猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バンテージ・ポイント

tag サスペンス

『バンテージ・ポイント』 Vantage Point
2008年・アメリカ
大統領銃撃事件を8つの視点から捉える90分のサスペンス。

観てからだいぶ経ってしまったんだけど、これは面白かったから書いておくよ。
最初は報道側からの視点で事件を目撃する。
これは観客である私たちにアラマシを見せるのに、客観的であり(ということになってる)少し離れた立場からの視点ということで都合が良い。
加えて撮影した映像に何か手がかりが映っているかもしれない、ということでそこから話が膨らむ。

原題の意味は、視点。まんまですな。
バンテージ・ポイント コレクターズ・エディションバンテージ・ポイント
コレクターズ・エディション

(2008/08/20)
デニス・クエイド
マシュー・フォックス

どんな映画?


同じ時間、正午の鐘の音を私たちは何度も聞くことになる。
ひとつの視点から次の人の視点にバトンタッチする際に時間が巻き戻るわけだ。
なので私は3回目で飽きてきた。
あ~もう~どうなの、これ?
て思いながら観てたら、今までよりも時間が先に進んで新展開があった。
したら面白くなってきた!
だから途中つまらなくなってもグっと我慢なのです。

大統領本人の視点の回には、また新たな事実が明かされて、
ここから最後までノンストップで面白い!

だいたい3順観ると、誰が何をしてるのかが理解できて先が読めますが。
それでも嬉しい予想外のこととかあって楽しめる。

突っ込みどころ?
そりゃありますよ。
エンリケタンとシークレットサービスのデニス・クエイドが不死身すぐる。
えー! 生きてるのー?みたいな。
エンリケタン車に轢かれてますけど颯爽と走ってます。

あとアレ。
無情なテロリストが子供に甘い。

今日の毛玉
短い映画なので、ささっとスリルとサスペンスを楽しみたい人向け。
演出の新しさを味わいたい人にも。
時間軸を弄くった演出といえば『アレックス』や『メメント』が思い浮かぶけれど、
あそこまで衝撃的ではないよ。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
バンテージ・ポイントノベライズ版。文庫本。
バンテージ・ポイント
バリー・レヴィー
メメント10分しか記憶のもたない男の映画。後味の悪さが良い。
メメント
ガイ・ピアース
アレックス時間がどんどん遡って行く映画。
アレックス
モニカ・ベルッチ
バンテリン1.0%クリーミィーゲル 60gバンテリン1.0%クリーミィーゲル 60g

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。