猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダージリン急行

tag コメディ ロードムービー ヒューマン

『ダージリン急行』 The Darjeeling Limited
2007年・アメリカ
ウェス・アンダーソン監督のコメディ・ロードムービー。

13分の短編『ホテル・シュヴァリエ』 Hotel Chevalierと同時上映。
短編は本編のプロローグの役割を果たしているが舞台はパリのホテルの一室。
本編は3人兄弟が列車(ダージリン急行)でインドを巡る珍道中。
ダージリン急行ダージリン急行
(2008/09/03)
オーウェン・ウィルソン
エイドリアン・ブロディ

どんな映画?


本編オープニングで最初にでてくるのはビル・マーレイ。
ゴースト・バスターズ思い出しながら見ていると、彼は列車に置き去りにされてしまい舞台から退場してしまう。
この列車に、マーレイの後から猛ダッシュで追いかけてなんとか列車に飛び乗ったのがこの旅の主役の一人、ピーター。
このシーンでぐっと掴まれる!

そして列車の中で合流した3人兄弟がケンカしながらもインドを旅して、家族の絆を確かめ、
あるいはクルクルと巻き取って棚の上に置いておけるようになる。

ダージリン急行はオリエント急行みたいな列車で、コンパートメントにベッドがあり、食堂車もあり、時折停車するので観光もできる。
最初は細かい旅程どうりに行動しようとするが、破綻して目的のわからない旅になりつつ、移動していく。
いろいろな呪縛から解放されていく、まさに心の旅。
起承転結のしっかりした構成で、笑ったりジンときたりで良い映画でした。後味も爽快に良し。

インドで心の旅だのスピリチュアルな体験だのっていうベタ設定は、わざとなんだろうね。
大切なのはどこを旅するかではなく、誰とどんな旅をするか、だ。
家族というテーマで旅することがそもそも心の旅だものね。
子供ではない皆様にお勧めるよ。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
主役3兄弟はいずれも個性派。
心の旅、スピリチュアル・ジャーニーと頻りと口にする長兄フランシスにオーウェン・ウィルソン
彼のイデタチは、頭に包帯グルグルの痛ましさ。
でももともとの曲がった鼻をしっかり利用して鼻に絆創膏を貼っていたのには笑ってしまった。

次兄ピーターに魅惑の垂れ眉毛エイドリアン・ブロディ
クールなふりしているが本当は人情深くて、何かあったときすぐに行動にうつれるイイ奴。
この人の長身細身(細すぎるが)で手足が長いスタイルの良さと、身のこなしのきれいさが好きだ。

末っ子ジャックに脚本も共同執筆したジェイソン・シュワルツマン
短編のほうで主役。本編では少し控えめ。
ジャックの元・恋人役はナタリー・ポートマンなんだが、ほぼヌードになっていたので驚いた。
ナタリーといえば「私は脱がない」と言っていたものだし、
『クローサー』でもヌードシーンは撮影したもののカットとなって半裸にとどまっていたからねぇ。
しかしまぁ、今回も完全ヌードではなく最重要ポイントは巧みに隠れている。
ナタリーの場合いやらしくならないというか、セクシーでもなくきれい。
次作では全裸シーンにボディ・ダブルを使ったというし、ヌード拒否は今後も続くんだろう。
そんなとこも好きですが。

新スターウォーズでナタリーがクイーン・アミダラだったとき、
彼女に似ているという理由で影武者侍女役に配されたキーラ・ナイトレイは今やほとんどヌーディストだというのになぁ。

今日の毛玉
絆ってなんだっけ?というときに観てホロリとくるがいいよ。
でもオフビートに慣れていない人は眠くなると思うので、たっぷり睡眠をとってからじっくり腰を据えて観ておくれ。

関連作品のようなもの
NHK探検ロマン世界遺産 ダージリン・ヒマラヤ鉄道 (講談社DVD BOOK)旅をしてる気分になりたいときに読みたい本。
NHK探検ロマン世界遺産 ダージリン・ヒマラヤ鉄道
寺井 友秀「探検ロマン世界遺産」取材班
ゴーストバスターズ コレクターズ・エディションビル・マーレーといえばこの映画。
ゴーストバスターズ コレクターズ・エディション
ダン・エイクロイド;ビル・マーレー
スター・ウォーズ 新コンプリート・セット (Amazon.co.jp仕様)ポートマンはクイーン・アミダラ。DVD。
スター・ウォーズ 新コンプリート・セット
クローサーポートマンはストリッパー役でも脱がない。DVD。
クローサー
ジュリア・ロバーツ.ジュード・ロウ
ドミノそれに引き換え、キーラちゃんはやおら脱ぎだす。
ドミノ
キーラ・ナイトレイ
コブラ ハンドパペットコブラ ハンドパペット

毛玉内関連記事:スラムドッグ$ミリオネア 【負けはしない 彼女のためなら えんやこら】
           宮廷画家ゴヤは見た
           黒澤の『天国と地獄』がハリウッドでリメイク!
           3人のゴースト 【人生も そろそろここらで 要・変化】
           お買いもの中毒な私! 【依存症 心の絆に 気づくとき】
           チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ 【ゆるゆると インド中国 ミキシング】
           サンシャイン・クリーニング 【みじめだと 思われたくない みじめ気分】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。