猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遺伝子操作ホラー"Splice"予告編

tag 動画付き ホラー SF

 先般のサンダンス映画祭で好評を博したヴィンチェンゾ・ナタリのホラー映画"Splice"がアメリカで今年6/4から公開されます。ダーク・キャッスル・エンタテイメントがお買い上げし、ワーナー・ブラザーズが広告宣伝&米国内配給するもの。日本公開の話は全然聞こえてきませんけど、きっとあるんじゃないかと期待してます。

 ナタリ監督といえば真っ先に思い浮かぶのが1997年の『CUBE』です。オリジナルの。一世を風靡したといっても過言ではないシチュエーション・スリラーでした。

 今回の"Splice"はヒトと動物の遺伝子接合によって生まれたクリーチャーを巡るホラーのようです。spliceは接ぎ木みたいなイメージの接合を意味し、遺伝子を接合するという意味の動詞でもあります。

 主演はエイドリアン・ブロディ(『戦場のピアニスト』『ダージリン急行』など)とサラ・ポーリー(『ドーン・オブ・ザ・デッド』『死ぬまでにしたい10のこと』など)の実力派二人。では早速予告編どぞ。

"Splice"予告編 第1弾


"What was that?" (あれは何?)
"A mistake." (過ちだ。)
"I'm not gonna hurt you." (傷つけたりしないわ。)
"We crossed the line." (一線を越えてしまった。)
1:16あたりがキモいっす・゚・(ノД`;)・゚・

もういっちょ、最新の予告編をどぞ。

"Splice"予告編 第2弾


( ゚д゚ )し、しっぽー!

面白そうですよね!サラ・ポーリーの役には母性を感じます。


※2010/5/8追記:英国版予告編出ました。
"Splice" (Empire Online.com)

※2010/5/19追記:ポスター出ました!
Another Awesome Official Poster for Vincenzo Natali's Splice (FirstShowing.net)

 あと、インターナショナル予告編。ていうか上の英国版と同じだ。


 1:15あたりから明らかに羽はえて飛んでますけど…。あと、そのあと猫抱えて走ってるのはなんだろね?捕食してるの?予告でこんなに見せていいのー?

※2010/6/2追記:ロシア版ポスター出ました!
Try Not to Get Turned On By the New Russian Splice Poster. Seriously
お、おっぱい!


2010/10/8追記:日本公開は2011/1/8~予定となってます。
配給はクロックワークス。邦題は『スプライス』
『スプライス』 (allcinemaより)

2010/12/3追記:日本公式サイトがオープンしてた。日本版予告編も観れるよ。
 それと、公開日は2011/1/8~で大丈夫!東京では新宿バルト9のみで上映。ほか全国での上映館は公式サイトごを参照ください。あらら、なんか地味ねえ。もっと宣伝して欲しいわ!
『スプライス』日本公式サイト
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。