猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

愛は霧のかなたに

tag ヒューマン 犯罪

『愛は霧のかなたに』 GORILLAS IN THE MIST: THE STORY OF DIAN FOSSEY
1988年・アメリカ
女性動物学者ダイアン・フォシーの半生を描いた伝記映画。

アフリカの山岳地帯に住むマウンテンゴリラが絶滅の危機にあることを知って、
行ってみた。
そんなー ダイアンがー マウンテンゴリラーとー 出会っった~。
(うるるん風に)

もうね、邦題が死んでいいよね。
なんかロマンス映画みたいじゃん、ハーレクインかお?
原題は霧の中のゴリラ、消え行くゴリラってニュアンスなんだが。
愛は霧のかなたに愛は霧のかなたに
(2004/06/18)
シガニー・ウィーバー
ブライアン・ブラウン


どんな映画?


マウンテンゴリラの映像がすごいんだよ!
ほんもの。リアル・ゴリラ。略してリア・ゴリ。リア・マン・ゴリ?
とはいえ、ゴリラ、演技できない。
ボス猿だけゴリラ・スーツを作ったそうです。本物と見紛うほどのできなので違和感ゼロ。
ゴリラの群れの中での演技、撮影といった命がけの映画だけあって、静かな緊張感と興奮が素晴らしい。

ダイアンはコンゴに旅立って、ゴリラたちを観察し交流を深める。
一方、ゴリラを狙う密猟者の存在を知り、義憤に駆られてゴリラを守ろうとする。
その守り方がね、攻撃は最大の防御なりーってか。
割と過激。
密猟者たちも黙っちゃいない。そんなビリビリしたお話だよ。

参考サイト⇒実際のDr. Diane Fossey
約15年間をアフリカの奥地でゴリラとともに過ごし、彼らの研究と保護活動を続けた。
その後も保護活動は続け、再びアフリカの地で研究することにもなった。
種の絶滅は仕方のないことだけど、それを情熱と行動で回避しちゃったんだからスゴイ!
その方法や考え方にはいろいろ意見もあろうかと思うが、すごい人物だというのに異議はあるまいよ。
ここまで全てを賭けてゴリラに尽くした博士に敬意を表させてください。

にわかエコな方々には是非観ていただきたい映画だ。
ところで「エコロジーecology」って本来、「生態学」の意味だって知ってた?
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
ダイアン・フォシー博士にシガーニー・ウィーヴァー
本作でゴールデン・グローブ賞をとりました。
アカデミーはノミネートのみ。アカデミーよくわかんねぃ。
エイリアン』のリプリーでタフなイメージがついちゃったけど、魔女っぽさもあるよね。
あと、二コール・キッドマンが年をとったらシガーニーになる予測。

関連作品のようなもの
霧のなかのゴリラ―マウンテンゴリラとの13年 (平凡社ライブラリー)フォシー博士の記録本。
霧のなかのゴリラ―マウンテンゴリラとの13年 (平凡社ライブラリー)
ダイアン フォッシー
動物研究者ダイアン・フォッシー (こんな生き方がしたい)フォシー博士の伝記本。
動物研究者ダイアン・フォッシー (こんな生き方がしたい)
柴田 都志子
野生のゴリラゴリラの生態DVD。
野生のゴリラ
ナショナル・ジオグラフィック
動物 衣装、コスチューム ゴリラ 着ぐるみ (男性用)動物 衣装、コスチューム ゴリラ 着ぐるみ (男性用)

毛玉内関連記事:パンダフルライフ
           白い馬
           チェ 28歳の革命 【右手に銃 左手に理想 胸に愛】
           アバター(3D・字幕版) 【失われた アメリカの過去 別の未来】
           チェンジリング 【負けぬこと 戦い続ける 勇気もて】
           HACHI 約束の犬 【会いたくて ただ会いたくて ここに来る】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
短い方が楽です

白 | URL | 2008年07月11日(Fri)18:39 [EDIT]

岸和田は遠いので、わざわざ行くにはちと厳しゅうござる。
シガニー・ウィーバーがだんだんゴリラに見えてきたのが印象的でした。(これは良い意味です)
撮影、怖かったろうなと思います。
そのうち、本当に「猿の惑星」みたいになるんじゃないかとほんの少し心配してます。
リンクしていただきありがとうございます。今年のクリスマスはゴリラの気ぐるみを着ようと思いました。応援です

>白さま。

P | URL | 2008年07月12日(Sat)10:21 [EDIT]

シネコンは割と1つぐらいTHX認定劇場あると思いますよ。
ただ、あんまり変わらないから気づかないのかもー。
梅田あたりだと古い館が多いからないのかもしんまい。

シガーニーはタダモノじゃない女優さんですよね!
本当に怖くて緊張しただろうなぁ。

着ぐるみにもいろいろあるけど、こんな巨大バナナを抱えたのはそうそうない気がする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。