猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『ぼくのエリ 200歳の少女』リメイク版"Let me in"予告編

tag 動画付き ヴァンパイア ホラー 青春

 スウェーデンのこども吸血鬼ホラー"Låt den rätte komma in"(英題"Let the Right One In")改め『ぼくのエリ 200才の少女』がいよいよ7/10~日本公開となります。そのクソ過ぎる間違った邦題のことはもう諦めて、次に進みましょう!

 オリジナル版のヒットを受けて、『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス監督が速攻でハリウッド版リメイクを撮りました。それがこれだ!只今絶賛公開中の『ザ・ロード』息子役コディ・スミット=マクフィーが少年を、『(500)日のサマー』の妹役や『キックアス』のクロエ・モレッツがこども吸血鬼に扮する"Let Me In"ですよ。

インターナショナル予告編第一弾が先ほど出ましたので、取り急ぎ!みて!

"Let me in"予告編


 うおお!良いじゃないか!寒々とした恐ろしげな雰囲気がよく出ていて、オリジナルのテイストに近い!クロエちゃんが中性的雰囲気を漂わせているのもグッジョブ!コディ君はいじめられっ子っぽさ満開で似合ってますし。最後に映るのはモールス信号ですか。youtubeの書き込みにはHelp Meって意味のモールスだって書いてありましたが、どうでしょうか?私、わかんない。

 さて。オリジナル版ではオスカー少年と吸血鬼エリだったけど、リメイク版では英語っぽく改名してオーウェン少年と吸血鬼アビーになるってお。こちらのリメイク版、日本公開は未定かしら。今度はどんなお素敵な邦題を付けてくれるのか超楽しみなんですけど!『ぼくのアビー 200歳の少女』だったりしてな!
※ポスターはコチラ⇒ティーザーポスター(FirstShowing.comより)

MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV) ちなみに昨年末出た原作(ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト著/上下巻)の邦訳版は『モールス』ってタイトルです。『ぼくのエリ~』に比べたらどんだけマシか!どんだけマシか!

 読んでないんだけどさ。読みたいな。読むときっと映画への理解が深まるよね。

 オリジナル版の感想ですが、切なく恐ろしく哀しくリリカルな物語。少年と吸血鬼の心の絆、吸血鬼の保護者の悲しい運命。そしてモールスで存在を確かめ合う、2人の世界。⇒感想文

 とりあえずは、オリジナルのスウェーデン版を観に行こう!7/10はもうすぐそこだ!

2010/7/23追記:新ポスターが出た!画像クリックすると大きな画像のあるサイトへ飛びます。
let_me_in_sdcc_poster.jpg

2011/7/26追記:米国版予告編第一弾出た!

"Let me in"アメリカ版予告編第一弾


 ダーク!オリジナルよりもイジメシーンがしっかり描かれていそうな予感。監督が原作を読んで、子供時代の漠たる恐怖感、世界への怖れみたいのを感じて、それを表現したいって言ってた。まさにそんな感じだなあ。コディ君はハマリ役かもしれんね!

そして新ポスターも出たので、ぜひクリックして大きい画像でどうぞ。
let-me-in-new-poster.jpg

2010/7/28追記:R指定版予告編出た。
最後の20秒、ワンエピソードが追加されただけで、上の予告編と大体同じです。ちょこちょこグロっぽいシーンが追加されてますけども。氷漬けの死体とか。

"Let me in"R指定版予告編


2010/9/4追記:特別映像。ホーカン、なにしてんのwって映像です。
"Let me in"クリップ

2010/9/10追記:新ポスター2点。クロエちゃんフィーチャー!

※画像クリックで大きい画像のサイトに飛びます。
let_me_in_movie_poster_chloe_moretz_02.jpg let_me_in_movie_poster_chloe_moretz_01.jpg

2010/9/12追記: 
 トロント映画祭での上映後、評判は上々!中にはオリジナルよりも良いという感想までありました。この5年間で久々の5つ星、今年一番の映画、など誉め言葉が絶えません。ぜひ日本公開もしていただきたく思います!早く観たい!

2010/9/17追記:新しい大判ポスターが出た!
44541.jpg
 今までとグッと雰囲気を変えてダークホラーな感じできたよ!
Exclusive Let Me In Quad Poster
是非リンク先にとんで大きい画像を楽しんでください。

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんにちは~!

なるは | URL | 2010年07月10日(Sat)15:35 [EDIT]

この予告初めて観ました!
恐そうで本編を観る機会があるかはわかりかせんが…;、
予告がカッコイイですね!
思わずテンションがあがって
書き込みしてしまいました!

>なるはさま。

P | URL | 2010年07月12日(Mon)12:26 [EDIT]

つなぎがカッコイイ予告編ですよね。音楽も良い!
オリジナル版、銀座でやってるのでまずはそちらを観に行きましょうよ。
怖くないですよ!いや、血は結構出るけど。そんなにグロって感じはないですよ。
映像が冷たく美しい雰囲気なのでオススメです。

原作本、文庫出てたからamazonしちゃった。明日届く~!

はじめまして。

はぶ | URL | 2010年10月26日(Tue)20:53 [EDIT]

いつも楽しく読まさせていただいてます。
猫と映画とSFが好きとは私も同じです。
ところで、「Let Me In」ですが、
海外版公式サイトが存在してたようです。

Let Me In - Official Movie Site
http://www.letmein-movie.com/

映画「ぼくのエリ」は「銀河鉄道の夜」や「森田童子」を思い出しました。
原作「モールス」も読み終わり、さらに引きずってます。
(ちなみに小説ではポスティングのくだりが好きです)
何だかんだ言って、ハリウッド版も実は少し楽しみ。です。

「ぼくのエリ」も「モールス」も「Let Me In」も
「Let the Right One In」という作品のパラレル・ワールドだと。
こう考えると面白いと思います。


The Broadcasting Service @ AFMU's Varfest
http://www.youtube.com/watch?v=OI_4y7GXzzY
その後のKare Hedebrant。

John Ajvide Lindqvist talks about Let the Right One In
http://www.youtube.com/watch?v=HmY9hMymqkM
陽気な原作者。

Matt Reeves Kodi Smit-McPhee LET ME IN
http://www.youtube.com/watch?v=3HDfqDvA9-g
ミラ・ジョヴォヴィッチ似?

>はぶさま。

P | URL | 2010年10月31日(Sun)23:08 [EDIT]

母が上京したり、宙博3日観に行ったりしてまして、お返事遅れてスミマセン。

原作はかなりエグかったですね。
リメイク版でどうなるのか、早く観たい!楽しみです。

もちろん、原作小説と映画ではメディアが違うのだから表現が違ってアタリマエというか、そうでなきゃ面白くないですよね!
その点、この映画はよく出来てた!原作の真髄を残したまま、違う雰囲気に仕上げてますからね。
リメイクはアメリカーン!なのを期待してます。これもまた雰囲気が違えば面白いですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。