猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グリーン・ゾーン 【戦場と ニセ情報と 陰謀と】

tag 戦争 アクション サスペンス 政治

『グリーン・ゾーン』 GREEN ZONE
2010年・フランス=アメリカ=スペイン=イギリス
2003年イラクの戦場を舞台に、米兵の疑念を描く。

 マット・デイモン主演×ポール・グリーングラス監督の『ボーン』シリーズ2・3コンビが送る戦場アクション。アメリカを中心とした多国籍軍がイラク―バグダットを制圧した直後、ミラー准尉(マット・デイモン)は大量破壊兵器捜索の任務に就いていた。

 アメリカのイラク制圧後、バグダッド中心地の近代的な建物群が並ぶ地域を連合暫定統治当局が拠点としたことから、この10k㎡エリアをインターナショナル・ゾーン通称グリーン・ゾーンと呼んだ。ので、そんな映画タイトル。このグリーン・ゾーンは国家権力の象徴的な地域(フセイン時代は宮殿があった)で、今では主権はイラクに返還されている。しかしながら映画は2003年が舞台なので、まだバリバリ米国が支配していた。

 ああ眠かった。この日は映画3本目ってこともあって、疲れてたので眠くなっただけかもしれないけど。何だろう、ああアメリカってこういうことやりそうだよねって感じで。特に展開が面白いわけでもなく、想定の範囲内の出来事が描かれるだけ。確かに、監督が戦場ドキュメンタリー出身だけあってリアルさはあった!うん、明確にこのテーマで映画1本作ったってことが価値あるのかもしれない。
グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]グリーン・ゾーン[Blu-ray]
【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】
グレッグ・キニア
マット・デイモン

コトノハ


"Don't be naive."
(甘いな。)

 ミラーがCIAのブラウン(ブレンダン・グリーソン)に言われた言葉。後にミラーはブラウンに同じ言葉を返す。こういうやり取りは洒落てて良かった。

ナイーヴって日本語では純朴とか繊細みたいな意味で使われてるけど、英語のnaiveは全然違う。“騙されやすい、ウブな、もの知らず、考えの甘い、繊細さのない”っていう悪いニュアンスの方が多いんだな。だから「私ってナイーヴだからあ」って言う人がいたら心の中で「そうかアンタはバカか」って毒づいてればイラッとしないよ!

どんな映画?
 昨今のCGは本当に自然で、この映画でもヘリやら街やらたくさんのCGが使われてるけどまったくCG感のない溶け込み具合。リアルに見せるための脇役といっても良いね!

 えーと。このイラク侵攻への疑問の声をきちんと一級品の映画に仕立てたことに意義がある作品だよ。ありもしない大量破壊兵器の捜索を口実に侵攻した事実。じゃあその目的は何なのか?というところまでは、残念ながらこの映画では描かれない。独裁政治から人民を解放し民主主義を実現させる為?そんなオタメゴカシはたくさんだ。実際はオイル・マネーとテロへの報復でっしゃろ?

 サダム・フセインは確かに独裁者だけど、彼のお陰でパワーバランスがとれていた。イラク国内での民族紛争を抑制してきた。それをアメリカは台無しにしたわけだ。そのせいで『ハート・ロッカー』で描かれるようにイラク国内でのテロが活発化してしまった。イラクの民がイラクの民を殺し、アメリカはこの責任をとるように武力で鎮圧しようとしている。

 本当に民主主義が求められているのか?ってのも問題。ここは『銀河英雄伝説』のヤン提督の言葉を借りたいところ。といってもうろ覚えですが。民主主義国家と専制君主、どちらの社会が国民が幸せでいられるかはわからない。腐敗した民主主義より、専制政治で善政を敷く為政者ならそちらの方が国民は幸せではないか?

まあ、フセインが善政を敷いていたかは私にはわからないけど、少なくとも国内の派閥闘争を抑えることは出来ていたわけだ。アメリカまたは多国籍軍がイラクを混乱に陥れた責任は重いだろう。こいうことするなら北朝鮮とかチベットとか行けば良いのに!

 映画はジャーナリズムの在り方にも疑問を呈している。チェック、ダブルチェック。どんなに確実に思われる情報でも、裏はとろうよ、と。世界に与える影響が大きいのだから。でないと、知らずに陰謀の片棒を担ぐような真似をすることに、利用されることになるんだ。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
グリーン・ゾーン原作となったノンフィクション・レポート。488㌻。
グリーン・ゾーン
ラジブ・チャンドラセカラン
ハート・ロッカー [DVD]フセインがいなくなりバランスを欠いたイラクで頻発する民族紛争テロ。
ハート・ロッカー [DVD]
ジェレミー・レナー; アンソニー・マッキー
図説 イラク戦争とアメリカ占領軍写真いっぱい。イラクで何が起こっていたのか?
図説 イラク戦争とアメリカ占領軍
河津 幸英

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『グリーン・ゾーン』 映画レビュー

『 グリーン・ゾーン 』 (2010)  監  督 :ポール・グリーングラスキャスト :マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、ハリ...

さも観たかのような映画レビュー 2011年02月12日(Sat) 03:44

mini review 10512「グリーン・ゾーン」★★★★★★★☆☆☆

『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾ...

サーカスな日々 2010年12月28日(Tue) 02:20

「グリーン・ゾーン」(GREEN ZONE)

多くの血が流れたイラク戦争を舞台にしたマット・デイモン主演の戦争ヒューマン・ドラマ「グリーン・ゾーン」(2010年、英米仏西、114分、ユニバーサル映画配給)。この映画は、大量破壊兵器に疑問をもった1人の米軍兵士が、米政府の内部抗争に巻きこまれながら、...

シネマ・ワンダーランド 2010年11月24日(Wed) 22:01

映画:グリーン・ゾーン Green Zone スニークプレビューで全米公開前に観た、最新アクション!

日本では珍しいことだと思うが、直前まで「何をみるかわからない」試写会(スニークプレビュー)に参加してきた! う~んスリル満点。。。 上映前に明かされた映画タイトルは、グリーン・ゾーン Green Zone。 まだアメリカでも3月12日公開、日本では 5月公開という?...

日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ 2010年07月02日(Fri) 16:37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。