猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クライマーズ・ハイ

tag ヒューマン サスペンス

『クライマーズ・ハイ』
2008年・日本
記者出身(群馬県上毛新聞)の横山秀夫が描く渾身の傑作小説『クライマーズ・ハイ』を原作とする映画。

原作の壁は高すぎた、と言わざるを得ないけんども、これはこれで良い映画でした。
1985年、真夏の熱狂の1週間。
群馬県御巣鷹山中に墜落したジャンボ機を報道する地元新聞社の人間模様さー。
NHKテレビドラマ版(佐藤浩市主演)もあるけど、観てないので比較できませんでした。
観たいにゃー。DVD欲しい。
(後日、鑑賞した感想はコチラ →NHKドラマ版『クライマーズ・ハイ』

タイトルは、興奮が極限に達し恐怖感が麻痺する状態。覚めたときが怖いらしい。
クライマーズ・ハイ (堤真一 堺雅人 出演)クライマーズ・ハイ
堤真一 ;堺雅人


コトノハ


「チェック、ダブルチェック」

原作にある台詞を結構忠実に使う中、この台詞は映画版オリジナル。
この台詞にまつわるエピソードもまるっと映画版オリジナル。ヴェルタース・オリジナル。
ネタ元は『地獄の英雄THE BIG CARNIVAL ACE IN THE HOLEのカーク・ダグラス。
サスペンダーとベルトをした人、という描写とともに本作の主人公はこの映画のことを話していたお。
蛇足ながら説明しますと、サスペンダーをしたうえにベルトも装着する=慎重さを表してます。

どんな映画?
監督は『金融腐蝕列島 呪縛』の原田眞人
ここんとこ低迷してっけど、『金融~』は面白かったなぁ。硬派なのが得意なイメージなので期待。
分厚い文庫本の原作ボリュームを2時間25分にどう纏めたのかな、と興味津々で観ましたよ。

主人公は日航ジャンボ機事故の全権デスクを指名された悠木タン。
どんな新聞を作るのか、そのためには何をするのか。
社内の派閥争い、セクショナリズム、といった組織であれば必ず発生する醜い部分をグイグイと見せつける。
ごったがえす社内の様子はすごい。

ギュっと内容を圧縮するために使われる手、その1。
キャラクターの統廃合。
原作の記者の一人玉置(工学部出身)と、内勤で1年生記者に異動になる女性依田千鶴子が融合。
その名も玉置千鶴子。
ちょw!名前まで合併しなくても!銀行か。

他にも、恐らくあのエピソードはこの人がこうした事にしたのかぁ~っていうシーンがモリモリあったよ。
アノ台詞を言う人が意味もなく違う人になってたりして、お前が言うのか!って心の中で突っ込みました。

そういうのは映画化にあたって仕方ないし、それも楽しい。

なんだけど、原作と大きく違う点がとても気になった。
専務派vs社長派という社内の派閥争いがまるっとカット。
インテリヤクザとあだ名される専務なんて出てきやしない。
うん、ストーリーを単純化するために、仕方ないよね。うん。
そこらへんまでは許容範囲。

でもさ、原作で5年前に悠木タンが自殺に追い込んだと思われる後輩記者、望月のエピソードもまるっとカット。
えっと、結構そこ、キモ。
望月の従姉妹のやりきれない思いが、結局は悠木タンの進退を決める大事な要素だった。
カットされたことによって、悠木タンが会社を辞めようと思う理由が弱くなってもうた。
そして、映画では代わりに別の人が死ぬことになって、本来その人は良い記者になる複雑なキャラクターだったのに残念。
その死がストーリー上ほぼ無意味だったことも不可解。

あと、新聞社に並ぶもうひとつの軸である家庭内不和がさ、なんか非現実的なことに。
原作の息子とのまんじりともしない関係はとてもリアルでかっこ悪くて、それが良かったのに。

それに原作ではもう一人の主人公とも言うべき大きな存在だった山ノボラーの同僚、安西の描き方が軽すぎ!
自らは何も語らぬ安西にまつわるイロイロが段々にわかっていくのが、サスペンスとして面白かったんだが。
映画版の安西は、ただのアホの子。これが最も残念でした。

1985年部分の終りもカッコ良すぎる。
原作の悠木タンはこんなカッコ良くない。みっともないところが良かったのに!
元・社長秘書とのうっすらロマンスとか全然いらないから!なにあれ。

原作では17年前を振り返る作り(40歳←57歳)なんだが、映画では現在視点が2007年になっていて年齢とか考えると微妙なんだが(39歳←61歳)。
うんと。そこ、変える必要、あった?

そして現在部分の終わり方も、なんでニュージーランド?
映画っぽく予算使いたかっただけだろ、絶対。
そういう壮大な話じゃなくて、原作は余韻の残る素敵な終わり方だったですのに。
息子との関係も遅々として改善されず、そう簡単にはいかないリアルさが素晴らしかったんですのにー。

原作へのオマージュ(?)なのか、存在そのものをカットされた悠木タンの娘(由香)の幻が見えた。
千鶴子の車の中に阪神応援グッズ!由香は原作中唯一のタイガース・ファンだったから。

全体的に、原作にあったリアリズムが失われ、映画的になった、といったところだろう。
複雑なキャラクター、複雑な人間関係が単純化され過ぎてしまって深みが薄まり過ぎた。
んまぁ、それでもよく纏めたなぁと思うし、普通に楽しめる映画に仕上がっているのではー。
現在視点で、夏の美しい谷川岳一ノ倉沢が観れたので良し、としとこ。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
主人公の記者・悠木に堤真一
良かった!イメージそのまま。まぁ行動がカッコ良すぎるけど、それは監督のせい。
緊張感溢れる顔つきと、気の抜けた顔つきでいったら、気の抜けた顔が好き。

山男の安西に高島政弘
ミスキャストだよね、うん。もっと豪放磊落、常識を超えた好意の塊っぽさが欲しかったところ。
あと絶望的に滑舌悪い。何言ってるか聞き取れないよ!

悠木タンの後輩記者、県警キャップの佐山に堺雅人
にやけ具合といい、掴みどころのなさといい、良かったにゃー。
舞台出身だけあって滑舌良いしね。
NHKドラマ『篤姫』で徳川家定演ってるそうです。テレビ見ないから知らないけど。

社長に山崎努
いやらしく、ねちっこく、色ボケに。にちゃにちゃした感じがよく出てましたの。

関連作品のようなもの
クライマーズ・ハイ (文春文庫)原作本。面白いよ。
クライマーズ・ハイ (文春文庫)
横山 秀夫
クライマーズ・ハイNHKドラマ版DVD。
クライマーズ・ハイ
佐藤浩市
御巣鷹の謎を追う -日航123便事故20年-<DVD>御巣鷹の謎を追う -日航123便事故20年-
米田 憲司
葬り去られた真実―日航ジャンボ機墜落事故の疑惑謎に満ちた事故ですなぁ。本。
葬り去られた真実―日航ジャンボ機墜落事故の疑惑
宮村 浩高
ゴーストバスターズ/ スライマー ダンシングフィギュア スライマー  ダンシングフィギュア/ゴーストバスターズ

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

白 | URL | 2008年07月22日(Tue)23:50 [EDIT]

映画とはほとんど関係ないコメントです。
堺雅人さんの家定、大河ドラマの中であれほど面白い将軍様はいないと思います。最高に笑わせてもらいましたが、死んでしまったので観る楽しみがなくなりました。
なぜ、スライマーでずっと悩んでたんですが、クライマーとかけてるのですね。すっきりしたので寝ます。おやすみなさい。(笑)
応援凸

>白さま。

P | URL | 2008年07月23日(Wed)10:42 [EDIT]

将軍様、楽しかったのかぁ~。
暴れん坊将軍とか信長は型破りで面白かった記憶。
時代劇は良いですね。堺さん、見たかったなぁ。

スライマーは、そうです。なんも思いつかなくって苦しまぎれ。脳まで疲れています。

白 | URL | 2008年08月01日(Fri)22:19 [EDIT]

映画観ました。あっという間に終わった感じだったのですが、登場人物のキャラクターはそれぞれ印象に残ったのですが、肝心のお話は、色々詰め込みすぎたせいなのか、それともポイントが絞れてなかったのか、あまり訴えてこなかったように思います。山の空撮は良かった。あそこで終わっても良かったのに・・・ また原作読んでみます。
応援凸

>白さま。

P | URL | 2008年08月02日(Sat)11:07 [EDIT]

やぁ、本当そうですよね。
原作が原作ですから、あれもこれも削れないってなるのはわかるんですけど、その割りにオリジナル部分もあったりして。
一番大事なエピソードがカットされたのが痛かったと思います。あと安西の扱いの軽さ。

空撮は素敵でしたね。ミッドナイトイーグルも一番の見所は空撮でしたが。

おっしゃるとおり、あのニュージーランド部分は余計。予算使いたかっただけとしか思えません。(勿論、原作にはない場面)

藍色 | URL | 2010年07月16日(Fri)16:55 [EDIT]

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クライマーズ・ハイ 横山秀夫

1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。 地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。 一方、共に登る予定だった同僚は...

粋な提案 2010年07月16日(Fri) 16:52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。