猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

告白 【粛々と これが私の 復讐と】

tag 犯罪 サスペンス ヒューマン 青春

『告白』
2010年・日本
少年犯罪を軸にした湊かなえのベストセラー小説を映画化。

 少年犯罪は法的に厳しく裁けないから、自分で復讐すんお(´・ω・`)っていう中学校教師の告白から始まる映画。森口先生(松たか子)はホームルームで淡々と語る。私の娘が死にました。事故ではなく殺されたのです。その犯人はこのクラスにいます。名前は明かしませんが、少年Aと少年Bの二人が、こんなふうに小さな命を奪ったのです。

名前を明かしません、と言っておきながら明らかに誰だかわかるように喋っているよ、この人。

 お話や構成は面白かったし、子役含めて役者も素晴らしかった。ただ、私は映像が好きじゃなかったので退屈しちゃった!何度欠伸したことか。これ、舞台劇なら面白いだろうなあって思いましたとさ。原作未読だけど、きっと面白い本なんだろうなあっとも思いました。
告白 【DVD特別価格版】 [DVD]告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
松たか子
岡田将生 他

どんな映画?


 映像いじりが非常にうざくて、この感覚はウォン・カーワイ監督作品を見るときに通じる。カーワイ好きな人ならこの映画もきっと好きだろうな。で、私みたいなカーワイ嫌いは、ストーリーはともかく映像に飽き飽きしてしまう。スローモーの多用、無意味なカーブミラー映り込みの繰り返し、ほぼ無意味な雨・雲など空模様の長いカット。それらがとってもウザイ!こういうのはピリリとスパイス程度に使えば効果的なんだけどねえ。

 ラスト近くの逆回り時計と母親のシークエンス、あれはなんであんなに長々と見せたの?クドイよ。彼の絶望を印象づけたかったのか、やっと教育的指導が功を奏したことを表したかったのかワカンナイけど、早く終わんねーかなって思いながら観てた。映画は総合芸術だから、ストーリーと役者と音楽が良くても映像表現が自分の好みに合わないとダメだね。

 あと、すべてを台詞で語ってしまうので映画としては残念な感じ。余白がないんですよ。気持ちの全てを言葉にされると、すべてが表面的で薄っぺらく感じてしまう。クラスの皆からの色紙に込められた隠しメッセージも、そんなに勿体ぶってわざわざ台詞で言わせなくても…とうんざり。一事が万事この調子だから、飽きてくる。これはラストの森口先生の台詞「なーんてね」にも言えることで、こんな台詞はいらなかった。あのタイミングであの場所に彼女が現れること、それ自体が全てを物語っているのだから。

それでも一人、女子生徒美月(橋本愛)はあまり自らを語らず、彼女の気持ちを想像させる表情がとても良かった。

 独白形式で、独白者が変わると同じ場面でもパっと持つ意味が変わってくるのも面白かった。なので、もうちょっと映像での心情表現が細やかに描かれて且つ、心情吐露のモノローグをぐぐっと抑えれば随分面白い映画になったんじゃないか、と残念な気持ち。

 中学校が舞台なだけに、古典文学の引用が多いのは楽しかったよ。ドストエフスキー、ゲーテ、キェルケゴール!鉄面皮の復讐者―森口先生を演じる松たか子(ロンバケの頃から演技は好きだった)は手堅いし、少年Bの母親役木村佳乃も低い声で愛と狂気を彷徨う感じがとても素晴らしかった。少年Bの子も本当に狂ってて良かったよ!少年Aの子は声変わり前の可愛い声で孤独感をよく表現してたな、と。

 少年犯罪にどう鉄槌を下すのか。法制度の問題点、家庭のディスファンクション、行動に付随する伝わらない思い、教育現場のコミュニケーションの在り方、人と人との関係の築き方などなど、物語はあらゆる社会背景を包含している。けれど、そこには糾弾するような熱い魂は込められていない。ように私には感じた。

2010/7/14追記:
 映像いじりウザイんだけど、私はブライアン・デ・パルマの映画は好きなんですよ。デ・パルマも凝った映像で知られていますが、何が違うのかなぁって考えた。デ・パさんの場合は映像が表現手段なんですよ。あくまで手段。でもカーワイとかこの『告白』は、映像そのものが目的になっちゃってる感じするんですよ。私はそう感じちゃったんだ。だからイヤなんだ。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)原作本。
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
湊 かなえ
罪と罰〈上〉 (岩波文庫)罪悪感とは?引用された文学その1。
罪と罰〈上〉 (岩波文庫)
ドストエフスキー
若きウェルテルの悩み (まんがで読破)熱血勘違い教師は苦悩の人ウェルテル?引用された文学その2。
若きウェルテルの悩み (まんがで読破)
ゲーテ /バラエティアートワークス
死に至る病 (岩波文庫)修哉が物理的な意味で口にする。それは絶望のこと。引用された文学その3。
死に至る病 (岩波文庫)
キェルケゴール

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
告白されても...

naotomo | URL | 2010年07月13日(Tue)21:57 [EDIT]

はじめまして。

告白見てきたのですが、私も熱い魂がこもっていない気がしました。登場人物が全員壊れてしまっているというか、誰にも正義がないというか、よくできたスプラッター映画って感じでした。

映像表現については、登場人物の心象や悲しみ、歪んだ状況、中学生達の心の中にある悪、などをうまく映像で表現していたように感じました。私もウォン・カーワイの映像表現が苦手なのですが、それよりはだいぶ計算されたものだと感じました。

>naotomoさま。

P | URL | 2010年07月13日(Tue)22:22 [EDIT]

私はスプラッター映画的なものは感じませんでした。
むしろ人の心の孤独、ディスコミュニケーションを描いているように感じました。
正義というのは相対的なもので、そう言う意味では森口先生の行動は正義と言えましょう。少年Bの母親の行動も、熱血教師の行動も。それぞれの正義だと思いましたよ。

映像は私にはあまりにも退屈でした。残念ながら。
そこに意味づけがあったとしても、私にはうざったいだけでした。
好みの問題でしょうね~。

妾番長 | URL | 2010年07月19日(Mon)00:20 [EDIT]

未だ観てないのでちょっと迷ってます。
所謂「映像表現」ってグッとくるものじゃなければただウザイだけなのは同感なので、やっぱ観るのやめよかなと思いました。
勿論自分で観ないとわかりませんが、そんなリスクを犯す前に観るべき映画は山ほどあるので、そっちを観た方が効率がよいわけで。

>妾番長さま。

P | URL | 2010年07月19日(Mon)14:54 [EDIT]

映像の好き嫌いは観てみないとわかりませんものね。
余裕があったら観てみたらいかがかと思います。
ストーリーや構成は本当に面白いので。幾分説明過多ではありますが。

面白い映画、たくさん観たいですね!

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『告白』 はじけたのは何か?

 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...

映画のブログ 2010年08月19日(Thu) 07:25

映画:告白

 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。

よしなしごと 2010年07月31日(Sat) 13:09

告白

中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...

単館系 2010年07月31日(Sat) 03:05

映画「告白」

映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...

itchy1976の日記 2010年07月30日(Fri) 18:19

【告白(2010)】 偉業

■『告白』公式サイト 【ネタバレあり】 原作本を図書館で予約しておいたら思いのほか早くに入手できた。普通は活字のが面白いだろうからスクリーンで観賞後に読むのがよかろうもんと思ったのだが、映画は中島監督なだけに原型をとどめてないだろうし、どう調理するの...

明るいときに見えないものが暗闇では見える。 2010年07月15日(Thu) 22:22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。