猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

近距離恋愛

tag コメディ ラブコメ 恋愛映画

『近距離恋愛』 Made of Honor
2008年・アメリカ/イギリス
誰よりも近くにいるのに、コレって友情なの?
恋人たちの予感』チックな王道ロマ・コメですよ~ん。

正直、べたべた甘アマを覚悟して、あまり期待せずに観に行った。
しかしてその実態は、地味だけど面白くてメッケモん。
男性視点だから男性が観てもそれなりに楽しめそうなんだが、観客は女性オンリーで残念。

 でもって、またも、ひどい邦題だなぁ。原題は花嫁の世話役、付添い人筆頭のmaid of honorをもじった言葉。made of になっているから、“誠実さから成る”とかいった意味になるのかな。

 結婚式の準備やらなにやらで忙しいお役目のこの花嫁付添い人。こないだ『幸せになるための27のドレス』って映画あったけど(観てない)、それも花嫁付添い人の話だったみたい

通常この役は女性の役目なのに、本作では男性が依頼されるっちゅー奇怪さ。
近距離恋愛近距離恋愛
(2008/12/19)
シドニー・ポラック
パトリック・デンプシー

コトノハ


That's so generic.
(それって、フツー過ぎる。)

genericはジェネリック医薬品とかって日本語にもなってますね。
無印(ノー・ブランド)の、一般的な、総称的なっつー意味の形容詞。
医薬品の場合は、登録商標されていないけど同等の効果のあるものをgenerics(名詞)と言いますの。
上のセリフの場合は、字幕では「月並みね」ってなってました。
一般的過ぎて無個性だわってニュアンスが、なっちにしては珍しくきちんと訳されてたお。

どんな映画?
学生時代から続く友人以上恋人未満の関係。
出会ってから10年経って、何かが変わってきたよ。 そりゃあもう30代ですものね。
っていう話。
ほら、なんかベタな恋愛ものっぽいよね。
もうそれ観たよって言いたくなる。まさにgenericな設定!

でもお立会い。
確かに、序盤の仲良しキャッキャッな雰囲気でずっと話が進んだら面白くならなかったろう。
ヒロインが仕事でスコットランドに6週間滞在することになったあたりから、
予想を裏切る面白さ。

離れて初めて彼女の存在の大切さに気付いた彼。
彼女が帰国したら一緒に住もうと心を決めた矢先。
彼女のほうはスコットランドで出会った男と電撃結婚を決めてしまった。

あれ、なんか書いててやっぱりベタな設定なんだけど・・・。
面白いんだってば!
目の前で彼女が男と熱愛状態。内心穏やかでない彼の慌てぶり。
序盤は明らかにヒロインが彼のこと意識してたんね。
それが、今度は彼のほうがヒロインを意識している、と。
あるあるあるある! 男と女の感情の高まりのズレ!!

あぁ、やっぱり設定自体はとってもベタなんだ。
コメディとしての面白さが良かったんだ。
あと、相手がスコットランド人てのが異文化で面白み5割り増し。
後半はスコットランドの風習をお楽しみください。

結末はどうなるのかなぁって、まあ予想はついていたんだけど。
なかなかに尻尾をつかませない感じに進みましてアレ?って展開。
いろいろあって『卒業』チックな場面もありつつ終了。

これぞロマ・コメ!な映画でした。もっと評価されても良いと思うよ。
主演2人が地味だったけども。

音楽も良かった。
サラ・バレリスの"Love Song"とかオアシスの"Stop Crying Your Heart Out"、ジェームズ・モリソンの"You Give Me Something"などなど。
久々にサントラ欲しいなぁ。 バグパイプは特にいらないです。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
魔法にかけられて』でクールに姫に振り回されていたパトリック・デンプシーが主役。
佇まいはヒュー・ジャックマンを地味にした感じだけど、普通にアメリカ人。
にやけカッコヨイ。だがしかし見た目の割りに声が高いのがマイナス。
声はエドワード・バーンズみたいだ。
『魔法に~』も意外にも面白いコメディだったので、この人はロマ・コメ路線でいけば良いよね。
ただちょっと、なんか地味なんだよなぁ。

ヒロインのミシェル・モナハンもなんか地味。
パッと見、いかつい顔に見える。
よく見ると綺麗なんだよ。 表情も可愛いかったり、イキイキしてたりで味もある。
次回作『イーグル・アイ』ではシャイア・ラブーフと共演しるの、楽しみ。
ラブーフはなんか華があるよね。

そしてシドニー・ポラックが出てるよ。ふふふ。

関連作品のようなもの
恋人たちの予感 (特別編)友達以上、恋人未満といえば、この映画。
恋人たちの予感 (特別編)
ビリー・クリスタル、メグ・ライアン
卒業 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第5弾)観ていると思い出す映画。
卒業 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第5弾)
ダスティン・ホフマン/アン・バンクロフト/キャサリン・ロス
魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディションパトリック・デンプシー主演のロマ・コメ。面白いよ!
魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション
エイミー・アダムス;パトリック・デンプシー
近距離恋愛 眞鍋かをり近距離恋愛 眞鍋かをり
眞鍋かをり

毛玉内関連記事:魔法にかけられて
           男と女の不都合な真実 【ありきたり 下品さ全開 ラブコメディ】
           あなたは私の婿になる 【触れてみる 孤高の人の 心の裡】
           イーグル・アイ 【この映画 10年前に 観れてたら】
           ラブ・アクチュアリー 【それぞれの いろんな愛の 表出を】
           花咲ける騎士道 【愛すべき 魅力溢れる ファンファンを】
           そんな彼なら捨てちゃえば? 【都合良く 解釈するのが オンナさが】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

umetraman | URL | 2008年08月09日(Sat)13:54 [EDIT]

たまーに、こういうロマンスものが観たくなりますね。
DVDでちょこまか観ていたものの、劇場で観た
ロマンス作品第一号は『ホリディ』でした(笑;。
あ、『プリティウーマン』だったかな・・・。
あらー、眞鍋かをりが元祖だったですか。
『ホワイトナイツ』ゲット!これから鑑賞~。
ガツンと応援♪

>umetramanさま。

P | URL | 2008年08月11日(Mon)10:22 [EDIT]

ロマコメは劇場で観なくてもいっか~なんてね。
そうは思いつつ、映画館好きなんでついつい観てしまった。
『ホリディ』ってめちゃめちゃ最近じゃないですか!
JB目当てに、私も観ましたよ。あれも好きでした。
ケイトが可愛かったし!

眞鍋タンのこれは何でしょうねぇ。あの人、顔変わりましたよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。