猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ 【生命は 何処より来て 何故に】

tag アニメ ファンタジー SF

『9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~』 9
2009年・アメリカ
シェーン・アッカーの短編アニメを長編映画化。

 ティム・バートンやティムール・ベクマンベトフが製作に名を連ねる、バックアップしっかりの安心感。しかしタイトルに『ティム・バートンの~』って付けられなくて良かったね!『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』はそのせいで監督の名前が知れ渡らず、というか、え?アレってバートン監督でしょ?なんて言われる始末の可哀想さ!ふびん。

 元々は10分ほどの短編アニメーションだったものをバートンが痛くお気に召して、長編アニメーション製作に至ったのです。短編では一切台詞がなく、説明的なこともありません。それを80分の物語に引き延ばすのは、どうかなぁという思いもありましたが。短編は短編の良さが、長編には長編の良さがあるってことでまあ納得。私はやっぱり短編の方が好きだけどね。
9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [Blu-ray]9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ [Blu-ray]
コレクターズ・エディション
ジェニファー・コネリー
イライジャ・ウッド

コトノハ


"It's too late."
(もう手遅れじゃ)

 生きた人形達のリーダー1(声:クリストファー・プラマー)が口癖のように言う。皆を守る責任があるから、敢えて危険を侵そうとはしない1。一人を助けるよりも他の大勢が生きながらえることの方が大事だとする、彼の思いは間違ってなんかいない。

どんな映画?
 9(声:イライジャ・ウッド)は小さな麻人形。目覚めたら、世界は荒廃して人類ももういなかった。側には人間の死体が一つ転がり、何もわからないまま街を歩いていたら自分と似た生物2(声:マーティン・ランドー)と出会った…。

 9が最初に出会う2は登場して早々に機械獣に攫われちゃう。この2のキャラがお約束キャラっぽくて面白いの。いや可哀想だけど。そして9は仲間達と合流するわけだけど、その秘密の拠点はなんとノートルダム寺院!ユーゴーの小説『ノートル=ダム・ド・パリ』でもこの大聖堂の鐘撞きを隠れ家にしてる。

 ダークファンタジーであり、SF的テーマを盛り込んだ洒落た映画。アニメーションはすごく美しい!9の麻布の生地感とか、緑がかった命の光とか。不気味な機械、不思議な生きた人形達。この世界観と雰囲気が凄いので、ストーリーとか正直イマイチでもOK!

 好奇心は猫をも殺す、猫には9つの命がある…なんて諺を思い出す内容で、最初の機械獣も猫系だし、私にとっては猫っぽい映画!命を得たマシンの丸く赤く光る目はどうしてもHALっぽくて不吉。でもそう、機械が悪いのではなくそれを使う人間側の問題だってのはきちんと描かれていて良かった。

 ヒトラーを模した総統。原爆を作った科学者を模した、機械を作った科学者。ここら辺の展開はとってもSF的。そして生命はどこからやってきてどこへ還るのか。ラストに降る雨の中に息づいた緑色が、命の循環を指し示し、元々はみんな一つの生き物だったじゃないかと語りかけてくる。原初の生命、拡がる命の余韻は哲学的。

 長編は生命について掘り下げていて、それはそれで面白かった。でもやっぱ私は元の短編の方がよりダークで孤独で好き。台詞は一切なく、それでもきちんと物語が伝わってくる。って言っても私は二回観てやっと納得できたんだけど。DVDやらブルーレイに収録されるのかなぁ?短編のラストは感動したよ。どこぞで"9 Shane Acker"を検索すると観られるんでないかな~。とか言ってみる。

《自分メモ》
・5の声はジョン・C・ライリー。良い声だよな~。
・7が皆を助けに登場したかと思いきや、軽くやられて「もっかいやって良い?」って言うとこ可愛かった。
・磁石でラリラリする8かわゆす。
・1がカッコ良かった。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
2001年宇宙の旅 [Blu-ray]暴走するHALはもはやSFのAIマシンの原型か。
2001年宇宙の旅 [Blu-ray]
キア・デュリア; ゲイリー・ロックウッド
Over the Rainbowこの曲が流れるシーンは楽しい。
Over the Rainbow
Judy Garland
博士の異常な愛情 [Blu-ray]この映画へのオマージュも感じました。
博士の異常な愛情 [Blu-ray]
ピーター・セラーズ; キーナン・ウィン

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『9&lt;ナイン&gt; 9番目の奇妙な人形 』 世界の終りという恍惚を、麻布の小さな人形たちと共有しよう

『9&lt;ナイン&gt; ~9番目の奇妙な人形~ 』 にほんブログ村 (C) 2009 Focus Features LLC. All Rights Reserved この世界観が、たまらない。 冒頭から、引き込まれてしまう。 もともとは、たった11分のショートムービー。 新鋭シェーン?...

ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー 2010年06月01日(Tue) 23:25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。