猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010年3月のまとめ

 あら?よく見たら3月分忘れてたよ?ってわけで後日このエントリは3月末の場所に移動すること(自分メモ)。書いている今は既に4/12です(´・ω・`)せっかく続けてきたので遅くなっても書いとこう。3月が終わると1年の1/4が終わった計算ですよ、皆様!そう言われると焦るよね!

 3月によく閲覧されたページは、まだまだ『アバター』関連強しとはいえ、日本公開の決まった新作情報や、日本公開未定の新作情報でした。

 私はなんかゾンビが熱い!と思う今日この頃お元気ですか。ロメロの新ゾンビ映画『サバイバル・オブ・ザ・デッド』日本公開はすぐそこだしさ。映画化の企画もあるゾンビ戦記『World War Z』の邦訳が4/10に出版されたしさ。原書持ってるのにもかかわらず、邦訳版も買ってしまいましたので絶賛読み中です!分厚いけど、とても硬派でヒューマニズムあふれる面白さ。ロメロへの愛もしっかり感じます。

 さて。3月に書いたエントリの中からオススメ映画を抜き出しんこ!イーストウッド監督のマンデラさん伝記映画『インビクタス/負けざる者たち』は爽快でした。マンデラさんの功績はとても映画1本でおさまるようなものではないのに、象徴的なひとつのイベントを軸に切り出したのが巧かったなぁーと思いました。

 ヒューマン系ではやはり人種差別をテーマとした『しあわせの隠れ場所』がじんわり良かった!とても個人的な、ひとつの実話として。その家族の勇気と覚悟は、なかなかできることじゃないもの。たとえリッチだったとしてもね。

 コメディでは強烈なゲイ・ムービー『フィリップ、きみを愛してる!』のジム・キャリー×ユアン・マクレガーが!とにかく楽しくてちょっとじんわりくる仰天の実話ベース。この映画、アメリカでは公開予定がのびのびで目処が立たなくなってしまったお。当初3/26公開予定が4/30に延期され、今ではそれも延期されていつ公開されるともわからない状態!不遇!
※追記:7/30~公開に決まった様子!

 アニメでは3Dカメラでこま撮り撮影して作られた『コララインとボタンの魔女 3D』の映像が素晴らしかった!こま撮りアニメと3D撮影は素敵なマリアージュ!

 あと、韓流吸血鬼もの『渇き』も凄みがあった。そして可笑しみもあったし哀しみもあった。血みどろが大丈夫な方は観てみたら良いですよ。

 3月のまとめ。すっかり劇場鑑賞分の感想しか書いてません。

新作映画13本、旧作映画1本(リバイバル上映2本立て)。合わせて14エントリでした。
にほんブログ村 映画ブログへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。