猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ねこタクシー 【共にいる ただいるだけで それだけで】

tag ヒューマン

『ねこタクシー』
2010年・日本
原作本、地方TV局でのドラマ全12話ときて、映画版だ!

 久々に会った友達から伝言を承りました。もっと邦画も観てってことだったので今日は邦画です!ていうか知らないとこで細く繋がった知らない人が読んでくれてる、ブログって面白いなあと嬉しい気持ち。邦画不足はごめんなさい!昨今の邦画はTV延長もの、ベストセラーの原作ものばかりでどうにも。

と言いつつ、この映画はその両方です。原作ものであり、TVドラマとのクロスメディア!あっはっはー!猫と山に関する映画だと何でも良くなるのが私です。

 ドラマ版はほんわかした雰囲気と曲も相まって、妙にファンタジックだったんですよ。口べたなタクシー運転手の間瀬垣(ませがき)さん(カンニング竹山)が猫を通して人と交流する姿がほろりとさせて良かったもの。猫で家族も再生するし!でもね、ラストが気に入らなかったの。猫を利用しただけじゃん、と感じて。映画版ではどんな話になっているのだろう?という興味から観に行ったよ。

 雄の三毛猫みーすけが御子神(みこがみ)さん役。三毛猫は遺伝子の構造上、雌しか発生しないんですよ、本来は。でもたまに遺伝子異常で雄が生まれることがあって、大抵生殖能力はないのだけども。そんなレア・ビースト、雄の三毛猫は珍重されてますの。船乗りのお守りとか福猫とか言われて。で、その福猫・御子神さんと出会ったことで変わっていく間瀬垣さんとその周り。

 TV版との違いは、そりゃあもう全然違う。一番の違いは御子神さん以外の猫もたくさん出てくること!主人公の間瀬垣さん家にやってくる猫も、もう一匹コムギ(本名もコムギ)ってマンチカン・ロングヘアーの仔猫が!えっらいキュート!私の前のアパートのベランダに遊びに来てた房の介(長毛茶虎オス1才ぐらい)と似ていて個人的なツボに。今一緒に暮らしている猫のなつめさんは房の介とクロの子供で、でもクロに似て真っ黒猫で残念。
映画版 ねこタクシー DVD映画版 ねこタクシー DVD
カンニング竹山
鶴田真由

どんな映画?


 ドラマ版を観た人も観てない人も、猫好きにはオススメ。猫好きでなくてもオススメ。『ネコナデ』『幼獣マメシバ』と同じAMGエンタテインメントが製作ってことで、メディア・ミックス手法や人と動物の共生テーマなど似ています。猫を乗せてのタクシー営業の物語。
1-1024768.jpg

 さて。ドラマ版よりも映画版の方がまとまったストーリーで、きちんと作られている感じ。ドラマ版では乗客とのエピソードが毎回描かれて、常連の乗客同士が実は関係があったりっていう続き物ならではの面白さがありました。映画版では乗客とのエピソードは描かれず、間瀬垣さんの人生の話になってます。タクシー会社の中での話、猫と人との関係の話、そしてうっすら家族のことも描かれますが、もっぱら間瀬垣さんが諦めていた人生を取り戻す展開になっとります。

 オープニングは仔猫がアップで映されて、少しレトロな'50年、'60年代の古き良き映画風。あら、洒落てる!そしてゆっくりと映画の主人公間瀬垣さんが夜のタクシープールで仕事待ちする姿が映されます。ねこ、タクシー。この映画のタイトルそのままなオープニング映像が美しくて心を掴まれました。まあ主人公は冴えないオッサンなわけで美しいも何もないもんだが。

 その主人公を演じるカンニング竹山さんといえばキレ芸の芸人さんだけど、人が良さそうで役に合ってた!ちょっともじもじしてボソボソ喋るキモイ感じも出てたし。猫をお腹にのせて一緒に寝てる画は幸せそうで、猫も凄いが竹山さんも凄く良いなあ。
2-1024768.jpg

 TV版のあまりにもファンタジーなラストが気に入らなかった私は、映画版の現実的でさらりとしたラストの方が断然好みですた。TV版のような家族が一丸となっていく様子は映画では描かれなかったけれど、もっと個人的な間瀬垣さんの頑張りがきちんと描かれていて、こういうお父さんの姿を見ていれば家族は応援するだろうなって素直に思いました。

 猫を同乗させてのタクシー営業の是非や、いわゆる猫おばさんと近所の確執、法的にはどうなのか、同じように動物を愛していても表現方法が違うだけだったり、あらゆる要素が詰まっていたよ。猫の避妊について描かれなかったのが残念ではあるけど、あまりにも複雑でデリケートな話題だから避けても仕方ない気はする。いろんな人のいろんな気持ち。いろんな考え方。話してみれば理解できるものよね、大抵。賛同と理解は違うけど。

 猫ババぁ役の室井滋さんも、お役所の宗形さん役の内藤剛志も、それぞれの立場での思いが描かれていて良かったです。「私は昔からずーっとここでこうやってきたんだ」という猫ババぁの声に、猫の居場所のなさを感じて切ない。だってさあ、不幸な野良猫が増えるからエサやりするなって言うけど、誰が不幸って決めたの?そうじゃないでしょ。野良猫を増やしたくないってソレ、人間側の勝手な都合でしょ。(って私は思ってる)

前のアパートに遊びに来ていた房の介さんです。20061018 007

 映画はそんな猫と人とを巡るあれこれの思いに答えは出さず、間瀬垣さんが御子神さんの存在のお陰で人生ちゃんと頑張ろう!って変わっていく様子を描きます。そこが良い!また、御子神さんにしか心を許さない仔猫のコムギの存在も実は深い気がする。人間になつけない猫。きっと何かあったんだろうな。もしくは単にそういう性格なのかもしれない。どちらにしろ、御子神さんと一生一緒にいることはできないのだから、猫も自ら変わっていかなきゃならん。
母猫クロと息子のなつめさん。なつめさんは今も元気です。
20061023_11 351

 音楽はTV版のほんわかふわふわとは違って、なぜかハワイアン&水木一郎(アニソン好きには有名な方)。水木さんも乗客として登場なさります。カッコイイっす。

 コネタとしてはパソコン画面が映るシーンで、google検索かと思いきやbeagle検索だったことですかね。ビーグルは犬やん!
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ねこタクシーOriginal SoundtrackTV版のほのぼの曲と、映画版の水木一郎など収録。
ねこタクシーOriginal Soundtrack
TVサントラ平薮飛鳥
ねこタクシー オフィシャルDVD 御子神さん with コムギアクドイ商売!コムギ萌え~!御子神さんの本名はみーすけです。
ねこタクシー オフィシャルDVD 御子神さん with コムギ
御子神,コムギ
ねこタクシー 上 (竹書房文庫)原作本。文庫、上下巻。映画版は原作に近いそうです。
ねこタクシー 上 (竹書房文庫)
永森 裕二
TVドラマ版 ねこタクシー DVD-BOXTVドラマ全12話。こちらはまた違う話になってます。
TVドラマ版 ねこタクシー DVD-BOX
カンニング竹山;鶴田真由
ねこタクシー オフィシャルフォトブック御子神さんとコムギの写真集!アクドイ、アクドイわ!
ねこタクシー オフィシャルフォトブック
関 由香

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。