猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トラブル・イン・ハリウッド 【お仕事だ くだらん問題 片付けて】

tag コメディ 動画付き

『トラブル・イン・ハリウッド』 WHAT JUST HAPPENED
2008年・アメリカ
ロバート・デニーロ主演、ハリウッドの内幕コメディ。

 原作本はハリウッドの映画プロデューサー、アート・リンソンのノンフィクション"What Just Happened: Bitter Hollywood Tales From the Front Line"。これ、邦訳出してほしい!映画に主演したデニーロ様のことも書かれているそうで、映画スキーには大変楽しめそうな本ですよ。

この映画は、原作本を元に著者リンソン本人がフィクションとして脚本化したもの。

 そんなわけで、かなり生のエピソードが詰まってる映画製作の裏側コメディ。撮影に入るまでに主演スターのもじゃもじゃヒゲを剃らせようと胃を痛める件では、スターをブルース・ウィリスが演じるよ。そしてもう一つの問題映画の主演にはショーン・ペンが!もうこれだけで満足です。業界人スタンリー・トゥッチも良い味出してました。
トラブル・イン・ハリウッド スペシャル・エディション [DVD]トラブル・イン・ハリウッド [DVD]
スペシャル・エディション
ロバート・デ・ニーロ
ショーン・ペン 他

コトノハ


"In Hollywood, everybody can hear you scream"
(ハリウッド、あなたの叫びを皆が聞いている)

 本作の宣伝文句。さすがに映画業界ムービーだけあって、これは『エイリアン』の宣伝文句"In space no one can hear you scream"(宇宙、あなたの叫びは誰にも届かない)のパロディ!

どんな映画?
 主人公は映画プロデューサーのベン(ロバート・デ・ニーロ)。いくつか早急に解決すべき問題を抱えており、私生活では別れた妻ケリー(ロビン・ライト(・ペン))への未練であたふた。まだ若い同業者の自殺や、前の妻との間の娘ゾーイ(クリステン・スチュワート)の様子が気になったりもしている。

今回の画像は米国公式サイトのダウンロード用壁紙から。
wall_01_800x600.jpg


 今回のデニーロ様は可愛い方のデニーロ様です。プロデューサーとして、映画を作る側の人間と、カネを出す人間の間に挟まれて困ってます。ラストまでデニーロ様のキュートな仕草満載だよ!芸術とビジネス、どちらかを立てれば他方が立たず。でも結局は興行的成功の為に、ビジネス側の意見に従うしかない。

 スタジオの応接間には『ジュラシック・パーク』を思わせるポスターが飾ってあるけれど、そこには数字(興業収入)しか書かれていない。監督も俳優も何もなく、ただ数字がデカデカと!数字がすべてなのさ。そんな資金提供側のシビアな態度をキャスリン・キーナーが厳めしく演じていて素敵。

資金提供者はカネもクチも出します。
wall_03_1024x768_20101012195745.jpg


 まあ、映画ファンの人でも興業収入だけで映画を判断なさる方もいらっさるよね。私も多少の目安にはしてるけど、売れたから良い映画とは思わない。結局は自分の好みに合うかどうかが全てだよな。確かに“大衆の好み”に合わせないと儲からないどころかハンパねぇ赤字を抱えることになるから、健全な映画製作にはビジネス・センスも必要なんだろう。

 主人公ベンが抱える問題のうち一方では犬の射殺が問題となっていました。私は、そのくらい別に残酷でもないだろう…と思うのだけど。なぜかこれが大問題。実際に、一部のアメリカの観客はこんなシーンを観たら泣き出したり怒り出したりするのだそうだ。正直、理解できない。

 なんか映画の本質に関係ない些細なことでも、観客が望まないことはタブーって感じで。それはちょっと残念な気がする。マーケティング本位になってしまうと、小さくまとまるしかないというか、枠組みの中でしか作れないというか。ねえ。ドッカーンと意外性のある映画って面白いじゃんか!後味悪い映画って良いじゃんか!

当時ショーン・ペンの妻だったロビン・ライトがペンと共演。
wall_02_1280x1024.jpg


 あと気になったのがショーン・ペン夫妻(当時)共演!撮影当時はまだ離婚していなかったとはいえ、この二人は何度も離婚を踏みとどまってきた過去がある。ペンは主演スター役での出演で、妻ロビンと一緒のシーンはなかった。映画中でロビンはデニーロ演じるベンの別れた妻役。うまく別れるためのカウンセリングを二人で受けていたり、ついつい元夫によろめいたり。どこか実際のロビン・ライトとかぶるような。何とも皮肉。

ひげもじゃブルース・ウィリス。
wall_04_800x600.jpg


 もう一方のトラブル、ヒゲ問題は原作にも書かれてるそうで、本当はアレック・ボールドウィン『ザ・ワイルド』の撮影に入るときのことだったとか。当時は二枚目俳優だったアレック、そりゃあモジャモジャで誰だかワカラナイようだと女性ファンは不満だろうな!それを映画ではブルース・ウィリスがユーモアたっぷりにイキイキと演じてます!一番輝いてたよ!

 ブルース・ウィリスといえば最近こんなことがありました。レディ・ガガにインスパイアされたんだよ、と言って生肉でできたドングリ帽子状のカツラを被ってトークショーに現れたのです!その時の映像は下に貼っとくね。おもろいオッサンだなー。

Letterman show -Bruce Willis Goes Gaga Meat.


「ブルース、髪を染めたの?」
「いいや、ナチュラルさ。これは肉カツラ。」
凄いのはレターマン(番組ホスト)にこの肉を食べさせちゃうところ!
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
What Just Happened?: Bitter Hollywood Tales from the Front Line原作本。英語224㌻。デニーロのことも書いてあるとか。
What Just Happened?: Bitter Hollywood Tales from the Front Line
Art Linson
ザ・プレイヤー [DVD]ハリウッドの内幕といえば、この映画が最高!
ザ・プレイヤー [DVD]
ティム・ロビンス; グレタ・スカッキ
ザ・ワイルド [DVD]くだんのもじゃヒゲ問題映画。
ザ・ワイルド [DVD]
アンソニー・ホプキンス; アレック・ボールドウィン
第三の男【淀川長治解説映像付き】 [DVD]犬が死んだ主人公に駆け寄るのは『第三の男』のパクリですよ!って台詞が。
第三の男【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
ジョセフ・コットン; アリダ・ヴァリ
アモーレス・ペロス スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]最高の映画として引き合いに出されてたよ!
アモーレス・ペロス スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ガエル・ガルシア・ベルナル; エミリオ・エチュバリア

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。