猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レギオン 【この愛を 受けるに足るか 人の子ら】

tag アクション ホラー パニック

『レギオン』 LEGION
2010年・アメリカ
視覚効果で経験を積んだスコット・スチュワートが初監督。

 現代版黙示録ですよ。アポカリプスー!且つ、新しいジーザス・クライスト誕生の話でもあるよ。でもまあ、なーんにも考えずにアクションを楽しむのが吉ですわ。それとこの変てこな世界観と不気味な雰囲気を楽しめば良いよ。深く考えちゃダメだってば。

 レギオンとは軍団のこと。新訳聖書では人間に乗り移った悪霊が「レギオン」と名乗る。一個体としての悪霊ではなく、たくさんの悪霊の集まり(軍団)だからそう名乗ったという。この映画で人間に乗り移るのはなんと天使達ですけども。天使に憑依された人間の軍団が襲いかかるよ!
レギオン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]レギオン[Blu-ray]
ブルーレイ&DVDセット
デニス・クエイド
ルーカス・ブラック
タイリース・ギブソン

どんな映画?


 舞台はモハベ砂漠の寂れたダイナー“パラダイス・フォールス” Paradise Falls (楽園滝/堕ちた楽園)。奴隷商人の町のことじゃないよ。カール爺さんが行く秘境でもないよ。天の上の誰かさんが「もう人類いらねーや。やってこい!」と言ったから、今日は人類駆逐デー。そんなわけで神の遣わした天使(に憑依された人間)の軍団と、ダイナーの人々との戦争が始まった。

 え?なんでこのしけたダイナーだけが特別なのかって?それは未だ産まれぬメシヤがいなさるからじゃよ。うん、飯屋にメシヤ。あはは!なにこの駄洒落!で、そうそう、このメシヤを守るために堕天使ミカエル(ポール・ベタニー)が現れるわけ。クリスマスの3日前から映画は始まるのでございました。

 もう思いっきりキリスト生誕っぽいじゃないですか。未婚の若い女性がお腹の子はメシヤでござると天使に告げられる、産まれるのはクリスマスあたり。加えてその子を育てるのは母親と養父(血縁ではない父)って。ジーザス的要素をまぶしてみました感満載だね。

 しけたダイナーのオーナー親子(父:デニス・クエイド、息子:ルーカス・ブラック)、キッチンで働く黒人、車の故障で居合わせた家族3人、電話を借りに来た曰くありげな黒人客、そしてメシヤの母であるウェイトレス。この8人+神の命令に背き人間に味方した天使ミカエルが立てこもります。ミカエルは地上に降りてすぐ自ら羽をもぎ、天使であることを捨てて人間に身を落とした。ので、スーパーパワーなんか使えない。まっとうに銃で闘うよ!

 ミカエルがいきなり韓国系の密売武器庫みたいなところで思うさま銃をかっぱらって出てくる姿がカッコイイ。なにこの天使。いや堕天使か。そんな感じで全体的に奇妙な世界観だから深く考えたらきっと負けなんだと思う。アクションはカッコイイよ。『フィースト』とかの怪物もの、ゾンビものみたいな楽しみと、不気味さを堪能しよう。

 ミカエルは英語読みだとマイケル。トラボルタが地上に舞い降りた大天使ミカエルを演じた『マイケル』なんて映画もあったっけ。アチラはハートウォーミング系です。

 もう一人鋼鉄の羽を持つ大天使ガブリエル(ケヴィン・デュランドー)も登場します。実はですね、ベタニーよりも、このガブリエルに心撃たれた!ズッキューン!二人の天使が闘うシーンが一番の見所。それに、この映画で一番深みあるキャラクターはガブリエルなんです!お言いつけを守っただけなのに!なんで反抗したミカが贔屓されてんのさ!ゲイブ、悪くないのに、可哀想!神って超理不尽だよね!

 つまりガブリエルは神の欲したことをし、ミカエルは神に必要なことした。下された命令に盲目的に無慈悲に従ったガブリエルよりも、自分で考え心の声に耳を傾けて、違う形で神に忠誠を尽くしたミカエルが評価されたわけだ。このあたり、戦争映画でも似たようなセッティングがありますよね。心の声に従うか、上官の命令に従うか、みたいな。

 ミカエルもダイナーの人間たちも、かなりの割合で自己犠牲を厭わない。特に終盤のオーナーの行動は超カッコイイ!彼らの自己犠牲に支えられてメシヤの母親と赤ん坊メシヤは何とか希望を繋ぐ。人類の最後の希望だと言われて、それを徐々に受け止めていく。しかしこんだけ魅力のないヒロイン(しかも聖母様)ってなかなかいない。アバズレじゃないか!妊娠してても平気で煙草プカプカ。クサクサしてふて腐れた、好感度マイナス100の女性とは。

 こういう定められた救世主モノって『ターミネーター』もそうだけど、なんかしっくりこない。この個体である必要って何なんだろう?この映画ではメシヤが将来どんな働きをするのかは謎のまま。神の意図もよくわかんないけども、まあ天の上の誰かさんのことは神のみぞ知るってことで。

《自分メモ》
・オクラホマミキサーの音楽怖い
・アイス売りのシーン短すぎ
・チャッキー(『チャイルド・プレイ』)みたいな男の子怖い
・やっぱ一番凄いのは序盤の婆ちゃんだな
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
Legion: Prophets映画に繋がる話が描かれたアメコミ。登場人物は全然違う。英語104㌻。
Legion: Prophets
Scott Stewart; Tom Waltz
素晴らしき哉、人生! [DVD] FRT-075序盤でダイナーのTVに映ってる白黒映画。
素晴らしき哉、人生! [DVD] FRT-075
ジェームズ・スチュアート;ドナ・リード
ターミネーター [DVD]ミカエルが「死にたくなければついてこい」とシュワちゃんの台詞を言うよ。
ターミネーター [DVD]
アーノルド・シュワルツェネッガー; マイケル・ビーン
マイケル [DVD]こちらも地上に降りてきた大天使ミカエルの話。
マイケル [DVD]
ジョン・トラボルタ; アンディ・マクドウェル

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「レギオン」こわ~い、エンジェル!

[レギオン] ブログ村キーワード  “天使”って言うと、ついつい背中に翼が生えた、優しくてカワイイ姿を想像しちゃいますね。でも、この映画に出てくるのは、かなり違います。「レギオン」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。そう、この映画の天使たちはと...

シネマ親父の“日々是妄言” 2010年05月28日(Fri) 17:17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。