猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パラノーマル・アクティビティ 【退屈な 二人の生活 ひたすらに】

tag ホラー サスペンス ミステリ

『パラノーマル・アクティビティ』 PARANORMAL ACTIVITY
2007年・アメリカ
1万5千ドル(約150万円)の低予算で製作された超常現象ホラー映画。

 たった86分がこれほど長く退屈に感じたことに驚く。ある意味ホラーだよね。クチコミで広がり、全米で大ヒット、ひいてはスペイン、フランスなど世界でも大ヒット!これ以上の映画は作り出せない、なんて謳い文句に見事に騙された形となったよ。

 タイトルはそのまんま“超常現象”。パラノーマルだよ、アブノーマルじゃないよ。ドキュメンタリーっぽく作られ、語られるのだけど、フィクションだから安心するが良いよ。

 ちなみにパラマウントがハロウィン・ホラー映画シリーズとして続編を製作することが決まってます。同じくハロウィン・ホラーの『ソウ』シリーズ(ライオンズゲート製作)のケヴィン・グルタート監督を取り合いするなど泥仕合を繰り広げてました。詳しくは⇒eiga.comをどうぞ。

2010/7月追記:続編『パラノーマル・アクティビティ2』予告編出た!
コチラに貼ってあります⇒2010年6月のまとめ
パラノーマル・アクティビティ [DVD]パラノーマル・アクティビティ [DVD]
ケイティ・フェザーストーン
ミカ・スロート

どんな映画?


 撮影は10日間、監督の自宅を使って行われたとのこと。二人の俳優はそれぞれ500ドル(約5万円)の出演料だったとか。とことん低予算なのだな。残りの製作費は編集・配給に使われたと思われ。

 映画はドキュメンタリー調に進んでいく、という点で『The 4th Kind フォース・カインド』と似てはいる。でもあれは記録映像とされるものと、再現映像と、インタビューという多重構造が斬新で面白かった。よく作り込んであったし、ストーリーのメリハリもあった。

 本作の場合はほとんどが退屈なだけのダダ流し映像。腑に落ちない行動ばかりするミカ(男性)のせいで、映画の世界に入り込めない。感情移入もできない。監督はゲーム・デザイナーだそうで、なるほど、ミカはゲームでいうプレイヤーの役割に当たるわけだ。行動が理不尽でも不自然でも非合理的でも、ミカが動けば話は進む。

 悪魔だかの行動は何がしたいんだか?って感じだけど、まあ悪魔だから理由も一貫性もなくてOK。あの類は恐怖を糧にパワーを得るって言うしね。その分、対決する人間側の行動をリアルに描くべきだったんじゃないかなぁ。返す返すもミカ…。ケイティもさ、もっと早く家を出るとかするんじゃないかな、普通。

 これまた似た作品として『REC/レック』(特に2の方)なんてスペイン・ホラーがありますが。あちらの方が世界観を作り上げて、カメラを回し続ける理由も明確なので違和感なかった。本作がカメラを回す理由は弱く、寝てる間以外は単におふざけだったりイチャイチャだったりなので退屈だし、必然性のなさに苛立つんだな。

 良かった部分も書かないと。全然関係ない普段の生活部分がリアルなの。素人のビデオ映像らしい生活感のリアリズムがちゃんとあるのが凄いや。ただ、その無駄なリアリズムがかえって退屈なんだけど。言ってみればウインターボトムの『9 Songs』ぐらいリアル。あ、言い過ぎかな?あっちは本当にアレしちゃってたりして9割方エロ・リアリズム略してエロリズムですけどね。

 あと、こもった響きの音(悪魔のハミング?)の使い方は巧かったと思う。それに、定点で回り続けるカメラの視野範囲外の現象を音だけで描くのも、怖さ演出のお決まりの手法でやっぱり怖い。この使い方がワンパターンだったのが残念な感じだけど。一番効果的だったのは深夜の早回し場面!ゆらゆら揺れながらぼーっと立つケイティが怖い!あれ、真似してるよ、最近。

 1時間弱のドラマとしてなら面白くなったと思う。映画でも単館系なら、まあ納得。でもここまで全国拡大公開される映画としての質はないよ。低予算を考慮したって、ストーリー運びの無理さかげんが雑過ぎる。もっと脚本練ったら面白くなる可能性はあるので、ここは続編に期待しとくか。ん?観るのか、続編?
にほんブログ村 映画ブログへ
別エンディングの存在 ※ネタバレだな


 俳優のミカによると少なくとも53の別エンディングが撮影されたとのこと。どんだけー!それでも大きく分けると3つのシナリオを微細に変化を付けたものだというので、まあ3つあったって事で良いんじゃないでしょうか。実際公になったのは①劇場版、②映画祭で上映されたオリジナル版、③DVDに収録されたアンレイテッド版です。

 劇場版のラストはスピルバーグの助言もあって選ばれたもの。スピさんはこの映画のリメイク権を買ったけど、作るのはやめたらしい。そりゃあ、素人臭さが生活臭を醸し出しているのだけが取り柄みたいな映画をプロのスピさんがリメイクしても面白くはならんだろうね。

 オリジナル版は1階で二人が叫んだ後、ケイティだけが血のついたナイフを手に寝室に戻る。そしてベッドの横に座り込み、強硬状態に。早回しで前後に揺れながら2日ほど過ぎる。友達のアンバーが遊びに来たいと留守電を残す。家に来たアンバーは1階でミカの死体を発見。逃げ出して警察を呼ぶ。警察は寝室のケイティを発見。彼女は強硬状態から脱し、ミカのことを訊ねる。警察はナイフを放すように言うが、突然後ろのドアがバタンと閉まったのに驚き、彼女を撃ってしまう。警察がカメラに気づいたとこで終わり、というもの。

 アンレイテッド版は、やはりナイフを手に一人寝室に戻ったケイティが、カメラの前に立ち自分の喉をカッ切るというもの。うえー。うええー。

 こうしてみると、スピさんには悪いがオリジナル版が一番面白そうな気がする。散々ドアをバタンバタンやってたのが活きるしね。オープニングのサンディエゴ警察云々も活きてくる。

関連作品のようなもの
REC/レック 2 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]似てるよね。1が2007年、2が2009年製作だから無関係だけど。
REC/レック 2 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
ジョナサン・メイヨール; オスカル・サンチェス・サフラ
9 Songs [DVD]恋人達のリアルを描いた官能叙情詩的映画。
9 Songs [DVD]
キーラン・オブライエン; マルゴ・スティリー

毛玉内関連記事:The 4th Kind フォース・カインド 【アブダクション あったら恐い セレナーデ】
           ノロイ
           REC/レック2 【また潜入 前作の謎 明かしつつ】
           ダイアリー・オブ・ザ・デッド 【問われるは メディアの欺瞞と リテラシー】
           1408号室 【見えた希望 打ち砕かれて また絶望】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ケロだま | URL | 2010年02月16日(Tue)23:16 [EDIT]

低予算の映画で観たことあるのは、SAWとブレア・ウィッチ。SAWは面白くて2作目まで観たけど、ブレアはあんまし響かなかった。「素人っぽいカメラワークが恐怖感を出す」っていう触れ込みだったけど、極端に事件の核心を隠しすぎてて、???な感じだった。観て損したなあ、とおもった作品の1つ。パラノーマルも、ブレアの2番煎じな感じだするんだけど、どうだろう?予告編で観た限りでは、映画観てた女の子たちがキャーキャー言ってて恐そうだったけど、そうじゃないのね。

>ケロ様。

P | URL | 2010年02月17日(Wed)22:25 [EDIT]

映画館ではあんまり低予算もの観ないですよね。酷いのになると話の筋さえ追えない、何がしたいんだかワカランのもあります。なので、この映画の登場人物の行動の不可解さも、低予算らしいなぁとは思います。

ブレアウィッチは当時かなり斬新だったですから、それだけなんですよね。今観るときっと面白くない。POV自体が斬新だったのが、今は結構ありますもんね。ブレアは全編が暗い森って舞台が良かったです。

CMは…そんなに怖いシーンないですよ。2、3箇所怖いシーン、驚くシーンがあるので。きっとそこだけ使ったんだな、と。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「パラノーマル・アクティビティ」100万円が100億円に、夢のような映画

「パラノーマル・アクティビティ」★★☆ ケイティ・フェザーストーン,ミカ・スロート主演 オーレン・ペリ 監督、86分 、 2010年1月30日公開、2009,アメリカ,プレシディオ (原題:Paranormal Activity)                     →  ★映画のブ?...

soramove 2010年03月31日(Wed) 18:46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。