猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新しい人生のはじめかた 【秋深き この地を歩き 希望燃ゆ】

tag 恋愛映画 ヒューマン 動画付き

『新しい人生のはじめかた』 LAST CHANCE HARVEY
2008年・アメリカ
熟年ロマンス×英米文化。

 原題は“ハーヴェイ最後のチャンス”。人生なにもかも、あとがない感じのハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)が、娘の結婚式に参加するために英国旅行。ロンドンで出会ったケイト(エマ・トンプソン)と話すうちに元気をもらう話。

 この二人の役者だからこそ、素敵な映画になったんだと思います。多くを語らずとも歴史が透けて見えるような演技だから。これ、へたな役者がやったら薄っぺらい恋愛映画にしかならないよ。
新しい人生のはじめかた [DVD]新しい人生のはじめかた [DVD]
ダスティン・ホフマン
エマ・トンプソン

コトノハ


"Shall we walk?"
(歩こうか?)

 少し寒そうな秋のロンドンを二人で散歩しながらアレコレお喋り。こういうデートが楽しいものなら、それは恋に落ちたってこと。背の高いケイトが僅かに身を屈めながら、ハーヴェイといかにも楽しそうに会話する様子はこちらまで笑顔になる!

どんな映画?
 ハーヴェイとケイト、それぞれの生活が交互に描かれる序盤。そんな二人が重なったときに起こるじわじわとした化学反応。旅先の大胆さも手伝って積極的に関わろうとするハーヴェイ、自分を気にかけてくれる男性の存在に満更でもないケイト。きっかけは些細で、ときめきなんか無関係だったけども。次第に相手を知ることで穏やかに惹かれていく。

 二人の生活の背景や過去についてはあまり詳らかにされず、観てる側が想像で補うよりない。ケイトが人の輪に入っていけなかったり、全てを諦めてしまってるのは何故なんだろう。それを描かないことによって、より彼女の積年の孤独さが際立ってくる。並の女優が演じたら薄っぺらくなるところをトンプソンは皺と瞳と佇まいとでケイトに深みを与えている。

 ハーヴェイが何もかも無くしてから気づくのは、喜びも人と分かち合ってこそ、という真実。離婚以来、どうやら孤独に仕事に没頭してきたっぽい。でも仕事も会社も、家族とは違う。自分が不要になれば、ぽいっと捨てられるぐらいの関係。もう一度、家族を持って共に全てを分かち合えたら、今度こそ自分勝手は引っ込めるのに。そんな気持ちが感じられた。

 ホフマンもトンプソンも存在そのものがメロドラマになってしまいそうなところを演出のあっさり感でうまく抑えているよ。だから変に泣かせに入ったり、変にロマンチック過ぎたりはしない。こういう爽やかさは、熟年ロマンスに大事な点じゃないかと思う。メロドラマはメロドラマで好きだけどさ。

 あと、ケイトの母親のエピソードが楽しかったです。ラストでウフフって笑える仕掛け。主役だけでなく、脇のキャラクターもイキイキ描かれているのよ、全体的に。特にハーヴェイの娘スーザン(リアーヌ・バラバン)は、本当良い子でねぇ。きっと父親に構って貰えなくて寂しかっただろうにねぇ。

 ハーヴェイがピアノ弾き(CM作曲家)な設定なのもあって、ピアノ曲のスコアが心地よい。あたしゃロックやメタルも好きだけどピアノ曲も大好きさ。情感のこもりすぎないメロディが心を軽やかにしっとり包んでくれます。

 エンディングの曲も素敵でしたよ。ちょっと懐かしいポップ・サウンド。軽やかなドラムがビートルズっぽい。ちなみに女性ボーカル。

"Where Do We Go" / Sandrine


にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
主人公は僕だった コレクターズ・エディション [DVD]ホフマン&トンプソンが共演した2006年のコメディ。
主人公は僕だった コレクターズ・エディション [DVD]
ウィル・フェレル; エマ・トンプソン
Dark Fades into the Lightエンディング曲"Where do we go"収録のアルバム
Dark Fades into the Light
Sandrine
Last Chance Harvey [Original Motion Picture Score]映画のサントラ。ピアノのスコアを楽しみたい!
Last Chance Harvey [Original Motion Picture Score]
Dickon Hinchliffe

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
承認待ちコメント

| | 2013年09月28日(Sat)02:04 [EDIT]

このコメントは管理者の承認待ちです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。