猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミリオンダラー・ベイビー

tag ヒューマン スポーツ

『ミリオンダラー・ベイビー』 Million Dollar Baby
2004年・アメリカ

監督、クリント・イーストウッドが好きだ。
彼はまた、無類のJazz好きとしても知られ、映画中にも印象的にJazzを流している。

『スペース カウボーイ』 Space cowboys では、ラストで流れる“Fly me to the Moon”が印象的で、美しい宇宙にじんわりした。
『ミスティック・リバー』Mystic River では、どうにもならないヤリキレナサに涙した。

そして、これがイーストウッドの最新作がだった。
ミリオンダラー・ベイビーミリオンダラー・ベイビー
(2005/10/28)
クリント・イーストウッド,
ヒラリー・スワンク

どんな映画?


ボクシングの話ではあるが、ボクシングは単なるツールであって、
映画の根底に流れているのは「絆 きずな」

老いたボクシングジムのオーナー(イーストウッド演じるフランキー)の、実の娘との切れそうな絆、
元ボクサー(モーガン・フリーマン演じるスクラップ)との長く葛藤を抱えた絆。

フランキーは、ボクサー志望の女性(ヒラリー・スワンク演じるマギー)と出会い、彼女との絆を紡いでいく。
それは、擬似家族のよう。
お互いがヒトリボッチで、ボクシングを通して触れるこの関係だけが、もはや唯一の暖かいもの。
お互いに、家族よりも強い絆で結ばれていく。家族って何だ。

この映画について、語るべきことはたくさんある。
しかしながら、ただ、こう言うことしかできない。

彼は、全身全霊をかけて、何もかも、己さえ捨ててまで、彼女を大切にした。

ただ、観てほしい。他のヒトの評論なんか読まずに。
イーストウッドは淡々とした語り口で、皮肉たっぷりに、人生の本質を描く。
いつものやり方だ。
受け取り方は観客次第とでも言うように作られた、心抉られる映画に、思う存分泣くがいい。

今日の毛玉
生きるってなんだろう、死ぬってなんだろうって気分のときに。
家族とうまくいってなかったり、疎遠になっている人にも。
ただ、ボクシング好きには耐えられない描写もありましょう。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
スペース カウボーイ 特別版お爺ちゃん、宇宙に行く。な映画。
スペース カウボーイ 特別版
クリント・イーストウッド
Fly Me to the Moonシナトラの歌x宇宙、という組合せはすごかった。これはCD。
Fly Me to the Moon
Frank Sinatra
ミスティック・リバーイーストウッド監督の映画。このやりきれなさは一体…。
ミスティック・リバー
ショーン・ペン
ボーイズ・ドント・クライスワンクというとこの映画の印象が強すぎる。
ボーイズ・ドント・クライ
ヒラリー・スワンク,クロエ・セヴィニー
ミリオンダラー・ホテルミリオンダラーつながりの映画。
ミリオンダラー・ホテル
ジェレミー・ディヴィス
きむらゆういちの「ミリオンセラーのつくり方」―売れるものと売れないものとの差はほんのちょっとの違いだ「ミリオンセラーのつくり方」―売れるものと売れないものとの差はほんのちょっとの違いだ
(2006/07)
木村 裕一

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2014年07月12日(Sat) 13:36

ミリオンダラー・ベイビー/Million Dollar Baby(映画/DVD)

[ミリオンダラーベイビー] ブログ村キーワードミリオンダラー・ベイビー(原題:Million Dollar Baby)キャッチコピー:愛を、教えて。製作国:アメリカ製作年:2004年配給:ムービーアイ、松...

映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評 2010年02月08日(Mon) 01:20

【ミリオンダラー・ベイビー】KOされるのは私たち自身

ミリオンダラー・ベイビー~Million Dollar Baby~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワン...

映画@見取り八段 2009年09月25日(Fri) 21:27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。