猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

GAMER 【肉体を レンタルします 操れます】

tag アクション SF スプラッター 動画付き

『GAMER』 GAMER
2009年・アメリカ
『アドレナリン』のネヴェルダイン&テイラー監督、脚本のSFアクション。

 我が愛しのジェラルド・バトラー主演!ジェリーってば、ロマコメづいてたからさ-。こういう男臭いムンムンのアクション、久しぶりじゃないですか~?そりゃあ喜んで観ますともさ!しかもサイバーパンクなSF設定じゃあないですか。大好物や、うえっへっへ。

 まあ、蓋を開けてみたら、SF分がオマケみたいなものでしたけどね。普通にアクション映画です。コール・オブ・デューティを人間の体使ってやってるゲームみたいな。他人の体を使ってやる実弾のサバゲーみたいな。映像やアクションや音楽やジェリー(バトラーのこと)は大変に素敵でしたわよ。映像は本当に凄いから!

 余計な期待はせずに、B級アクションを楽しむぞ!って気持ちで観て頂きたい。あとグログロ血しぶきなので、苦手さんはお気を付けて。血飛び、肉躍る。ノリとしては『レポゼッション・メン』みたいなグロ・ユーモアです。監督のネヴェルダイン&テイラーのコンビは3Dで撮りたかったのだけど、予算がおりず諦めたとか。お金は大事だね。

 ジェリー主演の、次の日本公開作品は『完全なる報復』2011/1/22~公開!これもまた男臭いリーガル・アクション!共演はジェイミー・フォックスですよ。以前のエントリを参照くださいな。
今冬11月~1月に観たい男前映画
Gamer (Score)Gamer (Score)

コトノハ


"I don't know, because you're my psycho."
(どうかな。アンタは僕のサイコだから。)

 死刑囚の生身の体をアバターとして使っての、戦争ゲーム。プレイヤーは言う。自業自得だろう、こいつら皆イカレてんだ(サイコ)。殺人犯なんだから、こんな目に合ったって自分が悪いんだ。自分が操るキャラクターだけは死なれちゃ困るけど。

どんな映画?
 そう遠くない未来。脳にナノ細胞を移植して、他人の体を操る技術が発展。つまり、他人の生身をアバターにする社会。それはビジネスになり、ゲームになる。

 この映画には3つの世界が描かれる。近未来の社会、ソサイエティというリアル・ゲームの世界、死刑囚を操るスレイヤーズという戦争ゲームの世界。この3つは映像にハッキリ違いがある。近未来の社会はノーマル。ソサイエティはポップでカラフルでコントラストの強い、彩度の高い映像。スレイヤーズはザラザラした、色彩の乏しいグレー調。撮影にはREDカメラ(小型のデジタルカメラ)を使用していて、とりわけスレイヤーズでは臨場感のある映像が撮れている。で、この3つの世界を繋げるのが主人公のケイブル(ジェラルド・バトラー)。

 この世界観は面白いんだよなあ。でも戦争ゲームだけにすれば良かったのかも。

 ソサイエティってゲームは、言ってみればセカンドライフとかのオンライン・ソーシャル空間をリアルに持ってきた感じ。そのアバターが生身の他人で、行動場所がリアルの特定のゲーム会場ってだけ。うん、確かにナノ細胞で他人を操れるとなったら、まずコッチかもしれない。こういう設定自体は『ニューロマンサー』の肉人形チックで好きなんだけど。

 主人公ケイブルの目的は、戦争ゲームで勝ち抜いて特赦を受けて娑婆に戻ること。でも自分を動かしているのは自分の意志ではなく、どこかの誰か。プレイヤーだ。幸いケイブルを操るプレイヤーのサイモン(ローガン・ラーマン)は滅茶苦茶うまい。

 ストーリーはなんかもう、どうでもいいや。どうでも。シリアスな場面かと思いきや、急に歌い踊ったりされるのが笑いどころ。あと車に燃料を補給するシーンがあるんだけど、まったく馬鹿げていて笑うしかない。そんなんで車、走るのかよ、と。近未来ではエネルギー効率が素晴らしく良いのかもしれないですねえ。

 残念だったのは、ケイブルとプレイヤー・サイモン少年の絡みが少なかったこと(変な意味じゃなくて!)。あれだけ強いサイモンというオタ少年は良いキャラだと思うんだ!だからもっとメインストーリーに関わっていて欲しかった。ケイブルとサイモンを繋ぐ何かが欲しかった。ケイブルが勝ち続けたのはサイモンに偶然選ばれたから、ってだけじゃあ弱いもの。

 SF的展開にはならず、結局最後までアクション濃度の高いまま突っ走る。もっとSF魂のこもったストーリーだったならば、名作になったかも知れない。勿体ない。まあいいか!アクションと映像だよ、見所は!あと全体的に音楽もとっても良かった。カッコ良かった。予告編にも使われていたのはマリリン・マンソン。

"Sweet dreams as made of this" マリリン・マンソン


 うん。これはこれで、面白かったから良いか。物足りない、というのはワガママというものだろう。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 ジェリー!ジェラルド・バトラー!カッコいいよ、ジェリー!最近ちょっと太ってるけど。アゴ周りに肉付いてるけど、気にしないよ。そんなジェリーはやっぱり男臭い役をクールに演じてほしいのだ。この映画みたいに。もうロマコメとか出ないでおくれ。遺跡発掘タイムスリップ『タイムライン』でのジェリーが最高です!主役じゃないけど。主役喰ってるから!

 天才プレイヤーのサイモン少年を演じたのはローガン・ラーマン君。『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の主役の子ですな。彼は良い役者になりそうだぞ。本作では残念な扱いだったけど、妙なユーモアと飄々とした感じが良いですよ。

 ケイブルの妻アンジーにアンバー・ヴァレッタ。サンドラ・ブロック主演の『シャッフル』で謎の女を演じてたお方。今回もメイクで随分お顔が変わるぜ。どこか不幸なオーラが出てるのもまた良いですな。薄幸の美女キャラが似合う。

 TVショーのホスト役にキーラ・セジウィック。ケヴィン・ベーコンの奥様であり、ジュリア・ロバーツ似の方ですな。近未来っぽく、派手な衣装とキラキラスパンコール・メイクで素敵でしたわ。ベーコンが監督してキーラが主演した、愛情過多な母親ドラマ映画『バイバイ、ママ』は哀しくて沁みる良い映画です。お薦め!

 他、『スペル』主演の童顔かわいこちゃんアリソン・ローマン『ランド・オブ・ザ・デッド』などの基本やられ役なジョン・レグイザモなど。

関連作品のようなもの
夢のチョコレート工場 [DVD]主人公を助ける女の人がなぜかウンパルンパのコス!
夢のチョコレート工場 [DVD]
ジーン・ワイルダー、ジャック・アルバートソン 他
ピノキオ プラチナ・エディション (期間限定) [Blu-ray]主人公に送られた刺客が歌い踊るのは"I've Got No Strings"。操り糸はないって。
ピノキオ プラチナ・エディション (期間限定) [Blu-ray]
ディズニー
デス・レース [Blu-ray]この映画と設定が似てるわね。コチラはカーアクションですが。
デス・レース [Blu-ray]
ジェイソン・ステイサム、ナタリー・マルティネス 他
I've Gotta Be Me終盤で開発者が踊るのは"I've Got You Under My Skin"。ワロタ。
I've Gotta Be Me
Sammy Jr. Davis
g@me.(通常版) [DVD]題名が似てるだけ。懐かしい誘拐恋愛映画。仲間タンのえっちシーンあるよ!
g@me.(通常版) [DVD]
藤木直人、仲間由紀恵 他

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GAMER

GAMER'09:米◆原題:GAMER◆監督:ネヴェルダイン 、テイラー 「アドレナリン」◆出演:ジェラルド・バトラー、マイケル・C・ホール、アンバー・ヴァレッタ、ローガン・ラーマン、テリー ...

C'est joli~ここちいい毎日を~ 2011年01月04日(Tue) 10:50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。