猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コララインとボタンの魔女 3D 【側にいて 瞳の代わりに ボタン付け】

tag アニメ ファンタジー ホラー 動画付き

『コララインとボタンの魔女 3D』 CORALINE
2009年・アメリカ
ニール・ゲイマンの2002年の児童文学をこま撮りアニメ化。

 こま撮りアニメを3D撮影してます。3Dコンバートではなく、最初から3Dカメラを使ってるのね。これが相性良いんですよ!普通のアニメーションを3D化するのではなく、立体感のある人形を動かして作った映像だからこその丸みや素材感が素晴らしい。こま撮りアニメ+3D撮影には今後も期待したいと思います。これぞ素敵なマリアージュ!
コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [Blu-ray]コララインとボタンの魔女[Blu-ray]
スペシャル・エディション
キース・デヴィッド(劇団ひとり)
テリー・ハッチャー(戸田恵子)


 さて、監督は『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック。え?あれはティム・バートンじゃないかって?誤解されてる方も多いですが、あの映画の監督はヘンリー・セリック。バートンは製作と原案と共同脚本だったんでした。ナイトメアーも3D上映されていますが、あれは元々の2D映像に3D変換をかけたものだから自然な立体感とは言えませんでした。

 ついでにティム・バートンは『アダムス・ファミリー』3Dこま撮りアニメを企画中だそうです。実現すると良いなぁ!制作に2~3年はかかるだろうけど楽しみですね。

 話はコララインに戻りまして。本当はコララインの声をダコタ・ファニングがあてているのでオリジナルを観たかったのだが、吹替版しか上映してなくて残念。いやでも、3Dと美麗なアニメーションを楽しむには字幕なんか邪魔なだけだから、ビバ吹替版なんだけどさ。DVDではダコタちゃんの声を聞こうと思うよ。ダコタといえば、新作映画"The Runaways"でロック歌ってましてこれが予想を超えて素敵だったわけで、このPVを観て欲しい。

Runaways "Cherry Bomb" by Dakota Fanning

コトノハ


「そうだ!カブを食べなさい!」

 2階に住む変人おじさんボビンスキーさんが、唐突にコララインにカブを手渡します。もうこの人、面白過ぎる!確かに変人なんだけど、良い人なんだよ。考えてみれば、周りにはこういうちょっと変わってるけど良い人って結構いるよね。

どんな映画?
 前書きに本編と関係ないことばかり書いてしまったのでゴメンナサイ。こっから真面目にコラライン!コララインは11歳の女の子。引越してきたばかりで、まだ友達もいない。両親は忙しくて相手にしてくれない。あと、私、左利きなの。

 話は単純で、寂しい少女がふとしたきっかけから異世界に迷い込むんです。そこは現実と似ているけど、もっと刺激的で私に優しい世界。ママは料理をしてくれて私にかまってくれる。パパは面白くて楽しいし、近所のワイボーンは変なことを言わないように口が縫い閉じられてる。でもみんな目がボタンなの。私の目もボタンにされそう…。

 ボタンの目といえば『こま撮りえいが こまねこ』のこまちゃんが作る猫型人形もボタン目です。目をボタンにするということは、縫いぐるみのように所有物(おもちゃ)にするって意味かな、と。あと、魂の宿る目を奪うことでやはり人ではなくモノにするってこととも考えられます。

 コララインは家の中にあった小さな扉を潜って異世界に行きますが、こういう設定は昔からある定番。タンス戸の向こうが異世界の『ナルニア国物語』『不思議の国のアリス』『オズの魔法使い』、ジブリで言ったら『猫の恩返し』『千と千尋の神隠し』など。少女が異世界に迷い込み、冒険をして、現実を肯定的に受け止められるように変わる王道ファンタジー。特にアリスへのオマージュは目に付いたよ。コララインはネズミを追いかけて扉の中に入るけど、アリスでは白ウサギを追いかけて穴に落ちる。コララインの側に神出鬼没な黒猫がいるのも、アリスでいうチェシャ猫だろうね。魔女(アリスだと女王)も共通項か。魔女って可哀想だよね。

 何と言っても素晴らしいのはこのビジュアル!不気味でダークでグロ可愛い。トンボや鶏の形のヘアピン、カマキリ型の写真立てとトラクター、亀の甲羅、イカの縫いぐるみ、トンボ型のモービルみたいの、鶏産卵ポップコーン・マシン、テリアの剥製とユニークで奇妙な小物が盛り沢山。トビネズミのサーカスは文句なしに可愛い!あと、掴もうぜ!ドラゴンボール!の一星球(イーシンチュウ)が出てきたよ。

 コララインが異世界を歩くうちに真っ白い場所に出るシーンがまた美しい。ボロボロとブロックが崩れていくようなデジタルな表現、それまでのごちゃっとした世界ががらりと変わる感じは素敵でした。

 3D的には手前のモノがちゃんとぼけてて、自然な見え方が意識されてた。あと扉を潜るときの入っていく感じはまさに3D映像の楽しさ。今回はRealD方式で観たけど、動きが早いシーンだと映像がブレブレだったのが残念。コララインが3人ぐらいに見えちゃったよ(´・ω・`)。

 そういえばコララインを観たとき、ミュージカル映画『NINE』の予告編の次に麻人形アニメ『9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~』の予告編が流れた!この後に『第9地区』が流れたら完璧だったのに!

《自分メモ》
・パラマウントの3Dロゴがカッコイイ!山が立体!
・桜の花はポップコーンをピンク色にしたもの。
・原作にはワイボーンが出てこない。映画オリジナル・キャラ。
・老女優二人の空中ブランコのシーンはハムレットの台詞。
・二人が昔出ていた舞台の写真には"Julius Sees Her"(ユリウス・シーザーJulius Caesarの捩り)"King Leer"(リア王King Learの捩り。leerは流し目の意味)の演目。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
コララインとボタンの魔女 (角川文庫)原作小説。映画化されたので新装再版!
コララインとボタンの魔女 (角川文庫)
ニール・ゲイマン
Coraline: A Visual Companionフルカラー240㌻(英語)、写真・イラストてんこ盛りのメイキング。
Coraline: A Visual Companion
Stephen Jones; Neil Gaiman
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]ヘンリー・セリック監督の傑作。こちらはダークなミュージカル調。
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]
ダニー・エルフマン; クリス・サランドン

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サイズ君 | URL | 2010年03月28日(Sun)15:32 [EDIT]

こんにちは!
これ、原作読んだよ。結構前に読んでいたので、「読んでいた本とタイトルが似ているなぁ・・・」なんて一人ボケしてしまったよ(^_^;)
ファンタジー作品の映画化コケまくっている中で、この作品は面白そうですね。
自分が読んでいた本が映画化されるのは、なんだか先取りした感じで、見るのが楽しみです♪

>サイズ君様。

P | URL | 2010年03月30日(Tue)15:55 [EDIT]

原作読んだのかー!
私は読んでないので、読んだひとの観た感想聞きたいです。
映画オリジナルキャラだ出てきたりして違いもあるでしょうが、ビジュアルの素敵さは素晴らしいよ。
お話はなんてことない、アリス的なものなのよね。でも魔女可哀想。

サイズ君 | URL | 2010年04月11日(Sun)09:51 [EDIT]

原作を読んだのは、結構前なのでうろ覚えかも・・・
見たら思い出すかなぁ(^_^;)
それでも良ければ、見たときに感想コメントさせてください。忘れた頃になりそうだけど(;´д`)トホホ…
映像の特集はNHKのニュースのワンコーナーで見て、良いなぁって思ってた。日本人が先頭に立って映像作成に携わっているのも「がんばれ!日本!」的で嬉しくなりました。

>サイズ君さま。

P | URL | 2010年04月12日(Mon)21:14 [EDIT]

さっき勘違いして返信しちゃったので、お詫びします!
(コメントがどのエントリに付けられてるのかがわかりづらい管理画面なので、時々やらかす)

いつになっても感想はききたいです!ブログの新着は絶対チェックしてるので、忘れた頃で構いませんとも!
本当に映像が素晴らしくて、独特な世界を作っていました。
DVDで観ると3D効果がないのが残念だけど、3D抜きにしても映像は楽しめると思います。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「コララインとボタンの魔女」

黒猫たんが活躍!

或る日の出来事 2011年05月03日(Tue) 10:18

コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女 / CORALINE 2009年 アメリカ映画 監督・製作・脚本:ヘンリー・セリック 製作:ビル・メカニック クレア・ジェニングス メアリー・サンデル 原作:ニール・ゲイ...

RISING STEEL 2011年01月14日(Fri) 22:39

【映画】コララインとボタンの魔女…とほぼ関係無いバトンの話

本日から夜勤の私ですが、今週って間に休みを挟んでいるから、すぐに終わっちゃうんだね 割と楽に過ごせそうでホッとしているところです…まぁあくまでも多分楽だろうという段階ですが…。 ...

ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 2010年11月01日(Mon) 09:07

コララインとボタンの魔女

この作品、気になってました。 アカデミー賞にもノミネートされてましたね。(^^)v 「目をボタンにする」というのが怖い感じ。 怖い映画は苦手ですが、 もし怖い映画でも、アニメなら大丈夫かも。f(^^;) 両親とともにピンク色の築150年と言う、 古いアパートに引?...

映画、言いたい放題! 2010年08月28日(Sat) 01:29

コララインとボタンの魔女

1コマごとに人形やセットを動かしながら撮影するストップモーションアニメということで気になっていました~3D吹き替えで鑑賞です―【story】コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しくてちっとも自分にかまってくれず不満に思っていた。コララ...

★YUKAの気ままな有閑日記★ 2010年03月20日(Sat) 22:23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。