猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

悪人 【ある視点 被害者加害者 その家族】

tag 犯罪 ミステリ ヒューマン

『悪人』
2010年・日本
吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督で映画化。

 この映画のキーワードとして真っ先に思いつくもの、それは“閉塞感”。本来なら希望や明るい未来を思わせるような“海”や“灯台”“日の出”までが全て、行き詰まりを表すように描かれていた。それがとても印象的。

 暗く、ずっしりと重くのしかかるラスト。弱ってるときに観たら危険な類の映画。現代の社会問題を描きながら、それに対するあらゆる視点を提示する。結局、人の心を劇的に変えたり、行動させたりするのは、愛情なんだよな。

運命は思いがけずいたずらに動いてく
愛だけがすべてを変える力を持てるのに

("My trial" song by 浜田麻里/IN THE PRECIOUS AGE収録)

 私の中で最高の爽やかボーイ妻夫木聡が、伏し目がちで不器用で陰気な男を演じている。孤独な女を演じる深津絵里も勿論良かったけど、それ以上にブッキーが凄かったよ!あと被害者を演じる満島ひかり、その父親柄本明も素晴らしかった!まったく同情できない被害者をあれだけカンに障るように演じられるって凄いと思うんだ。
悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]悪人[Blu-ray]
(特典DVD付2枚組)
妻夫木 聡
深津絵里 他

どんな映画?


 伏し目がちで無口で、人とも自分の感情ともうまく付き合えない若者―祐一(妻夫木聡)。カッとなりやすいところはあるけど、真面目。自分の祖父だけでなく、近所のお年寄りも病院に送っていったりして気の優しい子でもある。そんな彼がふかすGT-Rのエンジン音が胸に響く。

 ひょんなことから殺人者になってしまった若者。いったい誰が悪いのか。誰もがこんな風に罪を犯す可能性はあるだろう。被害者は、悪く報道されることなどない。責められるのは加害者とその家族のみだ。勿論命を奪う権利など誰にもなく、殺されて当然な人間などあまりいない。罪は償うべきだ。でも事件に潜む事実とは?当事者だけが知りうる事情、苦しみ。犯人のことを他人が軽々しく「アイツは悪人だ」とレッテル貼るのは簡単。殺した、という結果が判断の全てになるから。でもそれで良いの?

wp_01_1024x768.jpg


 灯台は、海から陸を目指す目印であり希望の象徴の筈なのに、この映画に出てくる灯台は2つともどん詰まりを、デッドエンドを象徴していた。祐一は海について言う。「目の前に海があると、それ以上先は行けない気持ちになる。」彼にとっては、どこまでも続く広い海さえ日常の閉塞感の投影なのだ。

 祐一も、出会い系で知り合う光代(深津絵里)も、繰り返す狭い日常からの脱却を欲している。孤独で、永遠で、不変のこの自分の生活。変えたい、変わりたい。連れ出してくれる誰かがいれば、温もりのためならどこへでも行く。光代が車の窓から自分の職場をぼんやりと見る顔が良い。

 祐一の感情が爆発して泣くシーンは『ソルジャー』でカート・ラッセル演じるトッドが初めて涙を流すシーンを彷彿とさせた。一度知った温もりを失った哀しみの涙を流すアレとは、また違うのだけど。愛することを知った時、人の命の重みを理解する。死んで当然だろうって思いが覆される。でももう取り返しの付かないこと。

wp_02_1024x768.jpg


 加害者側の話、その家族の話、被害者側の話、その家族の話。立場が違えば、そこにある物語もまた違う。事件は一つだけど、そこにはいくつもの真実があり、いくつもの物語がある。

 死んだ娘(満島ひかり)の遺体確認をする父親(柄本明)、小走りで廊下に出て無言で妻(宮崎美子)に報告する姿。極限まで感情を抑えた父親に胸が熱くなる。雨の殺害現場での父親と娘のシーンがとても良い。父親の中に住む娘はこうだ。今まで私達が観てきた彼女とは全然違う雰囲気が漂う。

 第一容疑者増尾くん(岡田将生)はイケイケ大学生。人の思いや哀しみをあざ笑うような胸のむかつく男。今ってこういう若者が多いのかな。ここまでではなくとも、何かに一生懸命な姿や誰かを愛する姿をダサイとする風潮は一部にあるように思う。本当は、打ち込めるもの、全て委ねられる恋、何を捨てても守りたい愛、そんな宝物を持っていない人の方が可哀相なのに。

 孫が殺人犯だと言われて、育ての親でもあるばーちゃん(樹木希林)は混乱して落ち込むけど、そのときバスの運ちゃんがかけるぶっきらぼうな励ましがガツンと素敵。あれは良いシーン。ばーちゃんのエピソードでは、悪徳商法の最後の件がちょっと唐突だったように感じた。オレンジのスカーフに恥じない行為を、と思ったのかな。

 映画の舞台は福岡、長崎、佐賀。土地勘なくてピンとこなかったけど、公式サイトにマップがあったので観たらナルホド!と思ったので、似たような人はコレ見てみてくださいな。

 そういえば、祐一がカーラジオで聞いてるのは79.5。周波数79.5といえば埼玉のNACK5(なっくふぁいぶ)しか知らないので、驚いた。したっけ、同じ周波数でFM長崎なんてあるのか!知らなかったお。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
悪人(上) (朝日文庫)原作本は文庫版だと上下巻。
悪人(上) (朝日文庫)
吉田 修一
悪人 シナリオ版 (朝日文庫)シナリオ版も出てるぞ。
悪人 シナリオ版 (朝日文庫)
吉田 修一; 李相日
妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]こんなメイキングDVDも出てた。
妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]
妻夫木聡; 深津絵里
映画「悪人」 フォトストーリーブック写真満載の本まで出てるぞ。すごい。出し過ぎ。
映画「悪人」 フォトストーリーブック
朝日新聞出版

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。