猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハート・ロッカー 【戦争は 魅惑の麻薬 狂気沙汰】

tag 戦争 アクション サスペンス

『ハート・ロッカー』 THE HURT LOCKER
2008年・アメリカ
イラクで働く米軍爆発物処理班の日々を淡々と描いた作品。

 アカデミー賞9部門にノミネートされ、作品賞、監督賞など6部門で受賞。えらく評価の高いイラク戦争映画です。2004年夏。イラクはバグダッドあたりを舞台に、アメリカ軍爆発物処理班を描いたもの。明確な反戦映画でありつつ、イラクを混乱に陥れた責任を人命救助で償っている事実を前面に押し出している。

 タイトルのハート・ロッカーは“心身が壮絶な痛みを感じる時間・場所、体がメチャメチャになるような場所”の意味。"put (send) someone in (to) the Hurt Locker"“肉体的或いは精神的に加虐する(辛い目・痛い目に遭わせる)”という意味。類義語に"a world of hurt"(痛みの世界)があり、痛みに支配される感じが想像できる。イラク従軍兵の隠語では“爆発”を指しているようです。

 観客がハート・ロッカーに送り込まれたようなもんですよ、この映画。いくつか良いところもあったけど、普通のありがちな戦争エピソードを淡々と盛り込んだ感じだったわ。あら、これはフラグかしら。ああやっぱりね、フラグ回収~ってのの繰り返し。終盤の狂気に陥った感じは切ないです。
ハート・ロッカー [DVD]ハート・ロッカー [DVD]
ジェレミー・レナー
アンソニー・マッキー

コトノハ


"The rush of battle is a potent and often lethal addiction, for war is a drug."
(戦いの熱狂は強力な、ときに死に至る中毒症だ。戦争は麻薬だから。)

 監督が参考にした戦争ジャーナリストであるクリス・ヘッジスの本『戦争の甘い誘惑 』の一節。映画は、まさにこの戦争アディクションを患った男の話。

どんな映画?
 イラク戦争映画、というより、一人の戦争中毒患者の静かなる狂気を描いた映画だと思います。ジェレミー・レナー演じる軍曹のアドレナリン・ジャンキーのような行動が理解しづらい。生きている実感、人の命を助けた実感、そして人を殺めた実感。その全てを体に受け止めて、もう戻れないほどのめり込んでいく男。

 爆発の瞬間にスローモーションでふわっと浮き上がる砂。この描写が良かったですよ。他はこれといって印象に残るようなシーンもなく、主役の軍曹に魅力を感じるでもない。実際、この軍曹は面倒臭い男なので一緒にいると混乱させられるだけだし!人物描写も極めて浅く、軍医とトラウマを抱えた技術兵のくだりは単に上辺をなぞっただけに感じてしまった。

 これだったら、湾岸戦争に従軍した若者たちを描いた『ジャーヘッド』が好きです。あちらは敵の姿の見えない砂漠の中で、ぶつけどころのないエネルギーをどう発散するか、みたいな話ですけど。緊張感のないシーンがほとんどだよ。

 それにひき替え、ハート・ロッカーは緊張感の連続。爆弾処理が仕事だから、そりゃそうか。後半は軍曹が狂い始めてオカシナ事になって哀しい。帰国してスーパーマーケットで種類豊富なシリアルを目前にして呆然とする姿は辛くなる。溢れるモノ、カラッポになる心。そしてラストは『(500)日のサマー』を思い出してしまった。コチラの場合は哀しいものだけど。戦争の熱は、麻薬。

 軍曹がありもしない悪を追いかけ一方的な正義を振りかざすエピソードがありましたが、あの相手を理解しようとせず力でねじ伏せる感じがいかにもアメリカであります。

 いまいちピリっとしない映画の中、冒頭の処理班軍曹役のガイ・ピアース、中盤のスナイパー役レイフ・ファインズが少ない出番ながら引き締めている。ああいう存在感、場を支配する役者って凄いな!主演のレナ―さんはちと弱かったように思うぞい。なんか大人気のモテ男なのらしいけどさ。

 この映画では2カ所、猫が出てくるよ!通りを横切る前肢を怪我した猫、食べ物探しているっぽい痩せこけた猫。どちらも大写しになる嬉しさ!ビグローは猫が好き?

※2010/4/4追記:
反戦の意を読み取れない方がかなり多いので、決定的な解説をリンク。
■反戦映画であることの示唆⇒「ハート・ロッカー」論atタマフルのための音楽CommentsAdd Star
(ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記)
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
戦争の甘い誘惑ビグロー監督が参考にした本。著者は戦争特派員。
戦争の甘い誘惑
クリス ヘッジズ
ジャーヘッド 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]湾岸戦争の真実を描いた秀逸な戦争映画。
ジャーヘッド 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
ジェイク・ギレンホール; ピーター・サースガード
プラトーン (特別編) [DVD]監督の元夫ジェームズ・キャメロンがイラク戦争のプラトーンになる、と言った。
プラトーン (特別編) [DVD]
トム・ベレンジャー; ウィレム・デフォー

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。

昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕方じゃんてな感じで貴重な休日をそんな風に消化いたしました ?...

ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 2011年02月25日(Fri) 22:38

「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER)

イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3...

シネマ・ワンダーランド 2010年09月14日(Tue) 02:05

映画:ハート・ロッカー

 自称映画ブログなのに、最近は全然映画を観に行っていない。観たい映画がどんどん終わってしまう中、時間を作ってハート・ロッカーを観てきました。

よしなしごと 2010年04月30日(Fri) 00:26

もっと批判されていい「ハート・ロッカー」

「彼らは数えきれない命を救う。たった一つの命をかけて」これは「ハート・ロッカー」の宣伝コピーである。随分と内向きの、まさにアメリカ人の為の言説である。このコピーがアメリ...

映画と出会う・世界が変わる 2010年04月16日(Fri) 11:01

ハート・ロッカー

 この映画のタイトルが"The hurt locker"であることは百も承知してるんですけど、油断するとつい、"ハート・アタッカー"になってしまうのであります。"heart attacker"って一体どこのERの話だヨ。劇場窓口でうっかり言っちゃうんじゃないかと、チケット買うときは冷や冷?...

キノ2 2010年04月12日(Mon) 00:08

■映画『ハート・ロッカー』

2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...

Viva La Vida! 2010年04月10日(Sat) 04:40

『ハート・ロッカー』 | イラク人の煮えたぎるような憎悪の中、ひたすら爆弾を処理し続ける米軍兵士

冒頭からいきなり爆弾処理シーン。 これが凄まじい緊張感。 爆発物処理班の米軍兵士たちは 笑顔でジョークを言い合いながら 作業を進めているというのに ピーンと張り詰めた空気感が あたりを支配している。 この、いつどこで何が爆発するかわからない とい....

23:30の雑記帳 2010年04月08日(Thu) 23:32

ハート・ロッカー

ハート・ロッカー’08:米 ◆原題:THE HURT LOCKER ◆監督: キャスリン・ビグロー「K-17」「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」◆出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース...

C'est joli~ここちいい毎日を~ 2010年04月08日(Thu) 14:21

【映画】ハート・ロッカー

▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジ?...

新!やさぐれ日記 2010年04月06日(Tue) 20:05

「ハート・ロッカー」は悪質なプロパガンダ映画である

「アバター」と「ハート・ロッカー」は共にアメリカというものを描いているが、その視点は正反対である。「アバター」が反米的であり、アメリカという国の成り立ちを極めて批判的に描いているのに対して、「ハート・ロッカー」はそうではない。むしろ現在、戦地で苦闘して...

映画と出会う・世界が変わる 2010年04月04日(Sun) 18:07

なぜアカデミー賞はペテンなのか

John Pilger 2010年2月10日Information Clearing House 一体なぜ、これほど多くの映画が実にろくでもないのだろう? 今年のアカデミー賞候補作品、プロパガンダ、紋切り型と、全くの不誠実のパレードだ。主要テーマは、ハリウッド並みに古びている。よその社会に侵略し、?...

マスコミに載らない海外記事 2010年04月02日(Fri) 15:15

★「ハート・ロッカー」

今週の平日休みの2本目。 ついこの間、オスカーの作品賞・監督賞ほか6冠に輝いた作品。 爆弾処理班の話ってことで、あまり興味がわかないけど、 話題作には目を通しておきたいミーハーな性格なので。

★☆ひらりん的映画ブログ☆★ 2010年03月31日(Wed) 01:18

ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!

【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナ?...

労組書記長社労士のブログ 2010年03月30日(Tue) 14:26

[映画『ハート・ロッカー』を観た]

☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われ...

『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 2010年03月30日(Tue) 00:26

「ハート・ロッカー」新宿武蔵野館にて鑑賞

当直明けで新宿へ回り、武蔵野館で「ハート・ロッカー」を観てきました自分的には予定の行動だったんだけど、おとといの米国アカデミー賞で最優秀作品賞をとったばかりなので、平日の昼間なのに満員でしたねぇとにかくもう、あの「アバター」を押さえて、最優秀作品賞ほか...

流れ流れて八丈島 2010年03月29日(Mon) 22:57

ハート・ロッカー

第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...

★YUKAの気ままな有閑日記★ 2010年03月29日(Mon) 18:52

ハート・ロッカー

 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描...

映画的・絵画的・音楽的 2010年03月26日(Fri) 06:11

『ハート・ロッカー』

  □作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3月...

京の昼寝~♪ 2010年03月25日(Thu) 08:33

ハート・ロッカー■大義なき戦争を描いている

この映画をどのように評価すべきか、見た感想を、どのようにまだ見ていない人にどのように伝えればいいのだろうか?冒頭から緊迫感あふれる場面である。このタッチがラストまで続くが、その緊迫感に観客として興奮したり、スリリングな感動を得るかというと、決してそうで...

映画と出会う・世界が変わる 2010年03月22日(Mon) 19:00

「ハート・ロッカー」感想

 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...

狂人ブログ ~旅立ち~ 2010年03月21日(Sun) 22:11

ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。

3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本命と?...

日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ 2010年03月20日(Sat) 20:31

「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画”

[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています?...

シネマ親父の“日々是妄言” 2010年03月19日(Fri) 01:42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。