猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

プレシャス 【どん底の 底の底には 何がある?】

tag ヒューマン

『プレシャス』 PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE
2009年・アメリカ
ニューヨークでソーシャルワーカーや教師をした詩人サファイアの'96年の小説が原作。

 貧しく学もない16歳の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)が、辛い人生にささやかな幸せを感じながら生きていく。どう生きたら良いのかもわからない。家庭での虐待にも耐え、あまり悲観せずに現状を受け止めているが…。

 原題が不必要に超長いんじゃないの?と思ったら当初は単に原作小説と同じ"Push"ってタイトルだったそうな。でもその時『PUSH 光と闇の能力者』(原題"Push")が同年公開だったため、主人公の名前である"Precious"に変更。ところがこれまた"Precious"なるタイトルで製作中のものがあると発覚。そんなアレコレの後こうなったのだそうな。

 また、映画の中で主人公プレシャスを励ましてくれる教師の名前がブルー・レイン。サファイア(原作著者名)は青い宝石、先生の名前はブルーで青。Push by sapphireはブルー・レイン先生によって背中を押された(勇気づけられた)という意味もあるとか。

 マライア・キャリーがソーシャル・ワーカー役で、レニー・クラヴィッツが看護士役で脇を固めてそれぞれに印象深い。
プレシャス [DVD]プレシャス [DVD]
ガボレイ・シディベ
モニーク

どんな映画?


 1987年、ハーレムが舞台。16歳の少女クレアリース・プレシャス・ジョーンズは太った黒人の女の子。二人目の子を妊娠中で、まだ中学校に通っている。文字の読み書きも出来ない。家でも、学校でも、孤独。でもプレシャスは毎日ささやかな幸せを大事にし、耐えられなくなると心を閉ざして煌びやかな妄想の世界に逃げこむ。

 これは現代の『カラーパープル』であり、とことん悲惨な主人公が、光のような女性と出会うことで自分を取り戻していく物語。『カラーパープル』では夫の愛人がその女性だったけど、本作はフリースクールの教師ブルー・レイン(ポーラ・パットン)。先生、素敵です。

 本当ね、救いのない物語というか、あんまり酷いじゃないのよさ!と呆然とした。のっけから重すぎて!煌びやかな妄想シーンが、楽しげな音楽にもかかわらずカラカラと哀しくてさ。何これ悲しい。楽しそうな妄想の中のプレシャスが痛々しくて観てられないお。(´・ω・`)母の口から彼女の過去が明かされる終盤は、えー!って何かもう愕然。ドン引き。そりゃねえよ!

 過酷な人生でも日々小さな幸せに感謝し、レイン先生と出会って学を身につけて、しっかり2人の幼い子供達と共に生きていこうとする前向きさが素晴らしいです。とはいえ、暗雲は晴れず。追い打ちとさえ呼べる運命も受け容れていくわけですが。・゚・(ノД`;)・゚・

 家庭での虐待についてはまんま『カラーパープル』や『サイダーハウス・ルール』のローズ親子を思い出したりして、これって結構蔓延してるのかしらね。でも一番驚いたのが、母親(モニーク)の仕打ち。常時辛く当たって、ラップを吟ずるが如く罵るのはまだわかる。自慰行為まで手伝わせるってのが…考えられない!そりゃねえよ!ねえったらねえよ!アレさえなきゃ、母親の人生も辛いモノだからなぁって思えたんだけど。

 ソーシャルワーカー役のマライアが、プレシャスに「あなたは何色?黒人の血が入ってるの?それともスパニッシュ?」と聞かれます。マライアは「あなたにはどう見える?」と言うだけ。これはマライア本人が混血なことと相まって重たく感じました。

マライアの父はベネズエラ系の黒人、オペラ歌手でもある母はアイルランド系の白人。白人社会にも黒人社会にも入っていけない、そんな状況だって相当辛いものだろう。映画では実際、1年経っても黒人であるプレシャスに親近感を持ってもらえてない。別世界の人と目されている。これだって人種差別なんだよね。

 そんな辛い映画の中、プレシャスん家では2匹の猫を飼っています。ガンガン映り込む猫の可愛さについ笑顔になってしまったよ。いや、ちゃんと楽しそうなプレシャスの姿も見れて、辛いだけの映画じゃないですけども。悲観せずに前向きに今ある人生を強く生きる姿にはポっと希望を感じました。クソみたいな世の中でも、生きていくことは美しいと。愛は生きる理由だから。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
プレシャス (河出文庫)原作本。原題は"Push"ですが、映画に合わせた様子。
プレシャス (河出文庫)
サファイア
カラーパープル [DVD]こちらも醜い黒人女性の辛い人生。心が解放されていく様に感動。
カラーパープル [DVD]
ダニー・グローバー; ウーピー・ゴールドバーグ
サイダーハウス・ルール [DVD]メインではないけど、りんご園で働く黒人親子のエピソードが辛い。
サイダーハウス・ルール [DVD]
トビー・マグワイア; シャーリーズ・セロン
変態愛 インセクト [DVD]“インセクトとインセスト”のくだりでこの映画思い出した。
変態愛 インセクト [DVD]
パッツィ・ケンジット; マーク・ライランス
Precious (プレシャス) 2010年 06月号 [雑誌]Precious (プレシャス) 2010年 06月号 [雑誌]

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画】プレシャス…マライアの話でもしとけば無難なのでしょうが…

先日2010年12月5日(日曜日)の事… 当日のブログにも書きましたが、その日は夕方までほとんど何もしていなかったのですが、夕方から近所の家電量販店に出かけました で、買ってきましたよ… 発馬されたばかりの国産スマートフォン… 「LYNX 3D SH-03C」 色は白。残念な...

ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 2011年03月16日(Wed) 04:07

映画『プレシャス』を観て~アカデミー賞受...

10-28.プレシャス■原題:Precious■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:109分■鑑賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円スタッフ・キャスト(役名)...

KINTYRE’SDIARY 2011年02月10日(Thu) 23:01

『プレシャス』('09)

社会の底辺、人生の底辺、いや、ドン底にもほどがあるだろうと、ガツンドカンとやられる。 とりあえずおおまかなあらすじは↓な感じです。 <あらすじ> 実父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャ?...

国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ 2010年12月08日(Wed) 19:02

mini review 10504「プレシャス」★★★★★★★☆☆☆

ハーレムを舞台に、過酷な運命を生きる16歳のアフリカ系アメリカ人少女、クレアリース“プレシャス”ジョーンズの人生を描く人間ドラマ。サンダンス映画祭でグランプリを受賞したほか、各映画賞...

サーカスな日々 2010年11月22日(Mon) 10:23

レビュー:プレシャス

『アメリカ貧困家庭が抱える問題の根源とは?』 / (結末に関する言及あり!)ニューヨークのハーレム、母子ふたり、父親はとうに家を出てしまっている貧しい家庭で暮らす16歳の少女の過酷な人生。そんな中でも彼女が未来に向かって歩きだしていく姿を力強く描いた作品で...

INTRO 2010年06月20日(Sun) 11:03

映画:プレシャス Precious アカデミー作品賞、音楽賞じゃないのは全く謎!

圧倒されっぱなしの 104分間。 アカデミー賞が、あくまでお祭りという認識はあるが、それにしても「ハートロッカー」vs「アバター」なんていう図式が吹き飛んでしまう! 少なくともこの映画を観た後では。。。 第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演女優賞、助?...

日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ 2010年05月18日(Tue) 22:48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。