猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オペラ座の怪人

tag ミュージカル コスチューム

オペラ座の怪人』 THE PHANTOM OF THE OPERA
2004年・米=英
言わずと知れたアンドリュー・ロイド=ウェバーのミュージカルを映画化。
本作はロイド=ウェバーその人が脚本を担当。
監督はジョエル・シューマッカー。男を魅力的に撮らせたら世界一かもしれない。

運よくTHX規格のシアターで観る事ができました。
THXとは平たく言えば、音響と映像がおたくなルーカス監督の定めた規格を満たした劇場ってことです。

字幕が戸田さんだったのでアレだったかもだ。
参考:字幕座の壊人
オペラ座の怪人 [Blu-ray]オペラ座の怪人 [Blu-ray]
ジェラルド・バトラー
エミー・ロッサム
パトリック・ウィルソン

どんな映画?


まず、オープニングで廃墟が煌びやかなオペラ座へと変化する場面。
やられました。
もう、ここで涙が出ます。
あのテーマ曲が重低音よろしく鳴り響き、畏怖さえ覚えるほど。

そして、歌。
どうせ吹き替えだろうとタカをくくっていたのですが、とんでもなかった!
主演3人、吹き替えなし
だそうです!観ていて違和感なかったので本当でしょう。

クリスティーヌと、幼馴染の愛する貴公子ラウルと、悲しい狂人ファントム。
三角関係っちゃ、そうなんですが。クリスティーヌの揺れる心がとても甘く切ない。
女性なら、クリスティーヌの気持ちがわかりますよね?ね?
観ていて思ったのが、男性はクリスティ-ヌの態度をどう思っているのだろう、ということ。
(ファントムへの愛は父への愛であり、孤独な魂への愛であり、芸術に対する愛であり・・・複雑なものですね)
ファントムがひとり、孤独に「マスカレード」を歌う(というより口ずさむ)場面でもう、
涙が止まらなくなりました。
音楽・歌だけでも素晴らしいのに、ストーリーもきちんとツボにきました。

愛は何かを変える力を持ってる。
いや、愛だけが、何かを変える力を持ってる。
今も頭の中でファントムとクリスティーヌが歌っています。

俳優は誰?
ヒロイン、クリスティーヌ役はクリスティーヌのイメージそのまんまのエミー・ロッサム(17歳)。
清らで夢見る瞳の美しいひと。
彼女の歌は本当に天使の歌のようだった。
しかし舞台度胸があるんだなーと思ったら、彼女は7歳の頃からメトロポリタン・オペラの舞台に立ち、ドミンゴやパヴァロッティの側で歌っていたというではありませんか。
恐るべし、17歳。
歌もサルことながら、そのクラシックでピュアで時にセクシーな透き通るような美貌。
彼女は若手で最も注目されてますので、今後が楽しみであります。
デイ・アフター・トゥモロー』にも出てましたね。あと『ミスティック・リバー』の娘役。

孤独な闇の狂気ファントムを演ずるはジェラルド・バトラー(スコットランド出身)。
スコティッシュ訛りがセクシー。『サラマンダー』や『タイムライン』で観た彼の圧倒的な存在感と生命力漲る佇まいが大好きなんですが、残念ながらこの2作が興行的に失敗してますので、日本ではブレイクしていない様子です。

しかーし!もう、これでがっちりファンを鷲づかみしたと信じたい!
彼のファントムは圧倒的です。
端正な顔立ちを仮面で覆い、情熱的に歌うファントム。 (いや仮面の下は・・・なわけですがネ)
クリスティーヌになりたい・・・と思わせます。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)ディスク3枚って、何が入ってるのかね?豪華版DVD-BOX
オペラ座の怪人
コレクターズ・エディション (初回限定生産)

ジェラルド・バトラー
オペラ座の怪人 (角川文庫)原作本。
オペラ座の怪人 (角川文庫)
ガストン ルルー
ファントム・オブ・パラダイスパロディだけどなんていうか悲しい映画。
ファントム・オブ・パラダイス
ポール・ウィリアムズ
1/100 ブレイズザクファントム1/100 ブレイズザク ファントム

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オペラ座の怪人(2004年・米/英)

★ミュージカルの醍醐味が存分に味わえます★以前は映画館でリバイバル作品が上映される事も多かったのですが、ビデオ、衛星放送、DVD,ブルーレイ…と、自宅で映画が気軽に鑑賞しやすくなればなるほど、映画館でのリバイバル上映が減ってしまいました。好きな作品を自...

SCARECROW\'SROOM 2008年12月13日(Sat) 21:58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。