猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダニー・ボイル監督新作クライミング事故映画『127時間』"127 hours"予告編

tag 動画付き スポーツ 青春 アクション ヒューマン

 『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督新作、ティーザー予告編が出た!実際にあったキャニオニアリング(峡谷探索)中の事故からのサバイバルを描いたもの。山登りやクライミングやる人には是非お勧めしておきたい映画。

 登山家アーロン・ラルストン(27歳)は、一人ユタ州のブルージョンキャニオンを歩いていた。けれど、ちょっとしたことから岩が落ち、右手がその岩と岩壁に挟まれ身動きができなくなった、というもの。水も食糧もあまりない、普段なら行き先を友人に残すのに今回だけは誰にも言わずに来た、夜の峡谷は寒い。じっと動けないサバイバルな6日間。

 主演はジェームズ・フランコ『スパイダーマン』シリーズのピーターの親友ハリー・オズボーン役や『ミルク』のショーン・ペンの恋人役など良い俳優さん且つ、甘いマスク!

"127 hours"ティーザー予告編


アーロン・ラルストン 奇跡の6日間 実際の事故を映画にするということで、登山家アーロン・ラルストン本人の書いた本『アーロン・ラルストン 奇跡の6日間』が原作。事故にあった現場の写真まで載っていて、凄い臨場感溢れる体験記となってます。読み物としても面白く、前向きで冷静で最後まで諦めない姿勢に感嘆するばかり。

 6日間を峡谷の底で身動きできずにいて、水が底をつき尿を飲むしかなくなるとか、挟まれた右手をどうするかとか、寒さをどうやって凌ぐかとか…。そんな話です。

 予告編ではどうも必要以上にアーロンがちゃらく描かれているような気がしますが、どうなんでしょうか。きちんと経験を積んだ真面目なクライマーなんですけどね。今から非常に楽しみな映画でございます。

 アメリカでは2010/11/5~単館系で上映。日本公開は未定。どうでしょうね…?山ブームとか山ガールとかに乗っかってですねえ、ここは是非とも派手に日本全国ロードショーしていただきたく!また情報が入ったら追記します。



※2010/10/8:予告編第2弾きた!
 前半のワイルドで陽気なアーロン、後半の憔悴するアーロンの対比がすごい。やはりアーロンを些かワイルド・クレイジーに描きすぎのきらいはあるなあ。でもとても楽しみ!

"127 hours"予告編第2弾



※2011/1/25:日本公開は6月に決定!!シャンテ等で。

※2011/2/27:日本版予告編きた!
 上の第2弾と同じ雰囲気で、ちょっと編集が違うバージョン。私は上のヤツが好きだなあ、最後の方とか。


にほんブログ村 映画ブログへ


オマケ:ジェームズ・フランコはこんな人。

グッチの香水CMメイキング映像(フェイク)『グッチと言えなくて』

「グッキじゃなくてグッチです、フランコさん」
「本気か?だって綴りから考えてグッキだろ」
「いえ、絶対にグッチですから」
「わかったわかった、ぐっちね」

「グッチbyガッキ」
「ちょ!グッチですってば!」

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。