猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グリーン・ゾーン 【戦場と ニセ情報と 陰謀と】

tag 戦争 アクション サスペンス 政治

『グリーン・ゾーン』 GREEN ZONE
2010年・フランス=アメリカ=スペイン=イギリス
2003年イラクの戦場を舞台に、米兵の疑念を描く。

 マット・デイモン主演×ポール・グリーングラス監督の『ボーン』シリーズ2・3コンビが送る戦場アクション。アメリカを中心とした多国籍軍がイラク―バグダットを制圧した直後、ミラー准尉(マット・デイモン)は大量破壊兵器捜索の任務に就いていた。

 アメリカのイラク制圧後、バグダッド中心地の近代的な建物群が並ぶ地域を連合暫定統治当局が拠点としたことから、この10k㎡エリアをインターナショナル・ゾーン通称グリーン・ゾーンと呼んだ。ので、そんな映画タイトル。このグリーン・ゾーンは国家権力の象徴的な地域(フセイン時代は宮殿があった)で、今では主権はイラクに返還されている。しかしながら映画は2003年が舞台なので、まだバリバリ米国が支配していた。

 ああ眠かった。この日は映画3本目ってこともあって、疲れてたので眠くなっただけかもしれないけど。何だろう、ああアメリカってこういうことやりそうだよねって感じで。特に展開が面白いわけでもなく、想定の範囲内の出来事が描かれるだけ。確かに、監督が戦場ドキュメンタリー出身だけあってリアルさはあった!うん、明確にこのテーマで映画1本作ったってことが価値あるのかもしれない。
グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]グリーン・ゾーン[Blu-ray]
【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】
グレッグ・キニア
マット・デイモン

PageTop

クレイジー・ハート 【ボロボロの 胸の奥から 魂の】

tag 音楽映画 ヒューマン 恋愛映画

『クレイジー・ハート』 CRAZY HEART
2009年・アメリカ
トーマス・コッブの小説を俳優スコット・クーパーが映画化。

 カントリー・シンガーの音楽と人生。成功の後の没落を描いた、ヒューマンドラマ。なんとこれが初監督となる、脚本も書いたスコット・クーパーに盛大なる拍手を送りたい!パチパチパチ!うん、俳優さんとしては全然知らなかったんだけどさ。

 主演ジェフ・ブリッジスといえば、大人のジャズ・バンド・ロマンス『恋のゆくえ ファビュラス・ベイカーボーイズ』でのセクシーな煙草くゆらすピアノ弾き姿を思い出します。本作ではすっかり老いた天才カントリー・シンガーソングライター役。かつての売れっ子、今や場末のバーやイベントでのドサ回り。人生の悲哀を刻んだ顔で演じています。

 この映画のラストシーンは、なぜか涙が出るんだ。(´;ω;`) これが何の涙なのか、わからないけど。全体的に抑えた演出で進んで、ラストシーンだって過剰に盛り上げたりしない。静かな、とても良いラストで。こういうのは好き!心に広がるペーソス、救い、失ったものと得たもの。素晴らしいドラマと音楽に、涙。
クレイジー・ハート [Blu-ray]クレイジー・ハート [Blu-ray]
ジェフ・ブリッジス
ロバート・デュヴァル 他

PageTop

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル 【いつまでも いつも通りの 十周年】

tag コメディ ミステリ

『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』
2010年・日本
TRICKシリーズ10周年記念、劇場版まるっと3本目。

 あ、うん。映画館で観ちゃった。あのね、本当にね、TVで充分ですよ。でもほら、仲間由紀恵の顔をスクリーンでドアップで観られるから、これはこれでね。あと応援の意味を込めてお金落とすよ、レイトショーなら1000円だし。

 公式URLがyamada-uedaってなんか仲良いわねとか思った。今回はバトルロイヤルってことで、なんだこのやろ!皆さんにはこれから殺し合いをしてもらいます。それはバトルロワイアル。
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル (仲間由紀恵、阿部寛 出演) [DVD]劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル[DVD]
仲間由紀恵
阿部寛

PageTop

カラヴァッジョ 天才画家の光と影 【栄光と 罪深き業 輝けり】

tag コスチューム 歴史 ヒューマン

『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』 CARAVAGGIO
2007年・イタリア=フランス=スペイン=ドイツ
16世紀イタリアのバロック画家カラヴァッジョの伝記。

 本国イタリアでは90分×2回(180分)のTV放送。映画版はイタリアのTV版より短くて133分となっとります。47分間はどこに行った?謎です。んまあ、TV用とは思えないほどの美しさ、完成度なので観てみたらば?

 他国ではTV放送だったものが、日本では映画館公開されるパターンが最近目につくような気がします(『ココ・シャネル』『ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢』など)。大人の事情もありましょうが、TVドラマとは思えない豪華キャストだったり、質の高い作品が増えたから日本では映画館扱いなのでは。

特にアメリカのケーブルTVのドラマはここ1~2年質が高いんじゃないか、と。私が観たいのはHBOの医療ドラマ"You don't know Jack"!末期病患者の安楽死を推進したキボキアン医師の伝記ドラマで、主演はなんとアル・パチーノ様。4/24の午後9時に放送されるそうなので観れる方は観てパチーノ!

 脱線しちゃった!てへ!ってなわけで画家の生涯を描くイタリア語の映画、絵画好きに超おすすめ!…って、私なんでこんなテンション高いんだ?
カラヴァッジョ~天才画家の光と影~【完全版】 [DVD]カラヴァッジョ~天才画家の光と影~【完全版】 [DVD]
アレッシオ・ボーニクレール・ケーム

PageTop

渇き 【欲望と 消えていきそな 良心と】

tag ヴァンパイア ホラー 恋愛映画 スプラッター

『渇き』 BAK-JWI/Thirst
2009年・韓国=アメリカ
エミール・ゾラの『テレーズ・ラカン』を下敷きにした哀しい愛の物語。

 韓国映画はあまり観ないのですよ。昔、まだ韓流ブームなんて言葉のなかった頃映画館で観た『JSA』はボロ泣きして忘れがたい映画となりましたが。あと覚えてるのは『オールド・ボーイ』『ハッピーエンド』ぐらいしかないという有様だよ。

 その『オールド・ボーイ』でごっつい気分悪くなった私ですが、なんていうのか精神的なキモさがあったんですよ、アレは。でも面白かったけど。ちょこちょこコメディ調になって笑いどころがこさえてあるのよね。今回観た『渇き』は同じパク・チャヌク監督作品てことで恐る恐るガクブルしながらの鑑賞でした。

 精神的なキモ悪さは影を潜め、もっとストレートに人間の欲望と葛藤を描いていたよ。多くは説明されない、観てる側がその奥の意味を考えるべきシーンも所々にあって、もう一度観たくなりました。

 物語のベースはエミール・ゾラの小説『テレーズ・ラカン』で、登場人物の配置・設定はほぼそのままです。ただ画家のローランが、吸血鬼と化した神父サンヒョンである点が『渇き』の特徴。その他の登場人物の名前は『テレーズ・ラカン』に似てるのも面白いです。(テレ-ズ=テジュ、ラカン夫人=ラ夫人、病弱な夫カミーユ=ガンウ)
渇き [DVD]渇き [DVD]
ソン・ガンホ
キム・オクビン

PageTop

コララインとボタンの魔女 3D 【側にいて 瞳の代わりに ボタン付け】

tag アニメ ファンタジー ホラー 動画付き

『コララインとボタンの魔女 3D』 CORALINE
2009年・アメリカ
ニール・ゲイマンの2002年の児童文学をこま撮りアニメ化。

 こま撮りアニメを3D撮影してます。3Dコンバートではなく、最初から3Dカメラを使ってるのね。これが相性良いんですよ!普通のアニメーションを3D化するのではなく、立体感のある人形を動かして作った映像だからこその丸みや素材感が素晴らしい。こま撮りアニメ+3D撮影には今後も期待したいと思います。これぞ素敵なマリアージュ!
コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [Blu-ray]コララインとボタンの魔女[Blu-ray]
スペシャル・エディション
キース・デヴィッド(劇団ひとり)
テリー・ハッチャー(戸田恵子)


 さて、監督は『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック。え?あれはティム・バートンじゃないかって?誤解されてる方も多いですが、あの映画の監督はヘンリー・セリック。バートンは製作と原案と共同脚本だったんでした。ナイトメアーも3D上映されていますが、あれは元々の2D映像に3D変換をかけたものだから自然な立体感とは言えませんでした。

 ついでにティム・バートンは『アダムス・ファミリー』3Dこま撮りアニメを企画中だそうです。実現すると良いなぁ!制作に2~3年はかかるだろうけど楽しみですね。

 話はコララインに戻りまして。本当はコララインの声をダコタ・ファニングがあてているのでオリジナルを観たかったのだが、吹替版しか上映してなくて残念。いやでも、3Dと美麗なアニメーションを楽しむには字幕なんか邪魔なだけだから、ビバ吹替版なんだけどさ。DVDではダコタちゃんの声を聞こうと思うよ。ダコタといえば、新作映画"The Runaways"でロック歌ってましてこれが予想を超えて素敵だったわけで、このPVを観て欲しい。

Runaways "Cherry Bomb" by Dakota Fanning
PageTop

恋するベーカリー 【愛と情 渾然一体 好きは好き】

tag コメディ ラブコメ 恋愛映画

『恋するベーカリー』 IT'S COMPLICATED
2009年・アメリカ
メリル・ストリープ主演の熟年ロマコメ。

 日本公式サイトのURLがkoibake(コイバケ)で、ロンバケ思い出したお。セナー!あいるとーん、セーナー!

 原題は“ややこしいこと、複雑なこと”という意味。離婚して10年経つ元夫婦が、不倫関係に?という複雑な事情を描いているから。あの家庭にいたら、学校で「お前ん家、複雑なんだな」とか言われて憐れみの目で見られそう。ハチャメチャが普通になった昨今ではそんなことないか。

 えーと。邦題。ベーカリー、大して重要じゃないですから。確かに素敵な場面でベーカリーな演出がされてるけど、メリス・ストリープが仕事する場面あんまり出てこないよ。ストリープ、人気なパン屋の経営者。

 ストリープは相変わらず良い仕事していて、今回は明るい方のキャラ。『マンマ・ミーア!』に近いです。迎え撃つのは、今年のアカデミー賞司会コンビ。元夫にアレック・ボールドウィン、ストリープの家の増築を担当する設計士にスティーヴ・マーティン。二人が一緒の場面は少ないけど。
恋するベーカリー ~別れた夫と恋愛する場合~ [Blu-ray]恋するベーカリー ~別れた夫と恋愛する場合~ [Blu-ray]
ジョン・クラシンスキー
スティーブ・マーティン

PageTop

かいじゅうたちのいるところ 【行き先は もう一つの僕 お母さん】

tag ヒューマン ファンタジー

『かいじゅうたちのいるところ』 WHERE THE WILD THINGS ARE
2009年・アメリカ
モーリス・センダックの1963年に出版された絵本を原作とする。

 予告編の曲、アーケイド・ファイア Arcade Fireの"Wake Up"は本編で使われてなかった!ガーン!おーおー♪おおおお♪おーおー♪でも、本編の音楽も良かったです。優しく包み込むようなふんわり感があって。

 原作絵本に描かれた不気味なかいじゅう達より数段愛らしい映画版のかいじゅう達。決して可愛いキャラクターではなく、不気味で恐ろしい雰囲気があって良かった。子供って、こういう不気味なの、好きよね。子供目線のイマジネーションだからこその、あの容貌。ところで原作は、かいじゅうに名前はないよ。

 小さな男の子マックス君が無性に可愛らしいのが見所!あと、かいじゅうの一人が作ったミニチュアがビジュアル的なもう一つの見所。ストーリーは、あの短い絵本からよくぞここまで創造したなぁと驚くばかりの完成度。噛むほどに味の出るスルメのような映画です。素晴らしい!
かいじゅうたちのいるところ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]かいじゅうたちのいるところ[Blu-ray]
ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)
マックス・レコーズ
キャサリン・キーナー

PageTop

(500)日のサマー 【恋をした 普通の男の 成長記】

tag 動画付き コメディ 恋愛映画 青春 ラブコメ

『(500)日のサマー』 (500) DAYS OF SUMMER
2009年・アメリカ
トムがサマーと出会ってから500日の軌跡を描くほろ苦ドラマ。

 典型的なボーイ・ミーツ・ガールもので、一貫して男目線で描かれています。主人公はトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。どこにでもいる普通の若者。一目で恋に落ちた彼女の名はサマー(ズーイー・デシャネル)。ちょっとエキセントリックな、青い瞳に水色ファッションの女の子。

 トムとサマーが出会った日をday1として、2006年1/6(月)~2007年5/23(水)まで(と思われる)500日間のお話。二人の微妙な関係、というかサマーにいいようにあしらわれるトムの奮闘記であり、ラブストーリーではない。そう、これはトムの成長記。トムの、500日。

 監督は音楽PV畑出身のマーク・ウェブ。長編映画はこれがデビュー作!して、このたび新シリーズとして再起動する『スパイダーマン』の監督をオファーされたとの噂。実現したら、悪くないですな。サム・ライミのスパイディは面白かったけど、今度はまた違ったスパイディが始まるのだからソレはソレで楽しみです。
(500)日のサマー [Blu-ray](500)日のサマー [Blu-ray]
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ズーイー・デシャネル

PageTop

キャピタリズム マネーは踊る 【マネーとは 寂しがりやと 見つけたり】

tag ドキュメンタリー 政治

『キャピタリズム マネーは踊る』 CAPITALISM: A LOVE STORY
2009年・アメリカ
突撃隊長マイケル・ムーアが送る、米国資本主義への痛烈な批判。

 まずわかっていて欲しいこと。ドキュメンタリーは、人の手が加わることによって事実ありのままとはいえない。例えば『アース』はエコ・ビジネス的な主張をするし、『The Cove』は科学的データの不十分なままイルカ保護布教活動をしている。人の手が加わる限り、そこには主義主張が存在するのだ。これは当たり前のことなので、本作も勿論マイケル・ムーアが言いたいことを主張するために編集された映画だよ。

 私はこの映画を観て良かったと思った。なぜなら『スペル』の婆さんの気持ちがわかったから!『スペル』では伝わってこなかった社会背景が、やっとこ垣間見れた感じ。これはぜひ、2本立てで観たいものです。DVD発売の際はぜひセットで!

 原題にはラブ・ストーリーとあります。ある愛の物語。それは本来、資本主義における金持ちのカネに対する愛の深さを皮肉ったタイトルだそうです。が、私にはマイケル・ムーアのアメリカに対する愛の物語に見えた。この人は愛国者だよね。アメリカよ、このままで良いのか?そう強く問題提起する姿に、最後は涙が出た。

 現在は東京のシャンテと大阪の梅田の2箇所でしか公開されていないけど。2010年1/10~全国に拡大公開されるので、お近くで上映していたら是非!

キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]キャピタリズム~マネーは踊る[DVD]
プレミアム・エディション
マイケル・ムーア

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。