猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クローバーフィールド/HAKAISHA

tag パニック SF サスペンス

『クローバーフィールド/HAKAISHA』 CLOVERFIELD
2008年・アメリカ

85分の映像体験。
ニューヨーク、マンハッタンでの恐怖の一夜をハンディカムで記録したという設定。
予告編、ウェブ、メディアをうまく利用した秘密主義で刺激的なマーケティングが成功して大ヒット。
原題は製作会社がある道の名前だとか。 意味、ねぇえ。
クローバーフィールド/HAKAISHAスペシャル・コレクターズ・エディションクローバーフィールド/HAKAISHA
スペシャル・コレクターズ・エディション

(2008/09/05)



どんな映画?


ハンディカム撮影というと、どうしても『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』だよなぁ。
(まぁ、こっちは本当はきちんとした機材使ってるわけだが)
あっちは地味なゾクゾク感だったけど、本作はド派手なドキンドキン感。

ドキュメンタリータッチに話を進めているけど、全然リアリズムはない。
大怪我であろう女性が、生きているどころか走り回れるのだし。
怪物が破壊の限りを尽くすのを見るのは、圧倒されるけども笑ってしまう。
Ahahahahahaha!!!

海中から突如上陸した怪物が、ドッシドッシと街中を蹂躙するんだが。
これってゴジラですよね。
って思ったら、本当に製作者がゴジラ(のフィギュア)から着想を得たそうな。

そして、なぜか、昆虫様(よう)の子分たちがサカサカ蠢いてたりして。
なに?宇宙からやってきたの?
でもって、その昆虫に傷つけられると人体に何らかの異変が起こるのらしい。
ここのあたりはゾンビ映画へのオマージュっぽい。
街が混乱すると大衆が店に盗みに入るシーンなんかもゾンビ映画っぽい。

さて、話の軸になる男女。これがとんだバカップルでさぁ。
もう最初から最後までバカップル。 いっそ清清しいね。
んでも、そのカップルの幸せだった日の映像が途中途中で挟み込まれる。
なんだかそれが良かった。 とても。
デート映像に謎の落下物が映ってるけどね。(HAKAISHAの卵かしら)

この映画のすごいところは、観客を置いてけぼりにして突然終幕するところ。
ブツンと終わるよ。
なにひとつ理解できずに。
そりゃぁ秘密主義な宣伝しかできなっかたろう。中身が何もないんだから。

ちなみに日本でだけ発売される漫画版『クローバーフィールド/KISHIN』
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版手持ち撮影の草分け的映画。
ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版
ヘザー・ドナヒュー
ムービーモンスターシリーズ 初代ゴジラ(新彩色)監督が影響を受けたゴジラ。フィギュア。
ムービーモンスターシリーズ 初代ゴジラ(新彩色)
デイ・アフター・トゥモローディザスター・ムービーといえば、この映画かな。
デイ・アフター・トゥモロー
デニス・クエイド
熊手のはちみつ カナダ産クローバー蜂蜜450G瓶詰カナダ産クローバー蜂蜜450G瓶詰
熊手のはちみつ

毛玉内関連記事:オープン・ウォーター
           吸血鬼モノの新作映画
           "Let the Right One In"リメイク版続報
           "Let the right one in"リメイク版またまた続報
           REC/レック 【肝試し 体験型の ホラーハウス】
           ブラインドネス 【先入観 なしで見詰める この世界】           
           ミスト 【運命は 切り拓いても アイロニー】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
続編あり???

umetraman | URL | 2008年06月29日(Sun)22:20 [EDIT]

こんにちは。はじめまして。
映画ブログを渡り歩いていたらこちらに辿りつきました。
「クローバーフィールド」のDVD出るのですね。ってまだ秋の話じゃないですか(笑)。
私も観に行きましたが、結構楽しめましたね。あのオチもありかと思いました。
ところでこれの続編といいますか、違う角度から描いた別バージョンの企画ありと噂に聞いたのですが本当なんですかね?本当だとしたら、いくつかの謎が解明するのでしょう。秋口に公開したりしたら、相乗効果でDVDも売上げアップのメディアミックス大作戦(使い方違うかも)ですね。で、
きっと観に行くことでしょう(笑。

私事ですがヘッポコなブログを書いておりますので、暇な時にでもお立ち寄り下さい(笑。それでは!

どうも。

P | URL | 2008年06月30日(Mon)12:04 [EDIT]

>umetramanさま。
こんにちはー。
ブログ始めて半月経って、初めてのまともなコメント!嬉しいす!ありがとうございます。

続編があるということは聞いてますが、いつかはわかりません。
最近はDVDになるのが早いですよねぇ。驚きます。

この映画は呆気にとられました。…終わっちゃった…。て。
しかし次作でなにが明かされるのか、明かされないのか。
今回のような観客置いてけぼりの驚きという手はもう使えませんから、どうでるのか楽しみですよね。
漫画のほうは、日本が舞台らしいです。立ち読みしたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。