猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

終着駅―トルストイ最後の旅― 【愛の果て 辿り着くのも やはり愛】

tag ヒューマン コスチューム 歴史 恋愛映画

『終着駅―トルストイ最後の旅―』 THE LAST STATION
2009年・ドイツ=ロシア=イギリス
ロシアの文豪トルストイの最晩年、争いに満ちた愛のドラマを描く。

 トルストイ、というと堅苦しいイメージですよね。著作も堅苦しいですしね。でも、この映画は全然堅苦しくないので大丈夫!トルストイなんか読んだこともないって人でも素直に観ることのできる、愛と葛藤のドラマ。爺ちゃん萌えなら絶対観るべし!

 原作はジェイ・パリーニの『終着駅 トルストイの死の謎』改め『終着駅-トルストイ最後の旅-』。原作にかなりの程度脚色を施したようですが、原作者は真髄をきちんと描けていて素晴らしいと評したとのこと。舞台はロシアだけど使用言語は英語になってます。ロシアンティーが出てくるのでかろうじてロシアっぽい雰囲気。

 いやあ久々にラスト辺りで延々泣いた。観るときはハンカチ2枚とポケットティッシュが必要ですよ。主にトルストイ(クリストファー・プラマー)と、世界三大悪妻の1人と呼ばれた妻ソフィヤ(ヘレン・ミレン)との愛と確執を描いています。老夫婦の複雑な関係。そしてトルストイの信奉者、弟子達の思惑。それを新しく入った純粋な秘書ワレンチン(ジェームズ・マカヴォイ)の目を通して描きます。

 ちなみにロシア的な綴りはLev Tolstoy、英語圏ではなぜかLeo Tolstoyになります。日本語ではレフ・トルストイ。あれだね、日本でもカナ表記にする際、実際の発音とかけ離れることがあるけど、そういう感じかね。
終着駅 トルストイ最後の旅 [DVD]終着駅 トルストイ最後の旅 [DVD]
ヘレン・ミレン
クリストファー・プラマー 他

コトノハ


"I am the work of your life, you are the work of mine. That's what love is!"
(私はあなたが作り上げたの、あなたは私が作り上げたの、それが愛よ!)

 世間に悪妻と評されたトルストイの妻ソフィヤの台詞。トルストイが聖人的な立場で、肉体的な愛を拒否する思想を表明したもんだから、その妻は悪妻でなければならなかったのだろう。信奉者にとっては。

 愛情深く、トルストイと共に小説を作り上げてきた自負のあるソフィヤだからこそ、こういう事が言える。世間で言われてるような聖人君子ではないありのままのトルストイを何十年も見てきて、愛して、13人もの子供を産み育てて、仕事を手伝ってきた。お互いがお互いの人生の作品だ、と自信を持って断言するソフィヤが美しい。

どんな映画?
 トルストイ主義と呼ばれる社会運動が起こった。それは文豪トルストイの手を離れてどんどん厳格に育っていった。彼の弟子、コミューンを作る信奉者たちの方が、トルストイ本人よりも真剣に“トルストイ主義”的生活を実践していた。

 反権力、反国家、反教会、非暴力、自然主義思想、自由・平等・平和主義。冨は人間を腐敗させる。土地の私有を批判(土地は空気や水と同じく万人のものと主張)、肉体的欲望の否定などなど。とりわけ国家や宗教といった権力に反抗し、個を重視していたトルストイ。

 反教会は、信仰をなくしたというより、神は一人一人と繋がっているというプロテスタント的意味合いだ。イエス・キリストの神性を否定(預言者は人間である)、処女懐胎などの寓話(神秘性を高めるための嘘)の否定。神は我らの内に宿る。教会なんて形は必要ない。個々が心で祈ればそれで良いのだ、とした。

 映画では、一人歩きをはじめたトルストイ主義にトルストイ本人が窮屈な思いをしていた様子が描かれている。だって、自分は若い頃さんざっぱらヤンチャをしたんだから。忘れられない美しい女性とのアヴァンチュール、とかね。放埒な若い頃の自分あってこその、現在の自分。貴族として豊かな環境に生まれ育って、好き放題できたからこその、現在の自分。なにか矛盾しているのだ。

 そんなトルストイの理想と現実。高邁な理想を掲げながら、自分はお金に困ることもなく、妻に13人の子を産ませ、不自由ない暮らしをしている。農民のような服装をしているのが、理想との折り合い。妻ソフィヤは若い頃の彼を知っているし、豊かさの恩恵に与っている暮らしぶりも知っている。そりゃあ、アンタは聖人君子なんかじゃないって言うよね。ソフィヤにしてみれば、彼はただの愛しい伴侶。

 著作権の放棄にしても、ソフィヤの怒りはもっともで。だって彼と共に作ってきた小説は、ソフィヤのものでもあるから。それをないがしろにされたら、一緒に仕事した日々は何だったの?私のことは考えてくれないの?私があなたの作品の一部だってことも認めてくれないの?ってなるよね。単に金銭的な問題じゃないんだと思う。

 ソフィヤがレフ(・トルストイ)を呼ぶのに度々ラブ―シュカLeovochka(愛しい人)と言ったり、深く情熱的な愛情がよく描かれていて素敵。機嫌を損ねたレフに「フィガロの結婚」を聞かせて、笑顔にさせたのも素敵。特にベッドで鳥の鳴き声でやりあう姿は、本当に微笑ましい。陽気でまっすぐなソフィヤは、レフの人生を明るくしてくれたに違いない!ただその反面、直情径行な彼女に心の平安を乱され続けたのが複雑なところ。愛していても、理想主義なレフにはソフィヤの現実性が苦しいのだ。

 トルストイの理想の実現は弟子チェルトコフ(ポール・ジアマッティ)が担当し、現実部分はソフィヤが担当していたのだろう。トルストイの内面で相争う理想と現実が、チェルトコフとソフィヤの争いであり、どちらへの思いも捨てられない葛藤をまざまざと表面化させる。

 そうして迎える最期。ソフィヤの語りかけと、レフの苦しい息づかいが胸に迫る。夫婦にしかわからない、通じ合った心の対話。このシーンは、中盤で語られるプロポーズのときのエピソードがあるからこそ活きてくる。

 エンドロールが始まると実際のトルストイ一家の古い映像が流れる。それがまた、ああ実際に生きていたんだなあと感慨ひとしお。この映画がアンソニー・クインに捧げられているのは、彼が元々原作小説の映画化を企画していたから。トルストイを演じる予定だったけど、企画が詰まる前に亡くなってしまった(2001年没:享年86歳)。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 トルストイの娘サーシャを演じたアンヌ=マリー・ダフは、秘書ワレンチンを演じたマカヴォイさんの妻。夫婦初共演!

 トルストイその人を演じたクリストファー・プラマーは、最近では『Dr.パルナサスの鏡』でDR.パルナッサスを演じてました。賢者然とした風貌が、今回のトルストイにもぴったりでした!わりと声優もやってて、『カールじいさんの空飛ぶ家』で冒険家マンツ、『9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~』ではナンバー1(リーダー)を演じていたよ。先頃、デヴィッド・フィンチャー監督のリメイク版『ミレニアム ドラゴン・タトゥの女』に富豪役(依頼人)での出演が公表されたので、こちらも楽しみです。

 妻、ソフィヤ役ヘレン・ミレンはなんか最近熱い!日本公開の決まったシェイクスピア映画『テンペスト』(2011年初夏日本公開予定)で主役プロスペローを演じたり、アメコミ原作のアクション・コメディ"RED"で元CIAの殺し屋をカッコ良く演じたり、サム・ワーシントン共演のアクション・サスペンス"The debt"とか。

でもヘレン・ミレンといえば私の中では『ホワイトナイツ 白夜』のバリシニコフの元恋人役!ここでもロシア人の役だけど、ミレンはお父さんがロシア人なのでまったく違和感ないよ!あと、最近では『消されたヘッドライン』の編集長も良かったわね!あと'99年の『鬼教師ミセス・ティングル』

関連作品のようなもの
終着駅―トルストイ最後の旅 (新潮文庫)原作本。
終着駅―トルストイ最後の旅 (新潮文庫)
ジェイ パリーニ
戦争と平和(全6巻)長大な小説。妻は6度も清書したと言う。
戦争と平和(全6巻)
トルストイ
アンナ・カレーニナ (中公文庫―コミック版)この小説からの引用もアリ。漫画になってるのね、ニッポンてすごい。
アンナ・カレーニナ (中公文庫―コミック版)
いがらし ゆみこ;トルストイ
愛と微笑みのパッション―西シベリアをめざしたトルストイ主義者たちトルストイ主義な生活を守り通した人々の記録。
愛と微笑みのパッション―西シベリアをめざしたトルストイ主義者たち
人見 楠郎; 油家 みゆき
モーツァルト:歌劇「フィガロの庭での食事シーンでソフィヤがかける曲。
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」
ジュリーニ(カルロ・マリア)タッディ(ジュゼッペ)

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんにちは!

なるは | URL | 2010年10月23日(Sat)14:22 [EDIT]

Pさんの映画レビューを読んで…
言葉が出ないです。
全部全部語ってくれたように思いました。
そういうことか…!と
やっと自分の中で答えを見つけられた気分です!

>私があなたの作品の一部だってことも認めてくれないの?

>夫婦にしかわからない、通じ合った心の対話。

この2文が、この映画の言いたいことなんだなぁと、
グッときました…!!

娘サーシャを演じたアンヌ=マリー・ダフが、
マカヴォイさんの奥さんだったなんて
知りませんでした知りませんでした!!
わーっ!!!!

>なるはさま。

P | URL | 2010年10月31日(Sun)23:03 [EDIT]

妻の気持ちは、実感としてわかったので。
ただ、映画だけで観ると妻の気持ちは少しわかりにくいのかもしれませんね。
年とれば、イヤでもわかるかと思いますよw

マカヴォイさんの奥様は地味めの美人て感じですよね。
お似合いです!

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[映画『終着駅-トルストイ 最後の旅-』を観た]

☆私は東京の23区外に住み、忙しく、もっぱらシネコンでしか映画を観れなくなっているのだが、  たまに、シネコンが「シネ魂」を見せてくれて、メジャー流通に乗らないミニシアター系の作品をひょっこりと公開してくれたりする。  『終着駅-トルストイ最後の旅-』...

『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 2011年02月24日(Thu) 22:02

終着駅 トルストイ最後の旅

終着駅 トルストイ最後の旅 トルストイ主義者の青年・ワレンチンはトルストイの秘書に採用され、トルストイと同居する事となる。トルストイの妻・ソフィヤと対立するトルストイの一番弟子・チェルトコフから、ソフィヤの動向を報告するよう命じられていたワレンチンだが....

シネマDVD・映画情報館 2011年02月15日(Tue) 06:26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。