猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ビヨンドtheシー~夢見るように歌えば~

tag 恋愛映画 音楽映画 ミュージカル

『ビヨンドtheシー~夢見るように歌えば~』 BEYOND THE SEA
2004年・アメリカ=独=英

情熱。すべてをかけて、長いときをかけて、作り上げる情熱。
そのプライスレスな熱い思いを感じることができる映画。
ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~ビヨンドtheシー
~夢見るように歌えば~

(2005/10/07)
ケヴィン・スペイシー
ケイト・ボスワース


どんな映画?


ボビー・ダーリンは7歳の頃、リウマチ熱を患い心臓をヤラレタ。
医者には「15歳まで生きればいい」と診断され、病と付き合いながら成長し、ナイトクラブをはじめとするショービズ界でスターになった。
成功と失望を味わった彼は、2回目の心臓手術後、37歳で亡くなった。

そう、亡くなったのは37歳。
演じるスペイシーは、この時45歳である。しかも老け顔の。
そこに、鑑賞前からひっかかりを覚えていたのだが、映画が始まるとすぐに
自分を演じるのに、老けすぎているなんてコトがあるか」と言うクダリがありました。
明らかに、「スペイシーがボビーを演じるなんて年とりすぎだよ」というこちら側の疑念への回答でしょう。
だからといって、違和感を拭い去るのは決して容易ではないけれど。

でも、そこさえ乗り越えれば、私たち観客は夢を見れます。

古き良き時代の雰囲気がスクリーンに溢れ、スペイシーの歌声とジャジーな身のこなし、
取り巻く群舞に惹きこまれます。
ロマンティックで、幻想的な映画。
舞台と映画、過去と現在、そして未来、もうひとりの自分との対話、想像と実際・・・。
あらゆる境界が交錯し、まさに夢見る気分です。

さぁ・・・心の中で生きているボビーが歌いスイングする。
一緒にスイングして、月光の中を歩こう。
そこは、大好きな思い出に照らされた夢幻の空間。
にほんブログ村 映画ブログへ
印象的な台詞たち
私が一番驚いたのは、台詞の素晴らしさです。
「想い出は月光のようなもの。好きに変えていいんだ」
これはステキな言葉! 

電撃結婚したサンドラ・ディーとのエピソードもロマンチック。
Bobby 「ボクとなら簡単さ」
Sandra「・・・何が?」
Bobby 「恋に落ちるのが・・・」


新婚初夜のエピソードもロマンチックでした。
Sandra「(泣)こわいの。あなたは私を知らない。私はあなたを知らない。
       きっと、私あなたを傷つける・・・傷つけたくないの・・・」
Bobby 「・・・愛してるよ」

慈しむような暖かな愛情のこもった瞳で見つめ、
泣いているサンドラに見とれ感動しながら、ただ愛している、と告げる。
そして、やおら騎士の剣を持ってある提案をする。
アーサー王伝説の中の有名なエピソードをまねしてみようと。
詳しくは映画で観ていただきたいのでココマデ。アーサー王ファンはニヤリとするはず。

サンドラとの場面だけでなく、親友たちとの場面もまた良かった。
Bobby     「自分を探したいんだ・・・。」
マネージャー 「(怒)好きなだけ探すがいいさ!みつけたら電話しろよ! 
               だがな、みんなお前がダレかなんて知ってる!」 →去る

そう、あなたがダレだか、私は知っていますよ・・・。
私の中にいるあなたを知っている。
ヒトの目に映る自分も、また同じ自分です。

本当に、いちいち台詞が優れた映画です。

俳優は誰?
ケヴィン・スペイシーのワンマン映画だとお断りしておこう。
'50年代から'60年代後半のスイング界伝説のスター、ボビー・ダーリンにまるっとナリきるスペイシーがとにかくスゴイ。
ちなみに映画中で歌っているのは紛れもなくスペイシーその人。 多才じゃのぅ。
スペイシーの目って、どうしてあんなに優しくて不安げで悲しみを湛えているのだろうか。
彼の目が好きだ。
あんな目ができる俳優さんは、そういない。

サンドラ役のケイト・ボスワースが輝いていました。
弾けるばかりの笑顔!ボビーへの愛情と可憐な振る舞いがとてーもキュート。

素晴らしい俳優さんが、もう1人。
巨体俳優ジョン・グッドマンがボビーのマネージャー役。
妙に哀愁のあるヒトで、今回の役もはまっていた。
彼の印象的な、仲間っていいなーというシーンをご紹介。

ボビーが映画撮影する現場。
ボビーの勝手な振る舞いに頭を悩ませる親友連中。
親友たち「あのass hole(くそ野郎)が。あの傲慢な態度を見ろよ。まったく・・・」
スタッフの一人が調子を合わせて口をはさむ。
スタッフ 「本当に!あんな傲慢なass holeどうかしてる!」
親友たち、黙って聞いて振り返ると。
グッドマン「あのass holeは俺たちのass holeだ。お前のじゃない!」


個人的に残念だったのは、サンドラの母を演じたグレタ・スカッキ
ハリソン・フォード主演の『推定無罪』では、ミステリアスな愛人役でそのエキゾチックな美貌を見せ付けたというのに。
言われなければ、彼女だなんて気づきません。 時は流れたってことなのね。

関連作品のようなもの
ビヨンドtheシー~夢見るように歌えば~サントラCD。
ビヨンドtheシー~夢見るように歌えば~
ケヴィン・スペイシー
ビヨンド・ザ・シー~伝説のボビー・ダーリン(CCCD)本物ボビー・ダーリンのCD。
ビヨンド・ザ・シー~伝説のボビー・ダーリン(CCCD)
ボビー・ダーリン
スウィンギン・ザ・スタンダーズ同じくダーリンのCD。
スウィンギン・ザ・スタンダーズ
ボビー・ダーリン
ビヨンド ザ ビヨンドビヨンド ザ ビヨンド
PlayStation

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。