猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ザック・スナイダー監督ガールズ・アクション"Sucker Punch"『エンジェル ウォーズ』予告編

tag SF アクション 動画付き

 ゾンビの走る『ドーン・オブ・ザ・デッド』、肉弾アクション『300』、ダークなアメコミ『ウォッチメン』などを監督してきたザック・スナイダーの新作。いや、直近の公開待ち新作はフクロウ冒険アニメ『ガフールの伝説』(10/1~日本公開)なんじゃけど、その次のヤツね。

それが"Sucker Punch"サッカーパンチ!予告編第一弾が届いたので観てみてね。凄いお!できれば動画の下に張ったリンク先の高画質版を観ておくれ。

"Sucker Punch"予告編第一弾

※高画質版は⇒"Sucker Punch" iTunesムービートレイラー

 なんだか日本アニメの世界をそのまま実写にしたような雰囲気!鎧とか刀とかセーラー服っぽいのとか、良いよねえ。ダークな映像、可愛い女の子達、刺激的なアクション。映像観てるだけで楽しい!一人の少女が現実逃避に夢想するファンタジー世界の話だそうですよ。時代も国も場所も越えて、想像力の赴くままに少女は夢の世界を冒険する…が、やがて現実と想像の境界線は曖昧になっていく。

 そんな女の子達のキャラクター・ポスター6枚も出てるよ。

4枚目のロケットちゃんがたぶんジェナ・マローンちゃん。最後のマダムはカーラ・グギーノさん(『ウォッチメン』で初代シルク・スペクターやってた)。

 監督のザック・スナイダーは最近になってツイッター始めました。
@ZackSnyder

サッカーパンチは2011/3/25全米公開予定です。日本はいつかなあ。2011年GWあたりだと良いなあ。

2010/7/30追記:かっこいいバナーもあった。画像クリックで大きい画像のページに飛びます。
Check This Out: Another Theatrical Banner for Sucker Punch!
sucker_punch_ver7.jpg

女性殆って何だろうね?

 あと、話の詳細。1950年代が舞台。ベビードール(エミリー・ブラウニング)は継父によって精神病院に閉じ込められた。5日後にベビードールはロボトミー手術を受けさせられる!この現実から逃避して妄想の世界を作り上げ、病院から逃げようと5つのアイテムを探し始める。米国では2011/3/25~公開。日本公開は未定。まあ、されるでしょ。

2010/8/3追記:アニメ風キャラクター・ポスター7枚出た。

rocketposter.jpg なんかグリグリしたギャル・アニメって感じだな。コチラからは大きな絵が見られます。絵の下のFull sizeをクリックすると超デカイの現る!

←こんな感じです。これはロケットちゃん。


2010/11/4追記:フル予告編出た!
"Sucker Punch"フル予告編が



2010/12/10追記:日本公開決定!
 ヽ(´ー`)ノ2011年4月、日本公開決定ですよ!ワーナー・ブラザーズから。

2010/12/21追記:2011/4/15日本公開決定!


2011/1/6追記:邦題決定!『エンジェル ウォーズ』
( ゚д゚ )ちょwwwマジかwwwwなにその邦題w
 これじゃお客さん呼べないよ!そのまま『サッカーパンチ』にした方がまだマシだよ。タイトルで意味がわからなくても良いと思うんだけどなあ。こんなタイトルだと、エロかと!アニメかと!


2011/2/23追記:音楽PV風の予告編でた!

『エンジェル ウォーズ』ミュージックビデオ風予告編

 かっこいいね!映像自体は以前の予告編と同じものを使ってるから目新しくはないけど。音楽にのせてテンポ良く見せてくれる。

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

ポール・ベタニー主演ヴァンパイア・アクション"Priest"予告編

tag 動画付き ヴァンパイア ホラー アクション

 スコット・スチュワート監督×ポール・ベタニー主演第2弾!今度のベタニーはヴァンパイア・ハンター西部劇だよ!本国アメリカでの公開は2011/5/13から。日本公開は以前2010年秋予定となっていたけど、そんなわけで公開が遅まったのでどうなったのだろうか?無事に日本公開されることを祈っています。

 あ、ちなみにスコット・スチュワート監督×ポール・ベタニー主演の第一弾の方はコチラ『レギオン』でした。恐怖の天使(に憑依された人間)軍団から逃げて生き延びろ、飯屋のメシヤ!って話のB級ホラーで、ベタニーは堕天使ミカエルを演じてました。あんまり真面目な人は観ちゃいけない類の映画ですけど、B級に愛を感じる方は是非。とても笑えます。

 さて本題。待ちに待ったポール・ベタニーasヴァンパイア・ハンター!にゃうにゃっ♪(←それはモンスター・ハンター)3Dカメラを使って撮影されたホンモノの3Dアクション映画でございます。ブログでは3Dで観れませんが、予告編をどうぞ!

"Priest"予告編第一弾 (0:36~2:22までが予告編です)


 ヴァンパイアが丸っきりモンスターですよ!なんですかあのクリーチャーは!『30デイズ・ナイト』系のヴァンパイアですね。そしてチラっとしか映ってませんが、ベタニー演じるプリーストの女版―プリーステス役にマギーQ様が!めろりんQ!マギーのアクションの美しさをもっと観たいぜよ。あとは私のご贔屓カール・アーバン(『スター・トレック』のドクター・ボーンズ、『ゴーストシップ』の蛆虫缶詰食い、『指輪物語』のエオメルなど。先頃『ジャッジ・ドレッド』リメイク作での主演も決定!)も出てたりするので、とても楽しみです。

 お話は、何世紀にもわたる人類とヴァンパイアの間での戦争を舞台に、ヴァンパイアに攫われた姪を取り戻すため教会に背いて追跡する神父の話だって。西部劇スタイルでヴァンパイア退治ってのが痺れるねい。

 この"Priest"は原作漫画がありまして。TOKYOPOP(日本の漫画文化を海外に広めるため北米で出版したり、ネットで漫画の企画制作してる会社)が出してるヒョン・ミンウが描いた"Priest"。韓国の漫画家が日本スタイルでの漫画描いてるんですね。それをアメリカ人が映画化、というグローバルな雰囲気。漫画―MANGAもインターナショナルになって、日本からどんどん離れて一人歩きしてる様子ですね。

※2010/9/10追記:予告編第2弾!


※2010/9/16追記:キャラ・ポスター6枚出た。
priest_ver3_xlg.jpg ⇒Six New Character Posters for 'Priest' Arrive!

 6枚は↑のサイトで観てくださいな。←はマギーQ様、他はポール・ベタニーやカール・アーバン(ブラックハット役)、キャム・ギガンデット、リリー・コリンズのポスターになってます。


※2011/1/12追記:劇場版予告編でたー!
 今まで出てこなかった映像がてんこもりだよ!マギーQ様素敵!カール・アーバンも素敵!


にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

生き埋めサスペンス『リミット』"Buried"予告編

tag 動画付き サスペンス ホラー パニック

 イラクで働くアメリカ人ポール・コンロイ(ライアン・レイノルズ)が、目覚めるとそこは棺桶の中。なぜか生き埋めにされてしまった。手元にあるのはライターが一つと携帯電話だけ。どうする?というスペイン映画"Buried"。サンダンス映画祭で絶賛され、速攻買い手がついた(ライオンズゲート)ことで話題になりました。

 その映画の日本公開が本格的に決まってきたよ!邦題は『リミット』で2010/11/6~日本公開。配給はギャガ。上映館はシネセゾン渋谷ほか。えー(´д`)渋谷かー。パラノーマルなんとかぐらいの上映規模は欲しいところだけど、どうなの?今後上映館増えるの?

 主演はカナダ出身ライアン・レイノルズ『ブレイド3』のハンニバル役、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のデッドプール役、『あなたは私の婿になる』など)で、ほぼ独り芝居。棺桶の中で94分。どんな映画だよ!監督はスペインのロドリゴ・コルテス。スペイン映画だけど、主演がライアンだから英語の映画ですよ。うん、ライアン良いよね、是非『ブレイド3』観てください!

 お待たせしましたね。じゃあまず日本語字幕付きの予告編!貼り付けたいところだけど出来ないので、リンク先で観てくださいまし。映画の予告編とかもっと積極的にシェアできるようにすれば金かけずに宣伝できるのにねえ。

 英語版のティーザー予告編はコチラ。まあ同じ映像ですわな。かつてこんな真っ黒な予告編があっただろうか!面堂くんだったら泣き叫んでるわな。

『リミット』"Buried"公式ティーザー予告編(英語)


はあはあ(*´Д`*)ライアンたん…。いや、はあはあ言ってるのはライアンたんの方です。

 もう一つ、サンダンス映画祭用の予告編があるので、それもどうぞ。コチラはライアンたんが携帯電話に録画している場面です。ひたすら喋ってるのですが、敢えて日本語訳は書かずにおく。

『リミット』"Buried"サンダンス用ティーザー予告編(英語)


 あとはポスターが素敵なので、小さく貼っておくよ。それぞれクリックすると元記事に飛びますので、大きい画像を楽しみたい方はソチラへどうぞ。左ポスター、そんなに深いのかよ!棺は6 feet under(180cmの地下)って言うけど、ライアン2.5人分ぐらいの深さだよう。

『リミット』"Buried"ポスター2種―クリックでリンク先の大きい画像見れます
buried-teaserposterofficialL-fullsize.jpg    buried_poster_exclusive_replacement.jpg

 最後にweb版モーション・ポスターもあるよ!のご紹介。リンク先が開くと音が出るので注意!音、消せない。しかもエンドレスに繰り返されるので更に注意!

 ふう。息苦しくなってきたところで、公開を楽しみに待ちたいと思います。願わくば拡大公開されますように。渋谷、行きたくないお。

2010/7/22追記:新しい予告編出た-。

『リミット』"Buried"劇場版予告編


2010/9/3追記:インターナショナル版予告編出た。ちょっとネタバレてきたので、観ないで本編を楽しみにするのもアリ!

『[リミット]』インターナショナル予告編



※2010/09/10追記:日本版予告編でたー。動画を貼れないのでリンク!
『リミット』予告編
 やっと日本の宣伝でもイラクって言葉が出てきた!そして戦場カメラマンさん、この人有名なの?面白い喋り方だね。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

『ぼくのエリ 200歳の少女』リメイク版"Let me in"予告編

tag 動画付き ヴァンパイア ホラー 青春

 スウェーデンのこども吸血鬼ホラー"Låt den rätte komma in"(英題"Let the Right One In")改め『ぼくのエリ 200才の少女』がいよいよ7/10~日本公開となります。そのクソ過ぎる間違った邦題のことはもう諦めて、次に進みましょう!

 オリジナル版のヒットを受けて、『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス監督が速攻でハリウッド版リメイクを撮りました。それがこれだ!只今絶賛公開中の『ザ・ロード』息子役コディ・スミット=マクフィーが少年を、『(500)日のサマー』の妹役や『キックアス』のクロエ・モレッツがこども吸血鬼に扮する"Let Me In"ですよ。

インターナショナル予告編第一弾が先ほど出ましたので、取り急ぎ!みて!

"Let me in"予告編


 うおお!良いじゃないか!寒々とした恐ろしげな雰囲気がよく出ていて、オリジナルのテイストに近い!クロエちゃんが中性的雰囲気を漂わせているのもグッジョブ!コディ君はいじめられっ子っぽさ満開で似合ってますし。最後に映るのはモールス信号ですか。youtubeの書き込みにはHelp Meって意味のモールスだって書いてありましたが、どうでしょうか?私、わかんない。

 さて。オリジナル版ではオスカー少年と吸血鬼エリだったけど、リメイク版では英語っぽく改名してオーウェン少年と吸血鬼アビーになるってお。こちらのリメイク版、日本公開は未定かしら。今度はどんなお素敵な邦題を付けてくれるのか超楽しみなんですけど!『ぼくのアビー 200歳の少女』だったりしてな!
※ポスターはコチラ⇒ティーザーポスター(FirstShowing.comより)

MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV) ちなみに昨年末出た原作(ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト著/上下巻)の邦訳版は『モールス』ってタイトルです。『ぼくのエリ~』に比べたらどんだけマシか!どんだけマシか!

 読んでないんだけどさ。読みたいな。読むときっと映画への理解が深まるよね。

 オリジナル版の感想ですが、切なく恐ろしく哀しくリリカルな物語。少年と吸血鬼の心の絆、吸血鬼の保護者の悲しい運命。そしてモールスで存在を確かめ合う、2人の世界。⇒感想文

 とりあえずは、オリジナルのスウェーデン版を観に行こう!7/10はもうすぐそこだ!

2010/7/23追記:新ポスターが出た!画像クリックすると大きな画像のあるサイトへ飛びます。
let_me_in_sdcc_poster.jpg

2011/7/26追記:米国版予告編第一弾出た!

"Let me in"アメリカ版予告編第一弾


 ダーク!オリジナルよりもイジメシーンがしっかり描かれていそうな予感。監督が原作を読んで、子供時代の漠たる恐怖感、世界への怖れみたいのを感じて、それを表現したいって言ってた。まさにそんな感じだなあ。コディ君はハマリ役かもしれんね!

そして新ポスターも出たので、ぜひクリックして大きい画像でどうぞ。
let-me-in-new-poster.jpg

2010/7/28追記:R指定版予告編出た。
最後の20秒、ワンエピソードが追加されただけで、上の予告編と大体同じです。ちょこちょこグロっぽいシーンが追加されてますけども。氷漬けの死体とか。

"Let me in"R指定版予告編


2010/9/4追記:特別映像。ホーカン、なにしてんのwって映像です。
"Let me in"クリップ

2010/9/10追記:新ポスター2点。クロエちゃんフィーチャー!

※画像クリックで大きい画像のサイトに飛びます。
let_me_in_movie_poster_chloe_moretz_02.jpg let_me_in_movie_poster_chloe_moretz_01.jpg

2010/9/12追記: 
 トロント映画祭での上映後、評判は上々!中にはオリジナルよりも良いという感想までありました。この5年間で久々の5つ星、今年一番の映画、など誉め言葉が絶えません。ぜひ日本公開もしていただきたく思います!早く観たい!

2010/9/17追記:新しい大判ポスターが出た!
44541.jpg
 今までとグッと雰囲気を変えてダークホラーな感じできたよ!
Exclusive Let Me In Quad Poster
是非リンク先にとんで大きい画像を楽しんでください。

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』予告編!

tag ファンタジー 動画付き

 ハリポタ最終章は2本の映画に分かれます。そのパート1は2010年11/19日から日本公開!ってことで、本日予告編が出ましたので、取り急ぎ!

"Harry Potter and the Deathly Hallows: Part I" 予告編第一弾


 ほとんど台詞は盛り込まれず、ハリーの旅とヴォルデモートとの戦いの映像がたくさん。原作の最終巻は本当にダークで、哀しくて、でも熱くて。ああ読み返したい!思い出す、あのハーマイオニーの切なさ。ハリーの追い詰められた感じ、ロンの複雑な感情。

 いよいよ決戦!ハリーとヴォルデモート、普通の魔法使いたちと闇の軍団。あ、原作と違ってハリーとジニーのキスシーンがあるのね。うーん。まあいっか。スネイプ先生、一瞬だけ出てきましたね。もっと出して~!

 さあ3Dで観るかどうか、悩みどころ!あんまり長いようだと3Dはキッツイのよなあ。150分とかあったら、3Dは諦めようかと。というかすごく暗い映像が多そうなので、3Dだとより暗くならないか、という心配も。観るならIMAXかRealDかなあ。
※2010/10/9追記:ワーナーが、封切り日までにクオリティの高い3D変換が間に合わないとして、3D上映を中止IMAX-3Dも中止。すべて2Dのみの上映と決定した。(´д`)エー!日本特有の文化―前売券で3D共通とか称して高いの販売してたけど、アレを買った人にはどう対応するんでしょうか?しかし、来年あたりに3Dでの再上映とかありそうな気も…。ないかなあ?

なお、パート2については3D上映を予定しているよ。


2010/9/23追記:予告編第2弾出た!



 ハリーとロンの対立。間に挟まれるハーマイオニー。3人の関係が壊れ、世界も壊れゆく。そんなダークな展開を見せる第7章。いやあ、早く観たいですね!
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

ナチスが月から飛んでくるレトロSF"Iron Sky"予告編

tag 動画付き SF コメディ

 ここんとこハマってます、この予告編!フィンランドのSFコメディ映画"Iron Sky"。この予告編での使用言語は英語です。本編はどうなんだろね?とても聞き取りやすい英語だし、映像と音楽だけで面白いからまずは観てみそ。ティーザー予告編第2弾からどぞー。

1945年、ナチスは月に旅立った。2018年、奴らは地球に戻ってきた。そんな話です。

"Iron Sky" ティーザー予告編#2


 音楽が良いです!ドイッチェドイッチェ!月の裏側に基地を作って皆で時期を窺っていたようです。ハーケンクロイツ型の基地とか、あの行進とか笑っちゃう!

 うん。どうにもコンセプトだけで出オチな感(´ー`)。でも観たい!レトロSF風味満載だしさ、懐かしい感じ。ドイッチェ風音楽とかもバーン!と流れたらそれだけで格が上がるってものよ!っていうかワーグナーかな、やっぱ。

そんじゃまあ、ティーザー予告編の第一弾はコチラ。また違う感じで良いです。

"Iron Sky" ティーザー予告編#1


 雰囲気ありますね~。チープな感じがまた良いですな!って、この映画が日本で劇場公開ってことはまずないでしょうから、DVDが出てくれることを切に願っておりますですよ。観たいな、本当。ブルーレイを買うことすら考える。

スターレック 皇帝の侵略 [DVD] 監督はティモ・ヴオレンソラというフィンランドの方。なんかブラック・メタルバンドでリードヴォーカルやってるそうで、だから音楽のテイストが良いのですね。バンド名はÄlymystöって発音わかりません!意味はインテリのことみたいです。

 監督、これが2作目だそうで。前作は左の画像、『スターレック 皇帝の侵略』でちゃんと日本版DVDが出てました。評価は散々みたいですけど、観てみたい。


2010/7/2追記:資金難で制作中断してたものの、このほど予算の9割が集まり、やっとこ今秋オーストラリアとドイツとで撮影が始まるようです。ヽ(´ー`)ノ良かった!

ちなみに予算は$8.5mil(約8億円)!低予算といっても結構かかるわね。


2010/11/19追記:11/17よりドイツはフランクフルトで4週間の撮影開始!とうとう!約1年後に完成する予定!


2012/1/26追記:公式に映画完成!2/11ベルリン国際映画祭での上映が決まりました!ってことで最新予告編+特別映像をどうぞ。セクシー・ナチ将校みたいのも出てくるよ!




2012/2/9追記:最新予告編!米国向けらしく、サラ・ペイリンが登場します。すごくカッコイイ映像&音楽です。



にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

スパニッシュ・ホラー『REC/レック』更に続編2作が製作決定

tag ホラー ゾンビ

全世界のゾンビっ子のみんな!楽しいお知らせだよヽ(´ー`)ノ

 スペインのオカルト・ゾンビ・ホラー映画『REC/レック』『REC/レック2』のシリーズに、更に2つの続編製作決定!

REC/レック スペシャル・エディション [DVD] 続編の噂はずーっとありましたし、監督達もやる気あるって言ってたけれど、正式なゴーサインはまだアナウンスされてなかったのよね。それがこの程、公式に製作決定、しかも2作品となると期待が高まります!

 2を観終わっても謎がもりもり残ってたから、やっぱ気になるものね。

 さて、詳細。本国スペインにて2011年秋"[REC] Genesis"、2012年秋"[REC] Apocalypse"を公開予定。タイトルが非常に聖書です。"Genesis"つまり創世記ではゾンビ・ウイルスの起源が明かされる模様。続く"Apocalypse"つまり黙示録(終末論)で何が描かれるかはです。(´・д・`)アウトブレイクで世界の終わりかなぁ?

 シリーズの監督パコ・プラサ&ジャウマ・バラゲロがまたまた一緒に作ります。でも今回はプラサが"Genesis"、バラゲロが"Apocalypse"をそれぞれ一人で監督するようです。1作目の共同脚本家ルイス・A・ベルデホが"Genesis"の共同脚本にカムバック。おそらく"Apocalypse"の脚本にも関わるものと思われます。

 しかし、シリーズ化されると、なんか映画っていうよりもTVシリーズみたいな感覚です。映画のシリーズだとどうしても公開の間隔が開くからヤキモキする。これはこれで楽しみなんですけども、映画を映画たらしめるエッセンスはなくなってきたなぁ昨今、などと思わずにはいられません。

また続報があったら随時追記しますお!
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
REC [Blu-ray]1作目―発病。アンヘラちゃんの微妙さが可愛い。
REC [Blu-ray]
マニュエラ・ヴァラスコ; フェラン・テラッツァ
REC/レック 2 (Blu-ray Disc)2作目。ゾンビ・アパート突入。少しだけ謎が明かされる。
REC/レック 2 (Blu-ray Disc)
ジョナサン・メイヨール; オスカル・サンチェス・サフラ
REC[レック:ザ・クアランティン] [DVD]1作目のハリウッド・リメイク版。オリジナルより説得力のある見せ方。
REC[レック:ザ・クアランティン] [DVD]
スティーヴ・ハリス; ジェニファー・カーペンター

毛玉内関連記事:
PageTop

『HUBBLE 3D ―ハッブル宇宙望遠鏡―』が観たい!

tag ドキュメンタリー 動画付き


 アメリカで2010/3/19に公開された"IMAX Hubble 3D"が日本公開されるってんで興奮したのは一瞬のことだった、あの3月23日の夜・゚・(ノД`;)・゚・。邦題は『HUBBLE 3D ―ハッブル宇宙望遠鏡―』。絶賛上映中!

 ハッブルってでっかい宇宙望遠鏡のことですよ。この望遠鏡の修理ミッションをこなす宇宙飛行士たちをIMAX-3Dカメラで撮影したドキュメンタリーなのよ。超ソソルでしょ?しかもナレーションがレオナルド熊、じゃなくてディカプリオ刑事ですよ!

 なんで一瞬しか喜ばなかったかって?それはね。日本で唯一ホンモノのIMAXシアターのある大阪天保山サントリーミュージアムのみの上映だからです!私、東京に住んでますからね。大阪遠い。これ観るためだけに新幹線とかちょっと無理。そんなブルジョワじゃないもんね。ブルガリアヨーグルトぐらいだもんね。

 この悔しさを共有したくてヽ(´ー`)ノブログに書いたの。さあ、みんな観たくなぁれ!観たいけどちょっと無理って状況になぁあれ!あら、近所だから早速行ってみます!とかいうコメントいらないからね。く、悔しくなんか…(´・ω・`)あるネ。

"IMAX Hubble 3D"予告編(英語)



宇宙、熱いよなぁ!もう1つ、3分強のコマーシャルも貼っとく。これも英語。

Hubble 3D Trailer/Commercial


 さあ。行ける範囲の方々はどうぞ行ってきて!サントリーミュージアムの公式サイトに詳細が書いてあるから!

 2010/4/24(土)~8/31(火)10月31日(日)まで上映。基本毎週月曜は休映(上映日、時間など詳しくはサイトで確認してください)。上映時間は40分。 料金は大人1000円、高・大学生・シニア700円、小・中学生500円。チケットぴあやローソンで前売券買っておくと1割引です。
※5/5こどもの日は中学生以下無料です!

 なお、この天保山サントリーミュージアム、今年2010年12月末をもって休館となります。今後のこの施設の活用方法は大阪市と協議中とのことで、現在日本唯一のホンモノIMAXシアターもなくなってしまいそうです。残念!むぅー。8月頃、滋賀の母のとこに行く予定だから、その帰りに観てこようか…。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

遺伝子操作ホラー"Splice"予告編

tag 動画付き ホラー SF

 先般のサンダンス映画祭で好評を博したヴィンチェンゾ・ナタリのホラー映画"Splice"がアメリカで今年6/4から公開されます。ダーク・キャッスル・エンタテイメントがお買い上げし、ワーナー・ブラザーズが広告宣伝&米国内配給するもの。日本公開の話は全然聞こえてきませんけど、きっとあるんじゃないかと期待してます。

 ナタリ監督といえば真っ先に思い浮かぶのが1997年の『CUBE』です。オリジナルの。一世を風靡したといっても過言ではないシチュエーション・スリラーでした。

 今回の"Splice"はヒトと動物の遺伝子接合によって生まれたクリーチャーを巡るホラーのようです。spliceは接ぎ木みたいなイメージの接合を意味し、遺伝子を接合するという意味の動詞でもあります。

 主演はエイドリアン・ブロディ(『戦場のピアニスト』『ダージリン急行』など)とサラ・ポーリー(『ドーン・オブ・ザ・デッド』『死ぬまでにしたい10のこと』など)の実力派二人。では早速予告編どぞ。

"Splice"予告編 第1弾


"What was that?" (あれは何?)
"A mistake." (過ちだ。)
"I'm not gonna hurt you." (傷つけたりしないわ。)
"We crossed the line." (一線を越えてしまった。)
1:16あたりがキモいっす・゚・(ノД`;)・゚・

もういっちょ、最新の予告編をどぞ。

"Splice"予告編 第2弾


( ゚д゚ )し、しっぽー!

面白そうですよね!サラ・ポーリーの役には母性を感じます。


※2010/5/8追記:英国版予告編出ました。
"Splice" (Empire Online.com)

※2010/5/19追記:ポスター出ました!
Another Awesome Official Poster for Vincenzo Natali's Splice (FirstShowing.net)

 あと、インターナショナル予告編。ていうか上の英国版と同じだ。


 1:15あたりから明らかに羽はえて飛んでますけど…。あと、そのあと猫抱えて走ってるのはなんだろね?捕食してるの?予告でこんなに見せていいのー?

※2010/6/2追記:ロシア版ポスター出ました!
Try Not to Get Turned On By the New Russian Splice Poster. Seriously
お、おっぱい!


2010/10/8追記:日本公開は2011/1/8~予定となってます。
配給はクロックワークス。邦題は『スプライス』
『スプライス』 (allcinemaより)

2010/12/3追記:日本公式サイトがオープンしてた。日本版予告編も観れるよ。
 それと、公開日は2011/1/8~で大丈夫!東京では新宿バルト9のみで上映。ほか全国での上映館は公式サイトごを参照ください。あらら、なんか地味ねえ。もっと宣伝して欲しいわ!
『スプライス』日本公式サイト
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』日本版予告編公開!

tag ゾンビ 動画付き ホラー


 いよいよジョージ・A・ロメロ監督の新ゾンビ3部作のラストを飾る『サバイバル・オブ・ザ・デッド』の日本版予告編が公開されました!待ってました!アメリカ版はフッテージ含めいくつか予告編映像が出てたけども、日本版は初ですよ。yahooが独占配信とのことなので、すまんがリンク先に飛んで見ておくれ。

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』日本版予告編


 おまけにアメリカ版の予告編も貼っとくよ。まったく違う映像ばかりだし、ゲチョグロ・シーンもあるのでコチラの方がオススメです。

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』アメリカ版予告編第2弾


 最後のゾンビの頭をまるっと燃やしてるのが凄い画。あとまたぞろ登場コドモゾンビ-。コドモ、コワイ。今度のゾンビは知恵が発達してきたそうですよ。サバイバル(生き残り、生存競争)は生者だけのものじゃない!ってコピーから、ゾンビvs人類の全面戦争突入って感じですかね。

 もうひとつアメリカ版予告編を貼りますが、冒頭の挨拶以外は上の予告編と同じ内容です。

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』アメリカ版予告編―ロメロのご挨拶付き
※R指定なので誕生日の月/日/西暦年を入力してsubmitをクリックしてください。
More George A. Romero's Survival of the Dead Videos

 ロメロ、お茶目さん。

 さて、映画の内容は。前作『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』のすぐ後の時間軸。ゾンビが溢れる街から、安全な場所を求めて「ゾンビのいない島」に移動する人間たち。しかし、そこにも既にゾンビ達が押し寄せていた。どんどん賢くなるゾンビを相手に人間はどう戦い、どう生き残るのか。

 面白そうですね!日本公開は6/12~から。公式サイトはコチラ⇒。上映館は少ないのがアレですけども。東京は池袋シネサンとTOHO六本木の2館だけのようです。増えろ-、増えろ―。呪い送るアル。皆、呪い、送るアル。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。