。昨今では映画化して儲けるか、DVD売上げで儲けるかしないとやっていけないの?どの企業も不景気で広告費削減してるとはいえ、さ。私の中ではTV番組ってのはタダで観るもの。ビデオ(DVD)借りたり買ったりしてまで観るようなもんじゃないし、そんなの録画しとけば良いし。

 で、やっとこ本題ですよ(ここまで長い道のり)。『東のエデン』TVアニメ観てたんですよ、これ。で、その終わりか方がさ、すごい放り投げっぷりだったわけ。何も終わってないじゃん!何もわかってないじゃん!視聴者超置き去り。そんななんで気になるじゃない?だって、設定は面白かったし、映画ネタやらおたくネタやら盛り沢山で楽しいし。

 劇場版はなんと2作に分かれてて、次のやつは3月公開予定。で、この1つ目観てビックリ。終わるの早ッ!と思ったら82分しかなかった。でもってやっぱ話が何も進んでない。謎は少しだけわかってきたけど、ほとんどがTV放送終了時に味わった、あの置き去り感覚。いやね、2部作だもんね、次観ないとわかんないよね、うん。とは、思うよ。思うんだけどさ。

こんな内容だったらTVでやれよ!

ってのが素直な感想だよ☆

 音質も悪くてTVレベルというかそんな感じだし。大きなスクリーンで、大音響で観る醍醐味なんかひとつもなかった。キャラ・デザあんま好きじゃないから尚更思うんだろうけど。すべてがTVクオリティなのよね。

 これに比べたら劇場版エウレカセブンは良かったな。美麗な映像や、素敵な音楽が楽しめたし。TV版とは独立した、あれ1本で完結した話だったしね。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
小説 東のエデン (ダ・ヴィンチブックス)TV放送分のノベライズ。
小説 東のエデン (ダ・ヴィンチブックス)
神山健治
東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [DVD]TV版のDVDは全5巻。なんでアニメのDVDって高いのか。
東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [DVD]
木村良平: 早見沙織
FALLING DOWNオープニング曲はTV番と同じ。
FALLING DOWN
オアシス
エデンの東 [DVD]タイトルの元ネタは勿論これ。兄さんが列車で去るシーンが可哀想。
エデンの東 [DVD]
ジェームス・ディーン; ジュリー・ハリス
東のエデン (ちくま文庫)東のエデン (ちくま文庫)
杉浦 日向子

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

kuss | URL | 2010年02月01日(Mon)00:00 [EDIT]

「こんな内容だったらTVでやれよっ!」に大賛成です(=_=)
しかも音も映像さえもTVの方がグレード高かった。。。

TVの11話は何も分からないながら、一応ラストは「王様になる」ということで一億総人任せな日本を救いたいという心意気に納得してたんですが、この劇場版Ⅰはちょっときっついなぁ。つなぎとしてもショボイ。どうしてこんな金儲けのしかたするかなぁ。

>kussさま。

P | URL | 2010年02月01日(Mon)17:30 [EDIT]

本当にねぇガッカリ唖然でしたねぇ。
もともと1本分のものを作り込みに手間取ったからといって2本に分ける発想がお手軽過ぎる。
これは久々に怒っても良いレベルの映画でした。私は水曜に観て1000円だったからまだ良いけど、これを1800円出して観てしまった方々は哀れ。

怪しいものではありません(たぶん)

chocolat | URL | 2010年02月15日(Mon)21:16 [EDIT]

地方在住なので
特にアニメ映画は見られない作品が多くて嘆く日々。
東のエデンはTV版のストーリーに魅せられていたので、劇場版DVDの購入も考えるほどだったのですが・・・。
そういうことなら未来にCSででも見るとしましょう。
生きてたら。

>chocolatさま。

P | URL | 2010年02月15日(Mon)21:23 [EDIT]

DVDレンタルで宜しいかと…。レンタルして観る価値はありますよ、きっと。

一応、最終章も映画館まで見に行っちゃう予定の私ですが、何となくもやもやします。こんなクオリティで動員増やせると思って貰っちゃ困るような。だったら観に行かなきゃいいんですけども。連れが行きたいとのことなので、とりあえず私も。

シリアルみたい

ナドレック | URL | 2010年04月17日(Sat)14:38 [EDIT]

こんにちは。
私はとっても面白いと思いましたよ、コレ。
劇場公開に間に合わず、DVDを借りて観たのですけど。

テレビとか映画館とか、発表の場を変遷しながら続く物語は、映画単体として見るのではなく、昔のシリアル(連続活劇)のように楽しめば良いのかなと思います。
特に『東のエデン』は、もともと2クールのテレビ放映の予定を、1クール+劇場映画2本 へ変更させられたものなので、テレビだけとか映画だけを取り上げても、シリアルの1巻だけを観るようなものかと思います。
ちょっと驚くのは、劇場映画2本を公開するよりも、テレビの放映枠1クール分を確保する方がハードルが高いことですね。

ただ劇場版Iについて云えば、作画レベルが落ちていたのは残念です。

>ナドレックさま。

P | URL | 2010年04月17日(Sat)15:05 [EDIT]

Iを映画館で観ずにすんで幸いでしたね。仰るとおりに絵が全然スクリーン鑑賞に耐えられなかったです。Iの感想に書きましたが。

大体私が本文で言ったことと同じことですよね?(面白く感じたかどうかは別にして)
メディア展開して世界観をどっぷり作ったから、そこにどっぷり浸かる気持ちがないととても楽しめないものだってことで。私はTV+映画2本観て、最終的に面白さを感じませんでした。

放送枠とか映画の必要性とかは作り手側の論理なので、観る側はそこまで慮る義理はないかなぁと思います。
最近の【TVアニメやドラマ→続きは映画で】って流れに疑問を感じていることもあって、どうにもスッキリしない気持ちだけが残ってしまいました。しかもIIでカタルシスを感じられれば良かったけれど、放り投げるような終わり方で。謎が残ること自体は問題ない。でも可能性を示唆するようなエピソードは描いてくれないと困る。

もちろん、面白かった!と満足される方もいれば、私のように面白さが理解できない者もいるってことでひとつよろしくお願いします。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東のエデン 劇場版I/The King of Eden-★★★-

(C) 東のエデン製作委員会 製作年: 2009年 製作国: 日本 日本公開: 2009年11月28日 上映時間: 1時間17分 配給: アスミック・エース カラー 監督・原作・脚本: 神山健治 キャラクター原案: 羽海野チカ 音楽: 川井憲次 キャラクターデザイン: 森川聡子 キ

not simple. 2010年02月15日(Mon) 00:32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。