猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピーター・ウィアー監督の脱出記"The Way Back"予告編

tag ヒューマン ロードムービー 動画付き

 ハリソン・フォード主演でアーミッシュの文化に触れた『刑事ジョン・ブック 目撃者』、ロビン・ウィリアムスが教師の死せる詩人の会『いまを生きる』、少年兵をまとめるラッセル・クロウが熱い『マスター・アンド・コマンダー』、アメリカ永住権を巡るロマンス『グリーン・カード』、作られた世界で暮らすジム・キャリーの『トゥルーマン・ショー』、ジャングル開拓もの『モスキート・コースト』…と、異文化との出会いを軸に名作を撮ってきたピーター・ウィアー監督の新作!

脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち (ヴィレッジブックス) スラヴォミール・ラウイッツの手記『脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち』を原作にしたサバイバルもの"The Way Back"です!カーッ!!燃えるね!

 1941年、第二次大戦のさなか、ポーランド陸軍騎兵隊中尉ラウイッツはスパイ容疑で逮捕される。無実なのに25年間の強制労働の判決を受けた彼は6人の仲間と脱走。シベリアの強制収容所から、モンゴル、ゴビ砂漠、チベット、ヒマラヤを越えてなんと4000マイル(約6,400km)を歩くのだ!インドまで徒歩の旅。

 出演はジム・スタージェス、コリン・ファレル、エド・ハリス、シアーシャ・ローナン、マーク・ストロングなど。これまた渋いキャストよねえ。もう、もの凄く観たいわ!予告編観てってくださいな。

"The Way Back"インターナショナル予告編


 砂漠、狼、川、雪とあらゆる苦難が立ちはだかる中、一行は進む。ウィアー監督らしく、アジアの異文化に触れる場面も描かれているね。狼のCGがちとショボいとはいえ、壮絶なサバイバルと、人と人との温かな触れあいが描かれていて超楽しみ!

 アメリカでは12月後半に単館ロードショー。のち、2011/1/21から拡大公開予定とのこと。さて、日本公開はあるだろうか?あって欲しい!なかったら本当残念過ぎる!
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。