猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『借りぐらしのアリエッティ』公開記念

tag ファンタジー アニメ 動画付き


 ジブリの新作は宮崎駿が企画・脚本、米林宏昌監督の『借りぐらしのアリエッティ』でござる。7/17~公開してますのでもう観た人もいるかな?ごめん、私はまだ観てない!まずは『プレデターズ』とか『エアベンダー』観ないといけないし!アリエッティはその後に観るよ。

 公式サイトには"Now Showing!"の文字の下に“人間に見られてはいけない。”という宣伝句が書かれていて、その矛盾が面白い。この面白さは現在街のいたるところで繰り広げられていますよ。地下鉄のホームにもデカデカと看板が設置され、やはり“人間に見られてはいけない。”と書いてあるのに、堂々と姿を見せているのです。アリエッティ、実は目立ちたがり屋?服も赤いしなあ。

 銀座にある映画館、東宝みゆき座・スカラ座のロビーには緑の美しい庭の絵が書かれています。これも宣伝の一環。きれいだなあ。

有楽町の東宝みゆき座・スカラ座ロビー
20100714_2354.jpg


で、よく見るとアリエッティがいる。ちっせー。

走るアリエッティ。
20100714_2356.jpg


 更に、同劇場に入る手前の壁にはこんな絵もありました。

アリエッティ、でかい。
IMG_6788.jpg


なんだデカいじゃないか。私よりずっとデカいじゃないか。心配して損したよ、アリエッティ。

 地下鉄のホームやなんかの絵も写真に撮りたかったのだけど、タイミングがアレだったり単に撮り忘れたりで他に写真はありません。もっと見せたかった!ごめん!

小人の冒険シリーズ 全5冊セット この映画はメアリー・ノートンの英国児童文学『床下の小人たち』を原作としています。全5冊の小人の冒険シリーズの1冊目がソレ。読んだ記憶がないんだけど、読んだかも知れない…。

 昔はあたいも小人のために野原にテントを作ったりしてました。会えなかったけどさ。

 そんな私は小人といえば佐藤さとるのコロボックル・シリーズの方を愛読してました。最近、復刊が決まったので懐かしい!欲しい!と思ったらコチラで申し込みを。セットでもバラでも買えます。
佐藤さとるファンタジー全集(復刊.com)

 話を戻して、アリエッティ!予告編では少年がアリエッティに向かってひどいこと言ってます。うろ覚えで台詞書いてみる。「太古の昔から生き物は絶滅を繰り返してきた。残酷だけど、キミ達は滅び行く種族なんだよ。」って、おい!さすがは駿夫が脚本だけあるな!それで、公式サイトでも予告編が観れないのはどんな戦略なの?

TVで流れたらしき予告CMならyoutubeにあった。例の台詞はないけど。


 あの不思議な主題歌は母国語がフランス語の人が歌ってます。すごいね、日本語の発音うますぎる!床下を“ゆかひた”って言ってるの以外は完璧だよね。最近、気がつくと口ずさんでいる美しい曲でございます。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。