猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界最速のインディアン

tag ヒューマン スポーツ

『世界最速のインディアン』 THE WORLD'S FASTEST INDIAN
2005年・ニュージーランド/アメリカ

みんな大好き、お爺ちゃん映画だよ!
1967年の実話を元に作られたバイク映画。
スマイルBEST 世界最速のインディアン世界最速のインディアン
(2008/07/25)
アンソニー・ホプキンス

コトノハ


I did it.
(やったんだ)

どんな映画?
ニュージーランドの片田舎で暮らすお爺ちゃんは、若い頃からバイク好き。
愛車で憧れの大会に出るのが夢。そんな63歳。
とうとうアメリカ、ボンヌヴィル塩平原に旅立つ。

出発前、世界の南端の市インバカーギル略してインバカでメカニックな毎日を過ごすお爺ちゃん。
ニュージーは南半球なので北が温暖、南が厳寒になります。
インバカは南極からの風が届くような寒い町だよ。って、行ったことないけど。
ダニーデンまでは南下したんだが、そっから西のクイーンズ・タウンに行っちゃった。
 参考⇒NZ地図
インバカの南に島がありますが、野生のキウイが生息するすごい島、スチュワート島です。
インバカから船かちっさいセスナに乗って渡るしかないっチュ。行ってみたいなぁ。

あ、映画の話な。
アメリカに渡るにもあれこれ問題があったりして、でもモノともせずに諦めずにゴリゴリ実行します。
アメリカに着いてからもいろいろなトラブルが襲い掛かり、お爺ちゃん困っちゃう。
困ってトホホとなりながらも、諦めない。
ひたすらゴリゴリとボンヌヴィルで愛車を走らせることに賭けます。

そんなお爺ちゃんと出会う人々との交流が温かく、でも淡々と描かれていて素敵。
お爺ちゃんは偏見をもたず、誰とでも陽気に話します。
だからなのか、相手も応援したくなっちゃう。
人に助けられることが多いんだけど、助けてもらえるかどうかってのもその人によるものだよね。

実話で、お爺ちゃんもので、旅で、バイクで。
なんだか感動要素がたくさん詰まってる印象を受けるけど、観てみると意外にもあっさりとしている。
そして、つらいだろうけどユーモアを忘れない、素直で頑固で陽気で愛嬌あるお爺ちゃんの魅力に惹き寄せられる。
諦めずに自信を持って突き進むのは、これだけ大変なんだなぁとも思った。

実在のマンローお爺ちゃんは1978年に亡くなった。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
マンローお爺ちゃんにアンソニー・ホプキンス。引退するっちゅーてしてない人。や、どんどん映画出てほしいですけど。
ホプキンス爺の佇まいが素晴らしかった!可愛げのある、まっすぐな感じで。
笑顔の柔和さと目の優しさが素敵過ぎる。
どうでもいいんだけど、腕が短いよね、ホプキンス爺。

出身がウェールズ@イギリスなんで、本来はウェールズ訛りなんだろうけど、本作ではキウイ英語。
キウイ英語は基本イギリス英語なんで、マスターしやすかったのかなー。
キウイは早口。aの発音がaiになったりとかいう特徴があるお。

関連作品のようなもの
バート・マンロー スピードの神に恋した男伝記本
バート・マンロー スピードの神に恋した男
ジョージ・ベッグ
ニュージーランド南島―大自然が生んだ景観を満喫する (旅名人ブックス (61))マンローお爺ちゃんの故郷。本。
ニュージーランド南島―大自然が生んだ景観を満喫する (旅名人ブックス (61))
矢野 晋吾;阿部 泉
USBエンジンハブ (バイクエンジンタイプ)エンジン音がするよ。
USBエンジンハブ (バイクエンジンタイプ)
頭文字D ~高橋涼介のタイピング最速理論~ 特別バトル頭文字D ~高橋涼介のタイピング最速理論~ 特別バトル
Array

毛玉内関連記事:僕の大事なコレクション
           ストレイト・ストーリー
           レスラー 【傷つくよ リングの外じゃ 痛いんだ】
           宇宙へ。 【未知のそら 何を求めて 飛ぶのだろ】
           ニュージーランド・コメディ"Boy"予告編

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
足が短いよりはいいかな?

白犬 | URL | 2008年07月09日(Wed)19:26 [EDIT]

爺さんになっても、こんな風に生きていたいとは思いますが、努力だけはしようと思います。
嫌われじじいにはならないようにしよう。
応援凸です

>白犬さま。

P | URL | 2008年07月09日(Wed)22:43 [EDIT]

え!白犬さんでいいんですかぁ?
ホプキンス爺さまは胴体が妙に太いっすよね。いや、いいけど。
このブログはじめてまだ1ヶ月も経ってないとはいえ、アクセスがありえないくらい寂しくて。ありがとうございます!へこたれないじょ!

TBありがとう

とらちゃん | URL | 2009年08月20日(Thu)21:07 [EDIT]

Pさん、TBありがとうございます。
最近「世界最速のインディアン」をBSで見たのです。
公開当時は、見る余裕がなかったのです。

猫の毛玉本館も見させてもらいまして、楽しかったです。
わては、浜松の方で「捨て犬捨て猫ゼロの会」というボランティア団体に所属しています。
共感できる点がたくさんありました。
映画のリンク先に勝手に追加します。
どうぞ、ご了承ください。ゴロゴロ。

>とらちゃんさま。

P | URL | 2009年08月21日(Fri)10:22 [EDIT]

素敵な映画ですよね。
トラバは、言及リンクがなかったらトラバ返しすることにしてます。
リンクありがとうございます。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界最速のインディアン/THE WORLD'S FASTEST INDIAN(映画/DVD)

伝説のバイクで世界最速―時速300キロ―の記録に挑んだ男の真実の物語 惚れた。信じた。追いかけた。 21歳──<インディアン>という名のバイクと出会う。63歳──生涯の夢<世界最速>に初挑戦。 夢に向かって走り続けた男の<実話>を描く、ヒューマンドラマ。 ...

ロックなパパさんギタリストの『映画と音楽で生きてます』 2009年09月06日(Sun) 22:58

世界最速のインディアン

アンソニー・ポプキンス主演で、1000cc以下のオートバイの世界最速記録を1967年に記録したニュージーランド人の実話をもとにした映画だ。60歳を過ぎて船でアメリカまで渡り、サンフランシスコから陸路ユタ州まで行くのだ。そのバイタリティーは、並大抵のものではない。持ち

とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver 2009年08月20日(Thu) 16:14

世界最速のインディアン DVD

「世界最速のインディアン」のDVDを観ました~♪ この映画も、公開中に観に行きたくて観に行けなかった映画です。 主人公のバード・マンローって実在の人物なんですね。インディアンってバイクメーカーがあったのは知ってたけど、バートの名前は知らんかったです...

観たよ~ん~ 2008年11月09日(Sun) 10:37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。