猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

かもめ食堂

tag ヒューマン コメディ

『かもめ食堂』 ROUKALA LOKKI
2005年・日本

日本映画なのに原題が存在する不思議。
舞台はフィンランドのヘルシンキ。
だから原題は現地の言葉で「かもめ食堂」の意。

こわかった。ゾッとしたよ、この映画。
かもめ食堂[Blu-ray]かもめ食堂[Blu-ray]
小林聡美; 片桐はいり

どんな映画?


ヘルシンキでかもめ食堂を営む日本人女性。
開店してひと月経っても客はひとりも来ない。
そのうちに日本かぶれの青年トンミが現れ、それをきっかけにして旅行中の日本人女性と知り合う。
閑古鳥鳴く食堂が、満席になるまでを淡々と綴った映画。

主人公、かもめ食堂の女主人(小林聡美)は頑な過ぎるように私には映った。
ヘルシンキにいながら自分は日本のまま。
周りの環境に合わせることを知らない。  自分の殻に閉じこもっているように見えた。
自己が確立している、ともいえるけれど、柔軟性がなく周りに無関心とも言えるんじゃないか。
あまりにも落ち着き払っているのは、無関心だからじゃない?
うわべだけの人に見えてマイナス印象。

主人公の家に居候して店を手伝う旅行者(片桐はいり)は、努力家のよう。
周りに受け入れてもらう道を探したり、相手を知ろうとしたり、自分から働きかける。
怖がりなところもあるけれど、物事に対してなぜ、なに?を問いながら生きているように見えた。
概ね、主人公には欠けたものを持っているキャラクターだ。

途中から登場する、荷物を失くした旅行者(もたいまさこ)は、ゾっとさせてくれる。
彼女いわく、飛行機の手違いで荷物が行方不明であり、見つかるのを待っているらしい。
でも、映画が進むとおかしなことに気づく。
本当に、電話をしているのか?
荷物は本当に失くしたのか?
初めから持っていない、もしくはホテルにきちんとあるんじゃないか?
キノコは本当に摘みましたか?
その猫は実在しますか?
この人は精神を著しく病んではいないか?

表向きには、荷物を失くした旅行者は非常にオープンで面倒見の良いキャラクター。
なんでもまずは受け入れてみるようだし、3人のうち唯一、過去が明らかにされてもいる。
でも本当に怖い。ゾっとする。
そんな彼女の闇に、登場人物が誰も気づかないのがまた怖い。

この映画は癒し系とかゆるゆる系って言われて、評価も高いようだけど。
私には、面白さには欠けるし、登場人物の内面は窺い知れないし、映像が美しいわけでもなく、
内容もない、メンヘル映画としか思えない。

ところどころの笑いと、女優3人の演技が素晴らしいお陰で最後まで飽きることはないけど。
なぜそんなに絶賛されているのか、私にはわからず仕舞いだった。

岩井俊二の中年版みたいな映画でした。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
かもめ食堂原作本。
かもめ食堂
群 ようこ
めがね(3枚組)似た映画。なのかな。
めがね(3枚組)
小林聡美
花とアリス 特別版叙事詩的映画。映像は凝っていてきれい。
花とアリス 特別版
鈴木杏
IKEAファンブック映画に出てくる家具や小物はまさにイケア。
IKEAファンブック
森井 ユカ
かもめのジョナサンかもめな名作小説。
かもめのジョナサン
リチャード・バック Richard Bach
かごめおにぎり弁当箱 イエロー 1540かごめおにぎり弁当箱 イエロー 1540


毛玉内関連記事:『七夜待』公開間近
           お買いもの中毒な私! 【依存症 心の絆に 気づくとき】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
意外でした。

つかきち | URL | 2008年08月05日(Tue)21:20 [EDIT]

どうもです。
初書き込みコメント。

この作品は、
ミクの「ゆる映画コミュ」とかで評判だったということ
知人から勧められたということ
「やっぱり猫が好き」が好きということで
見ました。
「いいよ~」という声しか目にしなかったので
「ゾッとした」というのは正直、驚きました。
見方が違うと、こういう感想がでるものと
なにかとても新鮮でした。

自分の感想は、正直言うとつまらない、
なにもない映画でした。
日記などには、一様面白いとは書きましたが
盛り上がりも、盛り下がりもなく
なにを伝えたいのか、全く伝わりませんでした。
てな感じです。

また、コメントさせていただきます。

では

>つかーさん。

P | URL | 2008年08月05日(Tue)22:20 [EDIT]

いらはーいませ!

ゆる映画って、作りがゆるいってことですよね、きっと。
なんだかどこを見ても評判が良いですよね。
それなりに笑いもあったし、面白くないわけじゃないんだけど、
そんなに絶賛するほどかぁ~?ってのが正直なところ。
じゃないですか?

好きな人は好きなんでしょうけどね。
観る人の数だけ、受け止め方ありますよね。

承認待ちコメント

| | 2012年11月10日(Sat)08:42 [EDIT]

このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『かもめ食堂』

ヘルシンキで出会う3人の女性たちが紡ぐスローライフのすすめ 『かもめ食堂』 2005年/日本/102min 監督:荻上直子 原作:郡ようこ 出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マルック・ベルトラ 【story】北欧フィンランドの港町ヘルシンキの街角に、日本人女性...

シネマな時間に考察を。 2010年03月19日(Fri) 13:46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。